Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
赤毛のストレーガ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 189-2))

アンドリュー・ヴァクス
佐々田 雅子
文庫
早川書房
533ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
赤毛のストレーガ (Hayakawa novels)

アンドリュー ヴァクス
佐々田 雅子
単行本
早川書房
349ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

アンドリュー・ヴァクス

アンドリュー・ヴァクスAndrew H. Vachss、1942年 - )はアメリカ合衆国の推理作家、かつ子供保護コンサルタントとして子供に関する事案を主に扱う弁護士である。彼は「親と子供の近親姦は強姦である」と非難している。また、妻アリスは、性犯罪検察官であり、強姦に関するノンフィクション作家でもある。

また、黒い眼帯という独特の外観である。

来歴

ニューヨーク市生まれ。オハイオ州のウェスタン・リザーブ大学(現在のケース・ウェスタン・リザーブ大学)卒業。ボストンのニュー・イングランド法学校で法学博士号を取得。弁護士になる以前は、子供の保護の最前線の役職に就いていた。彼は性感染症、社会奉仕及び労働組織者における連邦調査官であった。

1988年、『赤毛のストレーガ』("Strega")でフランス推理小説大賞を受賞。

主な著作

アウトロー探偵バーク・シリーズ

  • フラッド (Flood)(1985年) - 日本語訳は早川書房より
  • 赤毛のストレーガ (Strega)(1987年)
  • ブルー・ベル (Blue Belle)(1988年)
  • ハード・キャンディ (Hard Candy)(1989年)
  • ブロッサム (Blossom)(1990年)
  • サクリファイス (Sacrifice)(1991年)
  • ゼロの誘い (Down in the Zero)(1994年)
  • 鷹の羽音 ( Footsteps of the Hawk)(1995年)
  • 嘘の裏側 (False Allegations)(1996年)
  • セーフハウス (Safe House)(1998年)
  • クリスタル (Choice of Evil)(1999年)
  • グッド・パンジイ (Dead and Gone)(2000年)
  • Pain Management(2001年)
  • Only Child(2002年)
  • Down Here(2004年)
  • Mask Market(2006年)
  • Terminal(2007年)
  • Another Life(2008年)

上記シリーズ以外

  • 凶手 (Shella)(1993年)
  • バットマン 究極の悪(Batman: The Ultimate Evil)(1995年)
  • A Bomb Built in Hell(2000年)
  • The Getaway Man(2003年)
  • Two Trains Running(2005年)

外部リンク

  • The Zero - Official website of Andrew Vachss
  • ヴァクス 1
  • ヴァクス 2


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る