Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
イギリス〈3〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈4〉

ジェイムズ・ジョイス
加藤 光也
単行本
集英社
1261ページ
カスタマーレビューはありません。

ブルジョワ・ボヘミアンたち〈上巻〉 (1966年) (現代の芸術双書〈16〉)

ウィンダム・ルイス
飯田 隆昭

思潮社
197ページ
カスタマーレビューはありません。

ブルジョワ・ボヘミアンたち〈下巻〉 (1966年) (現代の芸術双書〈18〉)

ウィンダム・ルイス
飯田 隆昭

思潮社
203ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

パーシー・ウインダム・ルイス

パーシー・ウインダム・ルイス(Percy Wyndham Lewis, 1882年11月18日 - 1957年3月7日)は、イギリスの画家。

カナダ、ノバスコシア州に生まれ、のちロンドンに移り、ロンドンに没する。

1910年代には、ヴォーティシズムの中心の1人として活躍。「ブラスト」の編集長も務めた。

その後、1920年代には具象絵画に向かった。これは、ヴォーティシズムに残る強い具象性を象徴する事実といえる。のち、肖像画家となった。

また、絵画以外に、小説も書いた。

1956年のテートギャラリーの展覧会「Wyndham Lewis and the Vorticists」では、タイトルからもわかるとおり、ヴォーティシズムにおけるウィンダム・ルイスの位置づけがかなり強調されている。

代表作

  • Workshop, circa 1914-5 [1]
  • Vorticist Composition, 1915 [2]
  • The Crowd, exhibited 1915 [3]
  • Nigel Tangye, 1946 [4]

日本における展覧会

日本において、パーシー・ウインダム・ルイスがまとまって紹介された展覧会は、2010年現在開催されていない。

外部リンク

  • Tate Collection Wyndham Lewis(テイト・ギャラリーによる紹介。複数の所蔵作品図版のほか、「Grove Art Online」を基にしたバイオグラフィーの紹介もある。)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る