Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

書籍の詳細

長くつ下のピッピ

長くつ下のピッピ』(ながくつしたのピッピ、原題:Pippi Långstrump)は、アストリッド・リンドグレーンの童話である。1945年に第1巻が刊行された。本作、「ピッピ 船に乗る」「ピッピ 南の島へ」の三部作。その他に、数冊の絵本と短編集がある(日本語へは未翻訳)。

ストーリー

トミーとアンニカのセッターグレン兄妹は退屈な毎日に飽き飽きしていた。ある日、町外れの「ごたごた荘」に女の子がやって来た。赤毛のツインテールにそばかすだらけの顔、そして長い靴下を穿いている9歳の少女“ピッピ”ピッピロッタ・タベルシナジナ・カーテンアケタ・ヤマノハッカ・エフライムノムスメ・ナガクツシタ(原語での本名:ピピロッタ・ヴィクトゥアリア・ルルガーディナ・クルスミュンタ・エフライムスドッテル・ロングストルンプ、Pippilotta Viktualia Rullgardina Krusmynta Efraimsdotter Långstrump)である。スクーナー「ホッペトッサ号」の船長だった父エフライムが嵐で落水し行方不明になり、父の言葉に従って別荘であるごたごた荘へとやってきたのだった。ピッピと出会ってすぐさま意気投合し仲良しになったトミーとアンニカたちは、楽しい冒険の日々を送る。

書籍版

長くつ下のピッピ
ピッピがセッテルグレーン一家の住む街にある自宅「ごたごた荘」(実写版では「つぎはぎ荘」)に、ペットのチンパンジー「ニルソン氏」、飼っている馬と共に帰って来る。トミーやアンニカと出会う。船を自宅に海育ち、その怪力ぶりとホラ吹きが得意な天衣無縫の自然児である故、いわゆる"お行儀のいい子"でないピッピに振り回される周囲。しかしサーカスを見に行って狼藉者を懲らしめたり、火事の高層アパートから逃げ遅れた子を助け出したりなどの活躍を見せ、根はいい子である事が周囲に理解されるようになる。
ピッピ 船に乗る
「長くつ下―」から数々のエピソードが続く。
ある日、指揮していたスクーナー船『ホッペトッサ号』から嵐のため落水、消息不明になっていた父・エフライム船長が五体満足の姿で現れる。ある南方の島に流れ着き、島民の族長を務めていたが、帰国の為にヨットで出航したところ、偶然にホッペトッサ号と出逢って帰って来られたのだという。ピッピとの別れを予感し悲しみに胸が塞ぐトミーとアンニカ。しかし船が出ようとしたその時、“自分の為に悲しむ人がいるのは耐えられない”とピッピは父との同行を撤回し町に残る事を表明。何もかもがいつも通りになる。
ピッピ 南の島へ
冬、はしかを患い2週間寝込んで衰弱したトミーとアンニカ。ピッピは二人の転地療養をセッテルグレーン夫妻に申し出、認められる。行き先はエフライム船長が族長を務める南の島。寄航した船長の船に乗り、一ヶ月の予定で大旅行。クリスマスを過ぎた1月始めに帰国する。

テレビ版

1961年版

アメリカの子供番組『シャーリー・テンプルのお話本』の中で放映。

1966年版

日本のNHKで、1月1日から3日にかけて全3回放送された。舞台上演を想定せず撮り下ろされた人形劇。NHKにはテープは一話も保存されていなかったが、2018年に人形操作を担当した大阪の人形劇団「クラルテ」から全3話のフィルム(テロップ無し)と音声テープ2本が提供された。フィルムの保存状態は良好だったが、音声テープは一本が劣化のため再生できず、残る一本(第二話)のみ再生できた。

1969年版

『Pippi Longstocking』

スウェーデンで放映されたテレビシリーズ。全13回。制作はスウェーデンと(西)ドイツの共同制作。監督はオル・ヘルボム、ピッピ役はインゲル・ニルッセン。(西)ドイツでは本作を再編集した映画版(全2本、後述)も作られ、テレビシリーズの放映以前にこちらが劇場公開された。この映画版は多くの国で公開され、非常に好評で大ヒットした。このため、実写版と言えばインゲル・ニルッセン版を指すことが多い。映画版はこの好評を受け、さらに続編も作られた(全2本)。また、(西)ドイツではこの2本の映画を再編集した物もテレビで続けて放送された(このためドイツ版は全21回)アメリカでは翌年に渡り、4篇に再編集されて放映された。日本ではNHKの少年ドラマシリーズで、放送(日本語吹き替え版、ピッピ役の吹き替えはキャロライン洋子。主題歌も日本語で彼女が歌っている)。何故か全12回。ドイツ版の後半に当たる部分も、続編として、「長くつ下のピッピ~冒険旅行~」・「長くつ下のピッピ~海賊退治~」のタイトルで放送された(全4回、全4回)。このテレビ版の日本語版は、NHKには現存しておらず基本的には、観ることは出来ない。

