Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
臣女(おみおんな) (徳間文庫)

吉村萬壱
Kindle版
徳間書店
169ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
臣女 (徳間文庫)

吉村 萬壱
文庫
徳間書店
327ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ボラード病 (文春文庫)

吉村 萬壱
文庫
文藝春秋
192ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ボラード病 (文春文庫)

吉村萬壱
Kindle版
文藝春秋
142ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハリガネムシ (文春文庫)

吉村 萬壱
文庫
文藝春秋
280ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハリガネムシ

吉村 萬壱
単行本
文藝春秋
137ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハリガネムシ

吉村 萬壱
Kindle版
文藝春秋
137ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
生きていくうえで、かけがえのないこと

吉村 萬壱
単行本
亜紀書房
128ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
虚ろまんてぃっく

吉村 萬壱
単行本
文藝春秋
308ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
虚ろまんてぃっく (文春e-book)

吉村萬壱
Kindle版
文藝春秋
191ページ
著者の詳細

吉村萬壱

吉村 萬壱(よしむら まんいち、本名:吉村浩一、1961年2月19日 - )は、日本の小説家。愛媛県松山市生まれ、大阪府大阪市・枚方市育ち。大阪府立長尾高等学校、京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。1997年、「国営巨大浴場の午後」で第1回京都大学新聞社新人文学賞受賞。2001年、「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞受賞。2003年、「ハリガネムシ」で第129回芥川龍之介賞受賞。大阪府立佐野支援学校に勤めていたが退職する。

「芥川賞の賞味期限は10年しかない」と知り合いの編集者に言われ、退職して作家専業となる。2016年、『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。

SFの影響を受けた、退廃的かつ破壊的な作風が特徴。漫画家のTHE SEIJIは双子の弟。

作品リスト

  • 『クチュクチュバーン』2002年8月、文藝春秋、のち文庫 2005年、ISBN 978-4167679477
    • クチュクチュバーン(『文學界』2001年6月号)
    • 人間離れ(『文學界』2001年11月号)
    • 国営巨大浴場の午後(文庫版のみ収録)
  • 『ハリガネムシ』2003年8月、文藝春秋、のち文庫、ISBN 978-4167679989
    • ハリガネムシ(『文學界』2003年5月号)
    • 岬行(文庫版のみ収録/『文學界』2004年3月号)
  • 『バースト・ゾーン 爆裂地区』(書き下ろし長編)2005年5月、早川書房、のち文庫 
  • 『ヤイトスエッド』講談社 2009
    • B39(『文學界』2007年1月号)
    • B39-II(『群像』2007年3月号)

(イナセ一戸建て、鹿の目、ヤイトスエッド、不浄道)

  • 『独居45』文藝春秋、2009年9月
  • 『ボラード病』文藝春秋、2014年6月 のち文庫
  • 『臣女』徳間書店、2014年12月
  • 『虚ろまんてぃっく』文藝春秋 2015
  • 『生きていくうえで、かけがえのないこと』(エッセイ集)亜紀書房 2016
  • 『流しの下のうーちゃん』(漫画)文藝春秋 2016
  • 『うつぼのひとりごと』亜紀書房 2017
  • 『回遊人』徳間書店 2017

単行本未収録作品

  • 居候(『群像』2005年7月号)
  • 夏の友(『文學界』2006年2月号)
  • 指定席(『小説現代』2007年1月号)
  • 深海巡礼(『小説現代』2007年6月号)

脚注

外部リンク

  • 吉村萬壱 (@yoshimuramanman) - Twitter


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る