Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/カジノ・ロワイヤル <ジェームズ・ボンド・シリーズ> (創元推理文庫)

イアン・フレミング
井上 一夫
Kindle版
東京創元社
225ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/カジノ・ロワイヤル 【新版】 (創元推理文庫)

イアン・フレミング
井上 一夫
文庫
東京創元社
272ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/カジノ・ロワイヤル (創元推理文庫)

イアン・フレミング
井上 一夫
文庫
東京創元社
224ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007 女王陛下の007 復刻版 (ビッグコミックススペシャル)
さいとう・ たかを
コミック
小学館
289ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫)

イアン フレミング
Ian Fleming
文庫
東京創元社
373ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫)

イアン・フレミング
井上 一夫
文庫
東京創元社
338ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/サンダーボール作戦 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 224-3))

イアン・フレミング
井上 一夫
文庫
早川書房
355ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/ロシアから愛をこめて <ジェームズ・ボンド・シリーズ> (創元推理文庫)

イアン・フレミング
井上 一夫
Kindle版
東京創元社
349ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007/薔薇と拳銃 (創元推理文庫)

イアン フレミング
Ian Fleming
文庫
東京創元社
298ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
007 死ぬのは奴らだ 復刻版: LIVE AND LET DIE (ビッグコミックススペシャル)
さいとう・ たかを
コミック
小学館
302ページ
著者の詳細

イアン・フレミング

イアン・ランカスター・フレミング(Ian Lancaster Fleming、1908年5月28日 - 1964年8月12日)は、イギリス・ウェストミンスター・メイフェア生まれの軍人、冒険小説家。

プロフィール

軍歴及びジャーナリスト

ウェストミンスター・メイフェアで政治家の息子として生まれる。陸軍士官学校卒業後、銀行や問屋での勤務を経て、大手通信社のロイター通信で勤務し、後に支局長としてソビエト連邦のモスクワに赴任。

1939年から英海軍情報部(NID)に勤務。同年にイギリスも参戦した第二次世界大戦中は諜報員として活動し、「ゴールデンアイ作戦」などの指揮を執った。1945年の終戦後退役する。

作家

その後、ジャマイカの別荘「ゴールデンアイ」に居住。1953年に、それまでの経験をもとに「ジェームズ・ボンド」シリーズ第1作となる長編『カジノ・ロワイヤル』を発表する。1964年、遺作となった『黄金の銃をもつ男』を校正中に心臓麻痺で死去(56歳)。

007シリーズ

映画からは窺えないが、著作(007シリーズ)内では食事シーンが実に克明に描かれており、フレミング本人も大変な美食家であったと伝えられている。そのためか、主人公のジェームズ・ボンドも不健康という設定であるが、フレミングもまた早い段階から心臓血管の疾患をかかえて生活しており、映画化された自分の作品は、映画における第2作『007 ロシアより愛をこめて』までしか目にすることができなかった。

1990年にイアン・フレミング自身を題材にした映画『スパイメーカー』が公開された。監督はフェルディナンド・フェアファックス、主演はジェイソン・コネリー(ショーン・コネリーの息子)。ただしこの作品の趣旨は「ヤング・ジェームズ・ボンド」とでも呼ぶべき、ボンドとフレミングを同一視したうえでその若い時代を描くという娯楽フィクションで、伝記ものではない。実際のフレミングは確かに海外情報部勤務であったがデスクワークが主体であり、任務を帯びて敵地に潜入する立場にはなかった。

2014年にフレミングの諜報員時代がBBCの製作で全4話のテレビミニシリーズ『ジェームズ・ボンドを夢見た男』として映像化され、日本ではWOWOWで放送された。

プライベート

妻は元ロザミア子爵夫人アン(旧姓チャータリス、1981年没、フレミングとは3回目の結婚)。息子はカスパー(1975年没)。従兄弟には『吸血鬼ドラキュラ』などに出演した俳優のクリストファー・リーがいる(リーは、映画『007 黄金銃を持つ男』で敵役であるスカラマンガを演じた)。また、『チャーリーとチョコレート工場』などの同じくイギリスの作家ロアルド・ダールと親交があり、ダールは『007は二度死ぬ』映画版の脚本を書いた。

著作リスト

長編

  • 「ジェームズ・ボンド」シリーズ
    • 『カジノ・ロワイヤル』Casino Royale (You Asked for It)(1953)(東京創元社)
    • 『死ぬのは奴らだ』Live and Let Die (1954)(早川書房)
    • 『ムーンレイカー』Moonraker (Too Hot to Handle)(1955)(東京創元社)
    • 『ダイヤモンドは永遠に』Diamonds are Forever (1956)(東京創元社)
    • 『ロシアから愛をこめて』From Russia, With Love (1957)(東京創元社)
    • 『ドクター・ノオ』 Doctor No (1958)(早川書房)
    • 『ゴールドフィンガー』Goldfinger (1959)(早川書房)
    • 『サンダーボール作戦』Thunderball (1961)(早川書房)
    • 『わたしを愛したスパイ』The Spy Who Loved Me (1962)(早川書房)
    • 『女王陛下の007』On Her Majesty's Secret Service (1963)(早川書房)
    • 『007は二度死ぬ』You Only Live Twice (1964)(早川書房)
    • 『007号/黄金の銃をもつ男』The Man with the Golden Gun (1965)(早川書房)
  • 『チキ・チキ・バン・バン(空とぶ自動車)』Chitty-Chitty-Bang-Bang (1964)

短編集

  • 『007号の冒険』 For Your Eyes Only: Five Secret Occasions in the Life of James Bond (1960)(東京創元社)
    新版では「バラと拳銃」と改題、その後また「薔薇と拳銃」と改題
    • 「バラと拳銃」From a View To A KIll
    • 「読後焼却すべし」For Your Eyes Only
    • 「ナッソーの夜」Quantum of Solace
    • 「危険」Risico
    • 「珍魚ヒルデブランド」The Hildebrand Rarity
  • 『007号/ベルリン脱出』 Octopussy and the Living Daylights (1966)(早川書房)
    新版では「オクトパシー」と改題
    • 「007号の追求」Octopussy
    新版では「オクトパシー」と改題
    • 「007号の商略」Property of A Lady
    新版では「所有者はある女性」と改題
    • 「007号/ベルリン脱出」The Living Daylights
    新版では「ベルリン脱出」と改題

ノンフィクション

  • 『ダイヤモンド密輸作戦』 The Diamond Smugglers (1957)
  • 『007号/世界を行く』Thrilling Cities (1963)
  • 『続007号/世界を行く』Thrilling Cities (1963)

関連項目

  • ヒューゴ・チャータリス、第11代ウェメス伯爵 - 妻のアン・チャータリスの祖父
  • リオ・チント・ジンク - 鉱山企業グループ、アン夫人の従兄弟が重役
  • ロスチャイルド家 - ユダヤ財閥の名門、アン夫人のチャータリス家の親戚
  • エズモンド・ハームズワース - アン夫人の前夫

外部リンク

  • Ian Fleming - 公式サイト
  • Ian Fleming - インターネット・ムービー・データベース(英語)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る