Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

書籍の詳細

死の床に横たわりて

死の床に横たわりて (As I lay dying) は、アメリカの作家ウィリアム・フォークナーによる1930年の南部ゴシック小説。著者の5本目の小説作品で、フォークナーは発電所に勤務するかたわら、6週間にわたって午前0時から4時の間のみに執筆し、後から加筆訂正はしなかった。

架空のヨクナパトーファ郡が舞台。病に伏し故郷のジェファーソンに埋葬されたいと願うアディ・バンドレンと、彼女の家族についてを描いている。59章からなる。

文学的手法

章ごとにナレーターが代わり、視点となる人物の名前が各章題となる。前作の『響きと怒り』でも使用したストリーム・オブ・コンシャスネス技法を用いた。フォークナーはストリーム・オブ・コンシャスネスとしてのモノローグとインターナル・モノローグとを区別して、登場人物の一人であるダール・バンドレンがモノローグでのみ知性的なナレーションを展開するように、慣例的にはモノローグの際にナレーターの人物像に合致した話体を取るところをそうせずに、人物像と一致しない言葉遣いでナレーションさせる手法も取った。

他作品との関連

  • 同著者が複数の小説の舞台に設定したヨクナパトーファ郡で物語が展開する。
  • ダール・バンドレンは1935年の短編『Uncle Willy』にも登場する。

注釈




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る