Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
日本渡航記―フレガート「パルラダ」号より (岩波文庫)

ゴンチャロフ
井上 満
文庫
岩波書店
404ページ
著者の詳細

イワン・ゴンチャロフ

イワン・アレクサンドロヴィチ・ゴンチャロフ(ロシア語: Иван Aлeксандрович Гончаров, Ivan Alexandrovich Goncharov, 1812年6月18日〔ユリウス暦6月6日〕 - 1891年9月27日〔ユリウス暦9月15日〕)は、ロシアの作家。代表作は小説『オブローモフ』。

1812年にシンビルスク(現在のウリヤノフスク)に生まれる。父親は裕福な穀物商であった。1834年にモスクワ大学を卒業した後、30年間、政府の役人として働いた。

1834年、貴族層と商人層との対立を描いた最初の小説『平凡な話』が出版される。1848年、自然主義的な心理描写『イワン・サヴィチ・ポジャブリン』を発表。1852年から1855年まで、イギリス・アフリカ・日本に旅し(1853年に長崎に来航)、プチャーチン提督の秘書官としてシベリアを経由して帰国。1858年にその紀行文『フリゲート艦パルラダ号』を刊行。(抄訳は『ゴンチャローフ日本渡航記』講談社学術文庫)

1859年、ペテルブルクに暮らす無為徒食の独身貴族、余計者のオブローモフの生涯を描いた小説『オブローモフ』を発表。フョードル・ドストエフスキーに高く評価されるなど、大きな反響を呼び、代表作となった。

1869年、謎の女に恋した3人の男を描いた最後の小説『断崖』を発表。

晩年、多くの短編・批評・随筆などを書いたが、それらの多くは死後1919年に刊行された。

1891年にペテルブルクで肺炎を患い、死去。生涯独身であった。

作品邦訳

  • 断崖 井上満訳 岩波文庫、1949-52 
  • 平凡物語 井上満訳 創元社、1952 のち岩波文庫 
  • オブローモフ
山内封介訳 新潮社、1917
相馬泰三訳 春陽堂、1925 
米川正夫訳 岩波文庫、1948 
木村彰一,灰谷慶三訳 世界文学全集 講談社、1983 
  • 日本旅行記 平岡雅英訳 ロシア問題研究所、1930
日本渡航記 フレガート「パルラダ」号より 井上満訳 岩波文庫、1941
日本渡航記 高野明,島田陽共訳 雄松堂書店 1969 のち講談社学術文庫 
  • 文芸評論集 井上満訳 世界文学社、1948


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る