Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ランボー (1967年) (永遠の作家叢書)

イヴ・ボヌフォワ
阿部 良雄

人文書院
288ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ありそうもないこと―存在の詩学 (^Etre・エートル叢書)

イヴ ボヌフォワ
Yves Bonnefoy
単行本
現代思潮新社
397ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
イヴ・ボヌフォワ詩集 (双書・20世紀の詩人 3)

イヴ・ボヌフォワ
清水 茂
単行本
小沢書店
166ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
現前とイマージュ (ポストモダン叢書)

イヴ・ボヌフォワ
単行本
朝日出版社
カスタマーレビューはありません。

ランボー (1977年)

阿部 良雄

人文書院
269ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
現前とイマージュ (1985年) (ポストモダン叢書〈5〉)

イヴ・ボヌフォワ
阿部 良雄

朝日出版社
109ページ
カスタマーレビューはありません。

ジャコメッティ作品集―彫刻・絵画・オブジェ・デッサン・石版画

イヴ ボヌフォワ
Yves Bonnefoy
大型本
リブロポート
578ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
マラルメの詩学

イヴ ボヌフォワ
Yves Bonnefoy
単行本
筑摩書房
290ページ
カスタマーレビューはありません。

イヴ・ボヌフォワ最新詩集 (世界詩人叢書 (7))

イヴ・ボヌフォワ
清水 茂
単行本
書肆青樹社
166ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
バロックの幻惑―1630年のローマ

イヴ ボヌフォワ
阿部 良雄
単行本
国書刊行会
258ページ
著者の詳細

イヴ・ボヌフォワ

イヴ・ボヌフォワYves Bonnefoy、1923年6月24日 - 2016年7月1日)は、フランスの詩人、エッセイストである。

アンドル=エ=ロワール県トゥール生まれ。ポワティエ大学、パリ大学で学んだ。

マサチューセッツ州ブランダイス大学、メリーランド州ジョンズ・ホプキンス大学、ニュージャージー州プリンストン大学、コネチカット州イェール大学、スイスのジュネーヴ大学、ニース大学、ニューヨーク市立大学、コレージュ・ド・フランスなどで文学の教員を務めた。

受賞歴

  • バルザン賞 1995年(ヨーロッパの美術史、美術批評に対して)
  • ストルガ詩の夕べ 金冠賞 1999年
  • 正岡子規国際俳句賞 大賞 2000年
  • フランツ・カフカ賞 2007年

主な作品

  • 1946年 Traité du pianiste
  • 1953年 Du mouvement et de l'immobilité de Douve
  • 1958年 Hier régnant désert
  • 1962年 Anti-Platon
  • 1965年 Pierre écrite
  • 1971年 L'Arrière-pays
  • 1975年 Dans le leurre du seuil
  • 1977年 Rue Traversière
  • 1978年 Poèmes (1947–1975)
  • 1980年 Entretiens sur la poésie
  • 1987年 Ce qui fut sans lumière
  • 1987年 Récits en rêve
  • 1991年 Début et fin de neige, suivi de Là où retombe la flèche
  • 1993年 La Vie errante, suivi de Une autre époque de l'écriture
  • 1997年 L'Encore Aveugle
  • 1999年 La Pluie d'été
  • 2001年 Le Théâtre des enfants
  • 2001年 Le Cœur-espace
  • 2001年 Les Planches courbes
  • 2008年 La Longue Chaine de l'Ancre

エッセイ

  • Peintures murales de la France gothique (1954年)
  • Dessin, couleur, lumière (1995年)
  • L'Improbable (1959年)
  • Arthur Rimbaud(『ランボー』) (1961年)
  • La Seconde Simplicité (1961年)
  • Un rêve fait à Mantoue (1967年)
  • Rome, 1630 : l'horizon du premier baroque (1970年)
  • L'Ordalie (1975年)
  • Le Nuage rouge (1977年)
  • Trois remarques sur la couleur (1977年)
  • L'Improbable, suivi de Un rêve fait à Mantoue(『ありそうもないこと ― 存在の詩学』) (1980年)
  • La Présence et l'image (1983年)
  • La Vérité sur Parole (1988年)
  • Sur un sculpteur et des peintres (1989年)
  • Entretiens sur la poésie (1972–1990年)
  • Alechinsky, les Traversèes (1992年)
  • Remarques sur le dessin (1993年)
  • Palézieux (1994), Florian Rodari共著
  • La Vérité de parole (1995年)
  • Dessin, couleur et lumière (1999年)
  • La Journée d'Alexandre Hollan (1995年)
  • Théâtre et poésie : Shakespeare et Yeats (1998年)
  • Lieux et destins de l'image (1999年)
  • La Communauté des traducteurs (2000年)
  • Baudelaire : la tentation de l'oubli (2000年)
  • L'Enseignement et l'exemple de Leopardi (2001年)
  • André Breton à l'avant de soi (2001年)
  • Poésie et architecture (2001年)
  • Sous l'horizon du langage (2002年)
  • Remarques sur le regard (2002年)
  • La Hantise du ptyx (2003年)
  • Le Poète et « le flot mouvant des multitudes » (2003年)
  • Le Nom du roi d'Asiné (2003年)
  • L'Arbre au-delà des images, Alexandre Holan (2003年)
  • Goya, Baudelaire et la poésie (インタビュー: en:Jean Starobinski) (2004年)
  • Feuilée, Gérard Titus Carmel共著 (2004年)
  • Le Sommeil de personne (2004年)
  • Assentiments et partages (2004年)
  • Shakespeare & the French Poet (2004年)
  • L'Imaginaire métaphysique (2006年)
  • Goya, les peintures noires (2006年)
  • Ce qui alarma Paul Celan (2007年)
  • La Poésie à voix haute (2007年)
  • Pensées d'étoffe ou d'argile (2010年)
  • Genève, 1993 (2010年)

日本語訳された作品

  • ランボー(改訂版)(阿部良雄訳、人文書院、1977年)
  • 現前とイマージュ(ポストモダン叢書、阿部良雄、兼子正勝共訳、朝日出版社、1985年)
  • イヴ・ボヌフォワ詩集(双書・20世紀の詩人、清水茂訳、小沢書店、1993年)
  • バロックの幻惑―1630年のローマ(阿部良雄監修、島崎ひとみ訳、国書刊行会、1998年)
  • イヴ・ボヌフォワ最新詩集(世界詩人叢書、清水茂訳、書肆青樹社、2000年)
  • 世界神話大事典(金光仁三郎、安藤俊次、大野一道、嶋野俊夫、白井泰隆、持田明子ほか共訳、大修館書店、2001年)
  • ありそうもないこと―存在の詩学(エートル叢書、阿部良雄、松山俊太郎、宮川淳、田中淳一、島崎ひとみ共訳、現代思潮新社、2002年)
  • マラルメの詩学(菅野昭正、阿部良雄共訳、筑摩書房、2003年)

脚注



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る