Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
オウィディウス 変身物語〈上〉 (岩波文庫)

オウィディウス
Publius Ovidius Naso
文庫
岩波書店
366ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
オウィディウス 変身物語〈下〉 (岩波文庫)

オウィディウス
Publius Ovidius Naso
文庫
岩波書店
371ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
変身物語〈下〉 (1984年) (岩波文庫)

オウィディウス
中村 善也
文庫
岩波書店
371ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
変身物語 全2巻セット (岩波文庫)

オウィディウス 中村善也:訳
文庫
岩波書店
カスタマーレビューはありません。
書籍の詳細

変身物語

変身物語』(へんしんものがたり、ラテン語: Metamorphoses)は、古代ローマの詩人オウィディウスによるラテン文学の名作。神話原典のひとつである。『転身物語』(てんしんものがたり)や、原題のまま『メタモルポーセース』などとも呼ばれる。

概要

15巻で構成されており、ギリシア・ローマ神話の登場人物たちが様々なもの(動物、植物、鉱物、更には星座や神など)に変身してゆくエピソードを集めた物語となっている。

中世文学やシェイクスピア、そしてグリム童話にも大きな影響を与えた。ナルシストの語源ともなった、ナルキッソスが呪いにより自己愛に目覚め、やがてスイセンになる話、そのナルキッソスを愛するエコーが木霊になる話、蝋で固めた翼で空を飛んだイカロスが墜落死する話、アポローンに愛されるもゼピュロスの嫉妬によりアポローンの投げた円盤に当たって死んでしまうヒュアキントスがヒヤシンスの花になる話など、有名なエピソードも本作に収められている。

日本語訳

  • Publius Ovidius Naso 『転身物語』 田中秀央・前田敬作訳、人文書院、1966年
    • オウィディウス 『転身物語』 田中秀央・前田敬作訳、人文書院、1984年6月、2版。ISBN 4-409-14009-4。
  • オウィディウス 『変身物語』上、中村善也訳、岩波書店〈岩波文庫 赤120-1〉、1981年9月。ISBN 4-00-321201-0。
  • オウィディウス 『変身物語』下、中村善也訳、岩波書店〈岩波文庫 赤120-2〉、1984年2月。ISBN 4-00-321202-9。
    • オウィディウス 『変身物語』上、中村善也訳、岩波書店〈ワイド版岩波文庫 313〉、2009年9月。ISBN 978-4-00-007313-4。
    • オウィディウス 『変身物語』下、中村善也訳、岩波書店〈ワイド版岩波文庫 314〉、2009年9月。ISBN 978-4-00-007314-1。
  • 鈴木利久 『『変身物語』を読む 羅英対訳詳註』1、溪水社、2001年8月。ISBN 4-87440-666-1。
  • 鈴木利久 『『変身物語』を読む 羅英対訳詳註』2、溪水社、2006年2月。ISBN 4-87440-906-7。
  • 鈴木利久 『『変身物語』を読む 羅英対訳詳註』3、溪水社、2007年2月。ISBN 978-4-87440-964-0。
  • 鈴木利久 『『変身物語』を読む 羅英対訳詳註』4、溪水社、2008年2月。ISBN 978-4-86327-007-7。
  • 抜粋訳で、松本克己訳『転身譜』が『世界文学全集 第2 ギリシャ神話』 筑摩書房、1969年に所収。

関連項目

  • ギリシア神話
  • ローマ神話
  • ギリシア神話を題材とした文学作品一覧
  • 変身譚
  • 変身物語集 - アントーニーヌス・リーベラーリスの著作。原題は本作と同じ。
  • アポロンの泉水 - ヴェルサイユ宮殿の噴水の1つ。当物語を題材にしている。

外部リンク

  • 「転身物語」(田中・前田氏訳デジタル版購入サイト)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る