Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
第二次世界大戦事典

エリザベス・アン ホイール
石川 好美
単行本
朝日ソノラマ
701ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
スピリチュアルケア―看護のための理論・研究・実践

エリザベス・ジョンストン テイラー
Elizabeth Johnston Taylor
単行本
医学書院
279ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
クレアモントホテル (集英社文庫)

エリザベス・テイラー
最所 篤子
文庫
集英社
287ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
エンジェル

エリザベス テイラー
Elizabeth Taylor
単行本
白水社
365ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
エンジェル (ランダムハウス講談社文庫)

エリザベス テイラー
最所篤子
文庫
武田ランダムハウスジャパン
448ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
エリザベス・テイラーの挑戦―私が太った理由、痩せた方法 (新潮文庫)

エリザベス テイラー
平岡 緑
文庫
新潮社
371ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
グレイ猫の本 (リトルブック・ライブラリー―My Catシリーズ)

エリザベス マーティン
Elizabeth Martyn
単行本
同朋舎出版
61ページ
¥ 1,258
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ぶち猫の本 (リトルブック・ライブラリー―My Catシリーズ)

デビッド テイラー
David Taylor
単行本
同朋舎出版
61ページ
¥ 1,258
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ペルシャ猫の本 (リトルブック・ライブラリー―My Catシリーズ)

エリザベス マーティン
Elizabeth Martyn
単行本
同朋舎出版
61ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
茶とら猫の本 (リトルブック・ライブラリー―My Catシリーズ)

デビッド テイラー
David Taylor
単行本
同朋舎出版
61ページ
カスタマーレビューはありません。
書籍の詳細

Angel (novel)

Angel is a novel by the English novelist Elizabeth Taylor first published in 1957.

It tells the life story of Angelica ("Angel") Deverell from her adolescence and first attempts at writing, through the course of her career as a successful writer of sensational romances, into her decline, old age and death. Although she finds fame and wealth and marries the love of her life, Angel is condemned to a life of isolation and disappointment: critics regard her work as absurd and her closest relationships—with her publisher, her husband, and her sister-in-law—are doomed by the inability of others to conform to her unrealistic view of life. Although Angel is in the main portrayed as a grotesque eccentric, she is frequently made to seem pathetic, if not tragic.

Angel is a fictional representation of the kind of temporarily popular writer of romances such as Marie Corelli, Ouida, or Ethel M. Dell. Matthew Walther argues that "the book is not really a roman à clef so much as it is a kind of horrifying anti-memoir, Taylor’s sounding of her own experience and dredging up her worst fears as a young female writer: mawkishness, philistinism, naïveté, stupidity, solipsism."

Angel was reprinted by Virago Press in 1984 with a new introduction by Paul Bailey.

In 2007, Angel was turned into a movie by French director François Ozon.

Angel was the February 2012 Classics Book Club Selection at The New York Review of Books. It was published in the NYRB Classics series on February 14, 2012, with an introduction by Hilary Mantel.

Notes

External links and further reading

  • New York Times book review


From Wikipedia, the free encyclopedia

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る