Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
土曜の夜と日曜の朝 (1979年) (新潮文庫)

アラン・シリトー
永川 玲二
文庫
新潮社
310ページ
カスタマーレビューはありません。

土曜の夜と日曜の朝 (河出海外小説選)

アラン・シリトー
永川 玲二
単行本
河出書房新社
291ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
土曜の夜と日曜の朝 (新潮文庫 赤 68-2)

アラン・シリトー
Alan Sillitoe
文庫
新潮社
310ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
土曜の夜と日曜の朝 (1968年) (今日の海外小説)

アラン・シリトー
永川 玲二

河出書房新社
291ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
土曜の夜と日曜の朝 (1979年) (河出海外小説選〈24〉)

アラン・シリトー
永川 玲二

河出書房新社
291ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
土曜の夜と日曜の朝 (1976年)

アラン・シリトー
永川 玲二

河出書房新社
291ページ
著者の詳細

アラン・シリトー

アラン・シリトー(Alan Sillitoe、1928年3月4日 - 2010年4月25日)は、イギリス、ノッティンガム出身の作家。

概要

シリトーの文壇への登場は、『怒りをこめてふりかえれ』のジョン・オズボーン、『ラッキー・ジム』のキングスレー・エイミス、『急いで駆け降りよ』のジョン・ウェインなど、「怒れる若者たち」(Angry Young Men)と呼ばれる一派と時を同じくしていたため、そのメンバーの一人と見なされることが多い。

しかし、この一派の中心となった作家たちは、概ねオックスフォード大学卒のインテリであった。(ただし、オズボーンの学歴は高くなく、出身階級もシリトーと同じ労働者階級である)この点、工場労働者の息子であり、自らも工場労働者であったシリトーとは異質のものであった。反体制を叫ぶ「怒れる若者たち」の怒りは、体制の改革と共に消えてゆく。しかし、シリトーの主人公たちはなおも怒り続ける。

社会が不当に築いた彼らの周りの規制への反撥、その規制を守ろうとする権力者の偽善に対するアナーキックな憤りから、不道徳行為という方法で権威へのささやかなプロテストを試みる。しかし彼らの行動は、積極的に体制を破壊しようとする方向には向かわない。反体制的反抗ではなく「非体制的」な反逆とでも呼べそうなものである。

代表作『長距離走者の孤独』(1962)『土曜の夜と日曜の朝』(1960)が映画化され、いずれもアカデミー賞などを賑わせた。

2010年4月25日に、ロンドン市内の病院で死去した。82歳没。

作品

小説

  • 土曜の夜と日曜の朝 Saturday Night and Sunday Morning (1958)
    • 永川玲二訳 河出書房新社 1968 のち新潮文庫
  • 長距離走者の孤独 The Loneliness of the Long-Distance Runner (1959)
  • 将軍 The General (1960)
    • 関口功訳 早川書房 1970
  • ドアの鍵 Key to the Door (1961)
    • 栗原行雄訳 集英社 1973 のち文庫
  • 屑屋の娘 The Ragman’s Daughter (1963)
    • 河野一郎,橋口稔訳 集英社 1969 のち文庫
  • ウィリアム・ポスターズの死 The Death of William Posters (1965)
    • 橋口稔訳 集英社 1969 のち文庫
  • 燃える樹 A Tree on Fire (1967)
    • 鈴木建三訳 集英社 1972
  • グスマン帰れ Guzman, Go Home (1968)
    • 橋口稔訳 集英社 1970 のち文庫
  • 華麗なる門出 A Start in Life (1970)
    • 河野一郎訳 集英社 1974
  • ニヒロンへの旅 Travels in Nihilon (1971)
    • 小野寺健訳 講談社 1979
  • ノッティンガム物語 Men, Women and Children (1973)
    • 橋口稔, 阿波保喬訳 集英社 1975 のち文庫
  • 見えない炎 The Flame of Life (1974)
  • The Widower’s Son (1976)
  • The Storyteller (1979)
  • 悪魔の暦 The Second Chance (1981)
    • 河野一郎訳 集英社 1983
  • Her Victory (1982)
  • The Lost Flying Boat (1983)
  • Down from the Hill (1984)
  • Life Goes On (1985)
  • 渦をのがれて Out of the Whirlpool (1987)
    • 山田順子訳 福武書店 1990
  • The Open Door (1989)
  • Last Loves (1990)
  • Leonard’s War (1991)
  • Snowstop (1993)
  • Alligator Playground (1997)
  • The Broken Chariot (1998)
  • The German Numbers Woman (1999)
  • Birthday (2001)
  • A Man of His Time (2004)
  • New and Collected Stories (2005)

ノンフィクション

  • ロシアの夜とソビエトの朝 Road to Volgograd (1964)
    • 鈴木建三訳 晶文社 1973
  • 素材 Raw Material (1972)
    • 栗原行雄訳 集英社 1976
  • 私はどのようにして作家となったか Mountains and Caverns: Selected Essays (1975)
    • 出口保夫訳 集英社 1978
  • The Saxon Shore Way (1983)
  • Alan Sillitoe’s Nottinghamshire (1987)
  • Life Without Armour (1995)
  • Leading the Blind: A Century of Guidebook Travel, 1815 – 1914 (1995)
  • A Flight of Arrows: Essays and Observations (2003)
  • Gadfly in Russia (2007)

  • The Rats and other poems (1960)
  • Falling Out of Love and other poems (1964)
  • Love in the Environs of Voronezh and other poems (1968)
  • Barbarians and other poems (1973)
  • Storm: New Poems (1974)
  • Snow on the North Side of Lucifer: Poems (1979)
  • Sun Before Departure: Poems 1974 – 1982 (1984)
  • Tides and Stone Walls: Poems (1986)
  • Collected Poems (1993)

戯曲

  • All Citizens are Soldiers (with Ruth Fainlight; translated from Lope de Vega’s‘Fuente Ovejuna’(1969)
  • Three Plays: The Slot-Machine, The Interview, Pit Strike (1978)

児童書

  • マーマレード・ジムのぼうけん The City Adventures of Marmalade Jim (1967)
    • 上野瞭訳 栗田八重子絵 あかね書房 1971
  • Big John and the Stars (1977)
  • The Incredible Fencing Fleas (1978)
  • Marmalade Jim at the Farm (1980)
  • Marmalade Jim and the Fox (1984)

出典



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る