Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
イギリス〈3〉/集英社ギャラリー「世界の文学」〈4〉

ジェイムズ・ジョイス
加藤 光也
単行本
集英社
1261ページ
カスタマーレビューはありません。

ブルジョワ・ボヘミアンたち〈上巻〉 (1966年) (現代の芸術双書〈16〉)

ウィンダム・ルイス
飯田 隆昭

思潮社
197ページ
¥ 648
カスタマーレビューはありません。

ブルジョワ・ボヘミアンたち〈下巻〉 (1966年) (現代の芸術双書〈18〉)

ウィンダム・ルイス
飯田 隆昭

思潮社
203ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

パーシー・ウインダム・ルイス

パーシー・ウインダム・ルイス(Percy Wyndham Lewis, 1882年11月18日 - 1957年3月7日)は、イギリスの画家。

カナダ、ノバスコシア州に生まれ、のちロンドンに移り、ロンドンに没する。

1910年代には、ヴォーティシズムの中心の1人として活躍。「ブラスト」の編集長も務めた。

その後、1920年代には具象絵画に向かった。これは、ヴォーティシズムに残る強い具象性を象徴する事実といえる。のち、肖像画家となった。

また、絵画以外に、小説も書いた。

1956年のテートギャラリーの展覧会「Wyndham Lewis and the Vorticists」では、タイトルからもわかるとおり、ヴォーティシズムにおけるウィンダム・ルイスの位置づけがかなり強調されている。

代表作

  • Workshop, circa 1914-5 [1]
  • Vorticist Composition, 1915 [2]
  • The Crowd, exhibited 1915 [3]
  • Nigel Tangye, 1946 [4]

日本における展覧会

日本において、パーシー・ウインダム・ルイスがまとまって紹介された展覧会は、2010年現在開催されていない。

外部リンク

  • Tate Collection Wyndham Lewis(テイト・ギャラリーによる紹介。複数の所蔵作品図版のほか、「Grove Art Online」を基にしたバイオグラフィーの紹介もある。)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る