Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

書籍の詳細

スタイルズ荘の怪事件

スタイルズ荘の怪事件』(原題:The Mysterious Affair at Styles)は、1920年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。著者の処女作であり、エルキュール・ポアロシリーズの長編第1作かつ初登場作品にあたる。

発表は1920年であるが、執筆は1916年であり、またアメリカでの刊行年である。イギリス本国での出版は翌1921年である。日本語初訳は『スタイルズの怪事件』(日本公論社刊 東福寺武訳 1937年)。

概要

アガサ・クリスティの処女作であり、著者の代表作であるエルキュール・ポアロシリーズの初作でもある。

クリスティは1916年に本作を書き上げ、複数の出版社へ原稿を送ったが採用されなかった。彼女自身、応募の事実を忘れた頃にボドリー・ヘッド社のジョン・レーンに見出され、最後の章を書き直して1920年に出版された。本作は薬剤師の助手時代の経験が生かされており、後にクリスティは読者の感想の中で最も嬉しいと感じたのは調剤学の専門誌から薬物に関する知識を褒められたことだったと述べている。

本作は、風変わりでユーモラスなベルギー人探偵エルキュール・ポアロの初登場作品であり、同シリーズのレギュラーであるアーサー・ヘイスティングズやジャップ主任警部も初登場している。ヘイスティングズがポアロの活躍を記述したという作品形式は、シャーロック・ホームズシリーズに見られる当時の主流であった推理小説の形式である。

なお、本作品の舞台であるスタイルズ荘は、同シリーズの完結作である『カーテン』の舞台としても使われている。

あらすじ

第一次世界大戦中に負傷しイギリスに帰還したヘイスティングズは、旧友ジョンの招きでエセックスにあるスタイルズ荘を訪れる。ある夜、20歳年下の男と再婚したジョンの義母エミリーは突然発作を起こし、一時は持ち直したが再び発作に襲われた彼女は息絶えてしまう。エミリーの死に疑問を抱いたヘイスティングズは、再会した旧友エルキュール・ポアロに事件の捜査を依頼する。

登場人物

  • アーサー・ヘイスティングズ - 物語の語り手
  • エルキュール・ポアロ - 私立探偵
  • ジェームズ・ジャップ - 警部
  • エミリー・イングルソープ - スタイルズ荘の持主の老婦人
  • アルフレッド・イングルソープ - エミリーの夫
  • ジョン・カヴェンディッシュ - エミリーの義理の息子、ヘイスティングズの旧友
  • メアリー・カヴェンディッシュ - ジョンの妻
  • ロレンス・カヴェンディッシュ - ジョンの弟
  • エヴリン・ハワード - メイド頭
  • シンシア・マードック - 孤児、エミリーの旧友の娘
  • バウアスタイン - 医師
  • ドーカス - エミリーの小間使い
  • アーニー - メイド
  • マニング - 庭師
  • ベイリー - 使用人
  • ウィルキンズ - エミリーの主治医、毒物の研究家
  • アルバート・メース - 薬局の店員
  • ミセス・レイクス - 近所の農場の妻

‎日本語訳版

日本語訳題は『スタイルズ荘の怪事件』のほかに、『スタイルズの怪事件』や『スタイルズ荘の怪死事件』など、微妙に異なるタイトルも存在する。

テレビドラマ

  • 『名探偵ポワロ』第20話 イギリス 1989年 - 2013年

ラジオドラマ

  • 2005年、BBC Radio 4で放送されている。

訳注

外部リンク

  • The Mysterious Affair at Styles 戦下の風俗を描く女王のデビュー作(宮脇孝雄)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る