Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
グローバリズム出づる処の殺人者より

アラヴィンド アディガ
Aravind Adiga
単行本
文藝春秋
319ページ
著者の詳細

アラヴィンド・アディガ

アラヴィンド・アディガAravind Adiga, 1974年10月23日 – )は、インド人小説家、ジャーナリストである。

1974年、インドマドラス(現在のチェンナイ)で生まれた。

コロンビア大学のコロンビア・カレッジで英文学を学んだ。

2008年にブッカー賞を受賞した。

受賞歴

  • ブッカー賞 2008年 (The White Tiger(『グローバリズム出づる処の殺人者より』)に対して)

著書

小説

  • en:The White Tiger(『グローバリズム出づる処の殺人者より』), 2008
  • en:Between the Assassinations, 2008

その他

  • "The Sultan's Battery" (ガーディアン, 2008)
  • "Smack" (en:The Sunday Times, 2008)
  • "Last Christmas in Bandra" (タイムズ, 2008)
  • "The Elephant" (ザ・ニューヨーカー, 2009)

日本語訳された作品

  • 『グローバリズム出づる処の殺人者より』 鈴木恵訳、文藝春秋、2009年


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る