Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
消しゴム (光文社古典新訳文庫)

アラン ロブ=グリエ
Alain Robbe‐Grillet
文庫
光文社
456ページ

消しゴム (河出海外小説選)

アラン・ロブ=グリエ
中村真一郎
単行本
河出書房新社
302ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
迷路のなかで (講談社文芸文庫)

アラン・ロブ=グリエ
平岡 篤頼
文庫
講談社
244ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
早稲田文学1

川上 未映子
芳川 泰久
単行本(ソフトカバー)
太田出版
384ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ニューヨーク革命計画 (1972年)

アラン・ロブ=グリエ
平岡 篤頼
単行本
新潮社
211ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
現代フランス文学13人集〈第2〉トロピスム,迷路のなかで,瀕死の王 (1965年)

ナタリー サロート
中村 光夫
単行本
新潮社
236ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
消しゴム (1978年) (河出海外小説選〈20〉)

アラン・ロブ=グリエ
中村 真一郎

河出書房新社
302ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
新しい小説のために (1967年)

アラン・ロブ=グリエ
平岡 篤頼
単行本
新潮社
262ページ
カスタマーレビューはありません。

弑逆者

アラン・ロブ=グリエ
平岡 篤頼
単行本
白水社
217ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
嫉妬 (1959年)

アラン・ロブ=グリエ
白井 浩司
単行本
新潮社
163ページ
著者の詳細

アラン・ロブ=グリエ

アラン・ロブ=グリエ(Alain Robbe-Grillet, 1922年8月18日 - 2008年2月18日)は、フランスの小説家・映画監督。ヌーヴォー・ロマンの代表的作家とされる。

経歴

ブレスト郊外のキルビニヨンに生まれる。地元で初等・中等教育をうけたのち、パリのリセ・ビュッフォンに転校。1941年に国立農業技術専門学校に入学、在学中にドイツ軍に徴用され、ニュルンベルクの工場で強制労働に従事する。戦後1946年に専門学校を卒業。1949年に植民地果実柑橘類研究所のバナナ農場監督官となり、1951年までの間にギニア、西インド諸島、マルチニック、グアドループを監察してまわる。

1949年、最初の小説『弑逆者』を書き上げるが、これは1978年になるまで発表されなかった。1951年、帰国の船上で『消しゴム』を執筆。同年『クリティック』誌11月号に書評を寄稿。1953年、デビュー作『消しゴム』をエディシヨン・ド・ミニュイ社から出版、フェネオン賞を受賞するとともにロラン・バルトによって絶賛される(「対物的文学」)。翌年、『覗く人』を刊行し批評家賞を受賞、ド・ミニュイ社の文芸顧問に就任する(1980年まで)。

1957年、文章から感情を極限まで廃し視覚的な客観描写に徹した小説『嫉妬』を発表、一般の読者からは酷評されるが、1959年の『迷路のなかで』はおおむね好評を得る。1960年、アラン・レネ監督の映画『去年マリエンバートで』のシナリオを手がける。同作は翌年にヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞、フランスでもメリエス賞を受賞した。1963年には最初の監督映画『不滅の女』が公開された。これらと平行して上記作品の映画原作本(シネロマン)を刊行する。

以後、軽妙な作風に移行した小説『快楽の館』(1965年)などを刊行。

2004年、アカデミー・フランセーズの会員(座席番号32)に選出。2008年、フランス北西部カーンの病院にて死去。85歳没。

著作

小説

  • Un régicide 1949年(出版されたのは1978年). 平岡篤頼訳『弑逆者』白水社, 1991年
  • Les Gommes 1953年. 中村真一郎訳『消しゴム』河出書房新社, 1959年 中条省平訳 同左 光文社古典新訳文庫, 2013年
  • Le Voyeur 1955年. 望月芳郎訳『覗くひと』冬樹社, 1966年. 講談社文芸文庫, 1999年
  • La Jalousie 1957年. 白井浩司訳『嫉妬』新潮社, 1959年
  • Dans le labyrinthe 1959年. 平岡篤頼訳『迷路のなかで』講談社文芸文庫, 1998年
  • La Maison de rendez-vous 1965年. 若林真訳『快楽の館』河出書房新社, 1969年、河出文庫, 2009年
  • Projet pour une révolution à New York 1970年. 平岡篤頼訳『ニューヨーク革命計画』新潮社, 1972年
  • Topologie d'une cité fantôme 1976年. 江中直紀訳『幻影都市のトポロジー』新潮社, 1979年
  • Souvenirs du Triangle d'Or 1978年
  • <ロマネスク>三部作
    • Le Miroir qui revient 1985年
    • Angélique ou l'enchantement 1988年
    • Les derniers jours de Corinthe 1994年
  • Djinn 1981年.平岡篤頼訳『ジン』集英社,1990年
  • La Reprise 2001年. 平岡篤頼訳『反復』白水社, 2004年
  • Un Roman Sentimental 2007年

短編

  • Instantanés 1962年. 白井浩司, 永井旦訳『スナップショット』第三書房, 1966年. 改訂版, 1981年. 平岡篤頼訳『新しい小説のために』新潮社, 1967年にも併載

随筆・評論

  • Pour un Nouveau Roman 1963年. 平岡篤頼訳『新しい小説のために』新潮社, 1967年
  • Le voyageur, essais et entretiens 2001年

脚本・シナリオ

  • L'Année dernière à Marienbad 1961年. 天沢退二郎訳「去年マリエンバートで」, 『去年マリエンバートで・不滅の女』所収, 筑摩書房, 1969年
  • L'Immortelle 1963年. 蓮實重彦訳「不滅の女」、『去年マリエンバートで・不滅の女』所収, 筑摩書房, 1969年
  • Glissements progressifs du plaisir 1974年. 平岡篤頼訳『快楽の漸進的横滑り』新潮社, 1977年

映画

  • 『不滅の女』 ("L'immortelle" 1963年)
  • 『ヨーロッパ横断特急』(Trans-Europ-Express 1966年)
  • 『嘘をつく男』(L'homme qui ment 1968年)
  • 『エデン、その後』(L'Eden et après 1971年)
  • 『快楽の漸進的横滑り』("Glissements progressifs du plaisir" 1974年)
  • 『危険な戯れ』(Le Jeu avec le feu 1975年)
  • 『囚われの美女』(La Belle Captive 1983年)
  • 『狂気を呼ぶ音』(Un bruit qui rend fou 1995年)
  • 『グラディーヴァ マラケシュの裸婦 』(C'est Gradiva qui vous appelle 2007年)

参考文献

  • アラン・ロブ=グリエ 『迷路のなかで』 平岡篤頼訳、講談社文芸文庫、1998年(巻末年譜)
  • 平岡篤頼 「ロブ・グリエ」 Yahoo! 百科事典(小学館 『日本大百科全書』) 2013年9月9日閲覧

脚注

外部リンク

  • アラン・ロブ=グリエ - allcinema
  • アラン・ロブ・グリエ - KINENOTE
  • Alain Robbe-Grillet - インターネット・ムービー・データベース(英語)





出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る