Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品

いいなづけ―17世紀ミラーノの物語〈下〉

アレッサンドロ マンゾーニ
平川 祐弘
単行本
河出書房新社
838ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
いいなづけ―17世紀ミラーノの物語〈上〉

アレッサンドロ マンゾーニ
平川 祐弘
単行本
河出書房新社
414ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
婚約者 中 (岩波文庫 赤 705-2)

マンゾーニ
フェデリコ・バルバロ
文庫
岩波書店
305ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
婚約者 (上) (岩波文庫)

マンゾーニ
フェデリコ・バルバロ
文庫
岩波書店
307ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
いいなづけ―17世紀ミラーノの物語

アレッサンドロ マンゾーニ
平川 祐弘
単行本
河出書房新社
838ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
婚約者 下 (岩波文庫 赤 705-3)

マンゾーニ
フェデリコ・バルバロ
文庫
岩波書店
278ページ
カスタマーレビューはありません。

婚約者〈下巻〉 (1949年) (岩波文庫)

アレツサンドロ・マンゾーニ
尾方 寿恵
文庫
岩波書店
335ページ
カスタマーレビューはありません。

婚約者〈中巻〉 (1949年) (岩波文庫)

アレツサンドロ・マンゾーニ
尾方 寿恵
文庫
岩波書店
340ページ
カスタマーレビューはありません。

婚約者〈上巻〉 (1949年) (岩波文庫)

アレツサンドロ・マンゾーニ
尾方 寿恵
文庫
岩波書店
343ページ
カスタマーレビューはありません。

婚約者 (1955年) (岩波文庫)

アレッサンドロ・マンゾーニ
尾方 寿恵
文庫
岩波書店
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

アレッサンドロ・マンゾーニ

アレッサンドロ・フランチェスコ・トンマーゾ・アントニオ・マンゾーニ (Alessandro Francesco Tommaso Antonio Manzoni, 1785年3月7日-1873年5月22日)はイタリアの詩人、作家。啓蒙思想家チェーザレ・ベッカリーアの孫にあたる。

1967年から1979年まで発行された10万イタリア・リレ(リラの複数形)紙幣の裏面に肖像が採用されていた。

生涯

ミラノの伯爵家に生まれる。1805年に母とともにパリに赴きそこでヴォルテールと文学者クロード・フォリエルの影響を受ける。1808年に銀行家の娘エンリケッタ・ブロンデルと結婚し、ともにカトリックに改宗。それまでマンゾーニはカトリックからは異端とみなされるジャンセニスム、エンリケッタはカルヴァン派信者であった。この合理主義・無神論からの回心(Conversione)は、以後のマンゾーニの行動と思想を決定したといわれる。1814年からミラノに住み、1833年に妻エンリケッタに死別したが1837年にはテレーサ・ボッリという連れ子のいる女性と再婚した。1840年にマジョーレ湖畔のレーザ(Lesa)に移り著作に専念する。1848年ミラノに起こった対オーストリア蜂起市街戦には息子をバリケードにおくって励まし、イタリア各君主に対してミラノ救援を呼びかけている。1860年にイタリア王国が成立したときに上院議員となる。

しかし、妻及び子供たちに次々と先立たれ、1873年1月6日にサン・フェデーレ教会を出る際に転倒して頭を強打、5ヶ月後に脳髄膜炎を併発し死亡した。ジュゼッペ・ヴェルディの『レクイエム』は彼の追悼のために完成された。

作品と作風

はじめは古典的な詩を作ったがやがてロマン主義に転じ、高雅な言葉でキリスト教徒としての心情を歌った詩『聖なる讃歌 Inni sacri』『La resurrezione』『Pentecoste』などを書いた。またナポレオンを悼んだ詩『五月五日 Il cinque maggio』(1821年)はゲーテによってドイツ語に翻訳された。悲劇『カルマニョーラ伯 Il Conte di Carmagnola』『アデルキ Adelchi』は部分的な美しさをもつが舞台向きではない。主著は歴史小説『いいなづけ I promessi sposi』3巻(1825-26年)である 。(なお、同書は『婚約者』と訳される場合もある)。

1823年『ロマン主義について』を書き、新しい流派の説を詳しく展開しているが、その要旨は神話と古典への盲従を排し、修辞法則を否定し、それに対して「意図としては有益であること、主題としては真実であること、方法としてはおもしろさ」を追求するべきである、というものだった。さらにイタリア語の統一という問題について多くの論文を書いて、イタリア語の中のトスカーナ性を擁護し、名作『いいなづけ』によってトスカーナ語を基本とする近代イタリア標準語をいちおう完成させたといえる。

日本語訳

  • フェデリコ・バルバロ、尾方寿恵訳 『婚約者』全3巻 岩波文庫 1946年 ISBN 4003270517
  • 平川祐弘訳『いいなづけー17世紀ミラーノの物語』全3巻 河出文庫 2006年 ISBN 4309462677

参考文献

  • デ・サンクティス『マンゾーニ』(1872年)
  • ナタリア・ギンズブルグ『マンゾーニ家の人々』(1988年、白水社)

外部リンク

  • The text of the Manzoni's works and cronology


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る