1982年版

『Пеппи Длинныйчулок(Peppi Dlinnyychulok)』

ソ連で制作されたテレビシリーズ。

1985年版

『長くつ下のピッピ』

アメリカの子供番組枠『ABC週末スペシャル』で放映。30分。

1997年

『Pippi Longstocking(長くつ下のピッピ)』

カナダのアニメ制作会社「ネルバナ」によるテレビアニメシリーズ。アメリカ、カナダで放映された。

2001年版

『Pippi Examples』

スウェーデン制作のテレビシリーズ。

映画版

1949年版

『Pippi Longstocking(長くつ下のピッピ)』。

スウェーデン制作、ペル・グンバル監督。

1969年版

  • 『På Pippi Langstrumpf(ピッピの新しい冒険、DVD版タイトル「長くつ下のピッピ」)』
  • 『Här kommer Pippi Långstrump(ピッピ船にのる)』
スウェーデン・西ドイツの共同制作。1969年のテレビシリーズを再編集した物。
  • 『Pippi Långstrump på de sju haven(長くつ下のピッピ、DVD版タイトル「ピッピの宝島」』
  • 『På rymmen med Pippi Långstrump(続・長くつ下のピッピ)』
スウェーデン・西ドイツの共同制作。1969年のテレビシリーズのスタッフ、キャストで2本制作された。

公開順は国により異なる。全作、日本でも劇場公開されたが、日本では、「長くつ下のピッピ」、「続・長くつ下のピッピ」、「ピッピの新しい冒険」、「ピッピ船にのる」の順で公開された。全作、DVD化(日本語吹き替え版。ピッピ役の吹き替えはテレビ版とは異なり岸田今日子。「ピッピの宝島」のみテレビ版と同じキャロライン洋子)されているが、ややこしいことにタイトルが劇場公開時と一部異なる。このため、一部混乱が生じており、紹介記事やサイトではしばしば両者を混同して全5作などと書かれていることがあるが、上記のようにタイトルに異同があるだけで全4作が正しい。

  • スタッフ
    • 監督:オル・ヘルボム
    • 製作:オルレ・ノルドマー
    • 脚色:イドレント・イドーム
    • 音楽:ゲオルグ・リーデル
  • キャスト
    • ピッピ:インゲル・ニルセン
    • アニカ:マリア・パッセン
    • トミー:ペル・サンドベリ
    • コンラッド:ハンス・アルフレッドソン

1988年版

『The New Adventures of Pippi Longstocking(長くつ下のピッピの新冒険)』

日本版題:『長くつ下ピッピの冒険物語』

イギリス・アメリカ合衆国の共同制作。

  • スタッフ
    • 監督・脚本:ケン・アナキン
    • 製作:ゲイリー・メールマン、ウォルター・モシュイ
    • 製作総指揮:ミシャール・アダム
    • 音楽:ミシャ・シーガル
  • キャスト

1997年版

『Pippi Long Stocking(長くつ下のピッピ)』

カナダのアニメ映画。ネルバナ制作。

  • スタッフ
    • 監督:クライヴ・スミス
    • 脚本:フランク・ニッセン、ケン・ソボル
    • キャラクターデザイン:フランク・ニッセン
    • 日本語版監督:斯波重治
  • キャスト

ミュージカル

  • ミュージカル「長靴下のピッピ」(2004年8月)
演出:宮田慶子
出演:篠原ともえ(ピッピ)、土居裕子(ミセス・プリセリウス)、栁澤貴彦(トミー)、高山璃奈(アンニカ)、園山晴子(女教師)、鈴木浩介(クラング)、二瓶鮫一(クリング、サーカスの団長)、松金よね子(グランベルイ)、力也(ピッピの父)
  • 「ピッピ」(2006年8月)
演出:宮田慶子
出演:篠原ともえ(ピッピ)、大浦みずき(ミセス・プリセリウス)、中山常之(トミー)、田島ゆみか(アンニカ)、園山春子(マリアンネ)、前田綾(教師)、大谷亮介(クリング巡査)、大沢健(クラング巡査)、大島蓉子(グランベルイ)、団時朗(ピッピの父)
全国5ヵ所(東京、神奈川、愛知、大阪、福岡)で公演された。

脚注

関連項目

  • パンダコパンダ-1971年に高畑勲・宮崎駿・小田部羊一を軸に、『アタックNo.1』の後番組としてフジテレビの日曜日19:00 - 19:30枠での『長くつ下のピッピ』のテレビアニメ化が企画されたが、原作者の許諾が得られず幻に終わり、代わりに1972年にオリジナルで劇場用映画として製作された。
    3名の共著『幻の「長くつ下のピッピ」』(岩波書店、2014年)に詳しい。
  • ミラーマン - 上記アニメの放送が予定されていた時間枠を担当していた旭通信社が、代替企画としてフジテレビに売り込み、円谷プロダクション制作で放送された特撮番組。

外部リンク

  • 長くつ下のピッピ 公式サイト(日本語)
  • 映画 長くつ下のピッピ
  • 長くつ下のピッピ(1970) - allcinema
  • 長くつ下ピッピの冒険物語 - KINENOTE
  • 長くつ下のピッピ(1997) - allcinema
  • 長くつ下のピッピ(1997) - KINENOTE
  • ミュージカル「ピッピ」


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る