Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品

カーペンターズ・ゴシック

ウィリアム ギャディス
William Gaddis
単行本
本の友社
331ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
JR
ペーパーバック
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Ágape, Agonia
ペーパーバック
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

ウィリアム・ギャディス

ウィリアム・ギャディス (William Gaddis, 1922年12月29日 - 1998年12月16日)はアメリカ合衆国・ニューヨーク出身の小説家。 JRA Frolic of His Own によって全米図書賞を二度受賞した。

作風はポストモダンと呼ばれることが多いが、モダニズム的な色合いも濃く、デビュー当時はジェイムズ・ジョイスに似ていると評された。トマス・ピンチョンやドン・デリーロなどと並んで、作品はいずれも大部。特に『JR』以後の作品では、ト書きのない脚本のような書き方が顕著で、「誰がしゃべっているのか」、「この人物はどういう人物か」、「今しゃべっている人たちはしゃべりながら何をしているのか」などといった情報は、読者が発話内容から推測しながら読み進めなければならない。また、登場人物の発話も、言いかけて途中でやめたり、言い直したり、他人の話の最中にさえぎったりなどして、非文法的な不完全文が多いが、それによってリアルなせりふとなると同時に、そこにプロット上の仕掛けが施されていたりする。

作品

  • 『認識』(The Recognitions, 1955)
  • 『JR』(JR, 1975)
  • 『カーペンターズ・ゴシック』(翻訳あり 本の友社)(Carpenter's Gothic, 1985)
  • 『自己責任の遊び』(A Frolic of His Own, 1994)
  • 『アガペー、アゲイプ』(Agapē Agape, 2002)

外部リンク

  • ギャディスの作品の注釈を集めたHP


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る