Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品

戦慄 (アントニイ・バージェス選集6)

アントニイ・バージェス
Anthony Burgess
単行本
早川書房
274ページ

聖ヴィーナスの夕べ (アントニイ・バージェス選集)

アントニイ・バージェス
Anthony Burgess
単行本
早川書房
218ページ
カスタマーレビューはありません。

MF (アントニイ・バージェス選集8)

アントニイ・バージェス
大社 淑子
単行本
早川書房
257ページ
カスタマーレビューはありません。

見込みない種子 (アントニイ・バージェス選集)

アントニイ・バージェス
斎藤 数衛
単行本
早川書房
287ページ
カスタマーレビューはありません。

図説ヘミングウェイの世界

ジョン・アンソニー・バージェス・ウィルソ
単行本
学研プラス
134ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

アンソニー・バージェス

アンソニー・バージェス(Anthony Burgess, 1917年2月15日 - 1993年11月22日)は、イギリスの小説家、評論家。アントニー・バージェスとも表記される。彼はまた作曲家、詩人、脚本家、ジャーナリスト、エッセイ、旅行記、翻訳などでも有名であった。彼は東南アジア、アメリカ合衆国、中央ヨーロッパなど様々な場所に暮らし、著作活動を行った。

生い立ち

ジョン・バージェス・ウィルソン (John Burgess Wilson) はマンチェスターのハーパーヘイに、カトリックの父親とプロテスタントの母親の間に生まれる。幼少時はジャックと呼ばれ、堅信式の後にアンソニーと名付けられてアンソニー・バージェス・ウィルソンとなる。1956年からペンネーム「アンソニー・バージェス」を使い始める。

母エリザベス・バージェス・ウィルソンはアンソニーが1歳の時に死去する。母は1918年から1919年にかけて流行したスペイン風邪にその命を奪われ、アンソニーの妹のマリエルも同じくスペイン風邪の犠牲となった。エリザベスは地元の女優およびダンサーであり、マンチェスターの音楽ホールのステージを踏んでいた。彼女の芸名はバージェスによると「ザ・ビューティフル・ベレ・バージェス」であったという。

バージェスが「アウグスチヌス主義のカトリック教徒」と評した父ジョセフ・ウィルソンは1948年に死去した。父はブックメーカー、無声映画の伴奏ピアニスト、百科事典のセールスマン、肉屋、タバコ屋と様々な職を手にした。ジョセフは妻の死後、パブの女主人と再婚したが、バージェスは「ほとんど酔っぱらって不在であり、自分のことを“父親”と呼んだ」と書き表している。

バージェスは母方の叔母によって育てられ、父親の再婚後は継母に育てられた。彼の家は叔母が経営したタバコ・酒類販売店の上にあった。

主な作品

小説

アントニイ・バージェス選集』全8巻、早川書房、1978‐79年。3巻目が欠本
  • A Clockwork Orange 
    • 『時計じかけのオレンジ』ハヤカワ文庫、改版2008年、「選集2」
  • The Wanting Seed 
    • 『見込みない種子』早川書房「ハヤカワ・ノヴェルズ」、1973年、のち「選集1」
  • Inside Mr. Enderby 『エンダビー氏の内側』、「選集7」
  • The Eve of St. Venus 『聖ヴィーナスの夕べ』、「選集5」
  • Nothing Like the Sun 『その瞳は太陽に似ず』、「選集4」
  • Tremor of Intent 『戦慄』、「選集6」
  • M/F 『MF』、「選集8」
  • Napoleon Symphony 『ナポレオン交響曲』、「選集9」
  • A Long Trip to Tea Time 
    • 『どこまで行けばお茶の時間』サンリオSF文庫、1981年
  • Beard's Roman Women 
    • 『ビアドのローマの女たち』サンリオSF文庫、1980年
  • Abba Abba 
    • 『アバ、アバ』サンリオSF文庫、1980年
  • 1985 
    • 『1985年』サンリオ、1979年、のちサンリオ文庫

絵本

  • The Land Where the Ice Cream Grows 絵ファルビオ・テスター
    • 『アイスクリームの国』長田弘訳、みすず書房「詩人が贈る絵本」、2000年

その他

  • The Novel Now 
    • 『現代小説とは何か』前川祐一訳、竹内書店、1970年
  • Shakespear 
    • 『シェイクスピア』小津次郎・金子雄司訳、早川書房、1983年
  • New York 
    • 『ニューヨーク ライフ世界の大都市』沢田繁春ほか訳、タイムライフブックス、1978年
  • Ernest Hemingway and His World 
    • 『図説 ヘミングウェイの世界』石一郎訳、学習研究社、1979年
  • They Wrote in English 
    • J・B・ウィルソン『イギリス文学史』福田陸太郎・繁尾久訳、ダヴィッド社、1959年、新版1987年ほか
    • 『バージェスの文学史』西村徹・岡照雄・蜂谷昭雄訳、人文書院、1982年

映画

  • 時計じかけのオレンジ(1971年) スタンリー・キューブリック監督作品(原作)
  • ナザレのイエス(1977年) フランコ・ゼフィレッリ監督作品(共同脚本)

外部リンク

  • fan site
  • International Anthony Burgess Foundation
  • The Anthony Burgess Center, at l'Université d'Angers
  • 1985 audio interview of Anthony Burgess, RealAudio
  • Anthony Burgess Papers Finding Aid


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る