Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
パリの家

エリザベス・ボウエン
太田 良子
単行本
晶文社
384ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
あの薔薇を見てよ―ボウエン・ミステリー短編集 (MINERVA世界文学選)

エリザベス ボウエン
Elizabeth Bowen
単行本
ミネルヴァ書房
337ページ

猫は跳ぶ―イギリス怪奇傑作集 (福武文庫)

エリザベス ボウエン
橋本 槙矩
文庫
福武書店
238ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ローマ歴史散歩

篠田 綾子
単行本
晶文社
261ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
愛の世界―ボウエン・コレクション

エリザベス ボウエン
Elizabeth Bowen
単行本
国書刊行会
292ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
最後の九月

エリザベス・ボウエン
太田 良子
単行本
而立書房
384ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
エリザベス・ボウエンを読む
エリザベスボウエン研究会
単行本
音羽書房鶴見書店
424ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
心の死

エリザベス・ボウエン
太田 良子
単行本
晶文社
520ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
幸せな秋の野原―ボウエン・ミステリー短編集〈2〉 (MINERVA世界文学選)

エリザベス ボウエン
Elizabeth Bowen
単行本
ミネルヴァ書房
337ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
日ざかり

エリザベス・ボウエン
太田 良子
単行本
晶文社
480ページ
著者の詳細

エリザベス・ボウエン

エリザベス・ボウエンボーエンとも表記、女性、英:Elizabeth Dorothea Cole Bowen、1899年6月7日 - 1973年2月22日)は、アイルランド出身の小説家。

人物

アイルランドの首都ダブリンに生まれる。生家は南部コーク州キルドラリーの近くにあり、アングロ・アイリッシュ(英国系アイルランド人)の地主階級で父は法廷弁護士だった。13歳で母を亡くし、イングランド・ケント州で教育を受けた。1923年にアラン・チャールズ・カメロンと結婚した。1930年に父の死去により遺産を相続した。

ジェーン・オースティン、ヘンリー・ジェイムズを尊敬し、20代から現代的な感受性と繊細かつ知的な作風で、コスモポリタンな心理小説を書いた。短編の名人として著名で約90篇の短編小説と長編小説11篇がある。最後の長編『エヴァ・トラウト』は1970年度のブッカー賞候補になった。

1935年以降、夫アランが亡くなる寸前の1952年まで大戦をはさみロンドンに在住。ヴァージニア・ウルフが主宰した「ブルームズベリー・グループ」と交流があり、後を継ぐ形で知識人サロンを持った。1948年に大英帝国勲章(CBE)を受勲し、1969年にジェイムズ・テイト・ブラック記念賞(文学部門)を受賞した。晩年はケント州ハイスに在住。肺ガンによりロンドンで死去した。墓地は生家の村に建っている。

著書

長編小説

  • The Hotel (1927)
  • The Last September (1929)
  • Friends and Relations (1931)
  • To the North (1932)
  • The House in Paris (1935)
  • The Death of the Heart (1939)
  • The Heat of the Day (1949)
  • A World of Love (1955)
  • The Little Girls (1964)
  • The Good Tiger (1965)
  • Eva Trout (1968)

短編作品集

  • Encounters (1923)
  • Joining Charles and Other Stories (1929)
  • The Cat Jumps and Other Stories (1934)
  • The Easter Egg Party (1938)
  • Look At All Those Roses (1941)
  • The Demon Lover and Other Stories (1945)
  • Stories by Elizabeth Bowen (1959)
  • A Day in the Dark and Other Stories (1965)
  • The Collected Stories of Elizabeth Bowen (1980)
  • Elizabeth Bowen’s Irish Stories (1978)

ノンフィクション

  • Bowen's Court (1942)
  • Seven Winters: Memories of a Dublin Childhood (1942)
  • English Novelists (1942)
  • Anthony Trollope: A New Judgement (1946)
  • Collected Impressions (1950)
  • The Shelbourne (1951)
  • A Time in Rome (1960)
  • Afterthought: Pieces About Writing (1962)

日本語訳

「ボウエン・コレクション」全3巻(長篇)、太田良子訳、国書刊行会
  • 『リトル・ガールズ The Little Girls』 2008年
  • 『エヴァ・トラウト Eva Trout』 2008年
  • 『愛の世界 A World of Love』 2009年
「ボウエン・ミステリー短編集」全2巻、太田良子訳、ミネルヴァ書房 
  • 『あの薔薇を見てよ』全20篇 2004年。 Look At All Those Roses
  • 『幸せな秋の野原』全13篇 2005年
その他
  • 『ボウエン幻想短篇集』 太田良子訳、国書刊行会、2012年
  • 『パリの家』 太田良子訳、晶文社、2014年。The House in Paris
  • 『日ざかり』 大田良子訳、晶文社、2015年。The Heat of the Day
  • 『心の死』 大田良子訳、晶文社、2015年。The Death of the Heart
  • 『最後の九月』 太田良子訳、而立書房、2016年。The Last September 
「ノンフィクション」
  • 『ローマ歴史散歩 A Time in Rome』篠田綾子訳、晶文社、1991年、オンデマンド版2007年
〈絶版〉の作品集
  • 『パリの家』阿部知二、阿部良雄訳、集英社文庫、1977年
初刊・集英社<世界文学全集・20世紀の文学15>、1967年
  • 『最後の夜、リンゴの木 他6篇』松村達雄、土井治訳、英宝社、1957年
  • 『日ざかり』吉田健一訳、新潮社、1952年
「短編作品集」(1~2篇を所収)
  • 『怪奇小説の世紀 第1巻』西崎憲編訳 国書刊行会、1992年
「陽気なる魂」
  • 『怪談の悦び』南条竹則編訳 創元推理文庫、1992年
「魔性の夫」
  • 『現代アイルランド短編集』 あぽろん社 井勢健三訳、1993年
「ラッパズイセン・暗い一日」
  • 『20世紀イギリス短篇選 上』小野寺健編訳 岩波文庫、1987年
「幽鬼の恋人」
  • 『猫は跳ぶ イギリス怪奇傑作集』橋本槙矩訳 福武文庫、1990年
「猫は跳ぶ」

作品研究

  • 山根木加名子『エリザベス・ボウエン研究』(旺史社、1991年)
  • 『エリザベス・ボウエンを読む』(音羽書房鶴見書店、2016年)。エリザベス・ボウエン研究会編


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る