Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
The Course of Love

Alain De Botton
ハードカバー
Eeonhang Namu
¥ 3,956
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
哲学のなぐさめ 6人の哲学者があなたの悩みを救う

アラン・ド ボトン
Alain De Botton
単行本
集英社
384ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
人類は絶滅を逃れられるのか

スティーブン・ピンカー
藤原 朝子
Kindle版
ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
The Art of Travel

Alain De Botton
ペーパーバック
Hamish Hamilton UK
272ページ
¥ 1,741
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
The Architecture of Happiness

Alain de Botton
ペーパーバック
Penguin
280ページ
¥ 1,741
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
旅する哲学 ―大人のための旅行術

アラン・ド ボトン
Alain De Botton
単行本
集英社
336ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
The Pleasures and Sorrows of Work

Alain de Botton
ペーパーバック
Penguin
336ページ
¥ 1,852
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
On Love: A Novel

Alain de Botton
ペーパーバック
Grove Press
240ページ
¥ 1,918
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
プルーストによる人生改善法

アラン・ド ボトン
Alain De Botton
単行本
白水社
252ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
小説 恋愛をめぐる24の省察

アラン ド・ボトン
Alain de Botton
単行本
白水社
287ページ
著者の詳細

アラン・ド・ボトン

アラン・ド・ボトン(Alain de Botton、1969年12月20日 - )は、スイスチューリッヒ生まれの哲学者、エッセイスト。イギリスロンドンに在住。父親は、スイスの投資家で美術収集家のギルバート・ド・ボトン。

彼は、子ども時代にイギリスに移り、ケンブリッジ大学で思想史を学ぶ。その後、1992年ロンドン大学キングスカレッジで哲学で修士号を取得した。ロンドン大学大学院で、哲学の指導教官をしたのち、『小説 恋愛をめぐる24の省察』で作家デビュー。著作の相次ぐベストセラー化で、作家に転身した。現代のモンテーニュ風の哲学エッセイが世界中で好評を博している。

著作リスト

  • Essays in Love (entitled On Love in the US) (1993) - 『小説 恋愛をめぐる24の省察』白水社 1998年
  • The Romantic Movement (1994)
  • Kiss and Tell (1995)
  • How Marcel Proust Can Change Your Life (1997, UK edition ISBN 0-330-35491-4) - 『プルーストにより人生改善法』白水社 1999年
  • The Consolations of Philosophy (2000) - 『哲学のなぐさめ-6人の哲学者があなたの悩みを救う』集英社 2002年
  • The Art of Travel (2002) - 『旅する哲学-大人のための旅行術』集英社 2004年
  • Status Anxiety (2004) - 『もうひとつの愛を哲学する ステイタスの不安』集英社 2005年

『プルーストによる人生改善法』、『哲学のなぐさめ』(テレビ番組のタイトルは、「哲学:幸福になるための道案内」となっている)、『もうひとつの愛を哲学する ステイタスの不安』、そして『旅する哲学-大人のための旅行術』は、テレビ・シリーズ化されている。

外部リンク

  • Alain de Botton
  • Review of The Consolations of Philosophy
  • Another review of the Consolations of Philosophy
  • Archived web chat with de Botton conducted by Channel 4
  • Interview with 3:AM Magazine
  • Alain de Botton Interview on Spoiled Ink Magazine


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る