Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
裸のランチ (河出文庫)

ウィリアム・バロウズ
鮎川 信夫
文庫
河出書房
373ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
裸のランチ

ウィリアム バロウズ
単行本
河出書房新社
347ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ノヴァ急報 (サンリオSF文庫)

ウィリアム・S・バロウズ
諏訪 優
文庫
サンリオ
257ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ジャンキー ペンギン・ミューズ・コレクション 原書で楽しむ英米文学シリーズ

ウィリアム・S. バロウズ
斎藤 兆史
単行本
ICGミューズ
189ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ジャンキー (河出文庫)

ウィリアム バロウズ
William S. Burroughs
文庫
河出書房新社
292ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
麻薬書簡 再現版 (河出文庫)

ウィリアム バロウズ
William S. Burroughs
文庫
河出書房新社
224ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
裸のランチ

ウィリアム バロウズ
William Burroughs
単行本
河出書房新社
328ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ソフトマシーン (河出文庫)

ウィリアム・バロウズ
山形 浩生
文庫
河出書房新社
223ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
内なるネコ

ウィリアム バロウズ
William Burroughs
単行本
河出書房新社
112ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ノヴァ急報

W・S・バロウズ
山形 浩生
単行本
ペヨトル工房
184ページ
書籍の詳細

裸のランチ

裸のランチ』(はだかのランチ、英: Naked Lunch)は、1959年に出版されたウィリアム・バロウズの長編小説。また、それを原作として1991年に製作されたイギリス・カナダの合作映画。

ストーリー

本作には明確なあらすじは無く、非線形な物語であるが、それは作家としてバロウズの意図するところのようである。本書中のいくつかのイベントについては要約できる。

冒頭、ウイリアム・リー(リー・ザ・エージェントとも表現されるバロウズの別人格)の冒険が語られる。彼の旅は、アメリカにおいて警察の捜索から逃れるところから始まり、旅の途中で様々なキャラクターが登場する。

日本語訳

  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳 河出書房新社(人間の文学19)1965年
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳 河出書房新社(モダン・クラシックス)1971年
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳 河出書房新社(河出海外小説選16)1978年
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳(補訳山形浩生)河出書房新社 1992年 - 単行本の完全版
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳(補訳山形浩生)河出書房新社(河出文庫)2003年 - 完全版の文庫化

映画

原作を忠実になぞったものではなく、バロウズの作品を元に再構成された、クローネンバーグのオリジナル作品というべきものとなっている。

キャスト

※括弧内は日本語吹替

  • ビル・リー - ピーター・ウェラー(堀勝之祐)
  • ジョーン・フロスト/ジョーン・リー - ジュディ・デイヴィス(一城みゆ希)
  • トム・フロスト - イアン・ホルム(麦人)
  • イヴ・クローケ - ジュリアン・サンズ(仲木隆司)
  • ベンウェイ医師 - ロイ・シャイダー(寺島幹夫)
  • ファデラ - モニーク・メルキューレ(鈴木れい子)
  • ハンク - ニコラス・キャンベル(若本規夫)
  • マーティン - マイケル・ゼルニカー(大滝進矢)
  • ハンス - ロバート・A・シルヴァーマン(青森伸)
  • キキ - ジョセフ・スコーシアニー(堀川りょう)
  • マグワンプ - ピーター・ボレツキー(神山卓三)
  • クラーク・ノヴァ - ピーター・ボレツキー(辻村真人)

関連項目

  • ボストンでは禁止

外部リンク

  • 裸のランチ - allcinema
  • 裸のランチ - KINENOTE
  • Naked Lunch - AllMovie(英語)
  • Naked Lunch - インターネット・ムービー・データベース(英語)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る