Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
パスクアル・ドゥアルテの家族

カミロ・ホセ セラ
有本 紀明
単行本
講談社
233ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
二人の死者のためのマズルカ

カミロ・ホセ セラ
Camilo Jos´e Cela
単行本
講談社
395ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ラサリーリョ・デ・トルメスの新しい遍歴

カミロ・ホセ セラ
Camilo Jose Cela
単行本
講談社
213ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンダルシア紀行

カミロ・ホセ セラ
Cam´ilo Jos´e Cela
単行本
彩流社
419ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
サッカーと11の寓話

カミロ・ホセ セラ
Camilo Jos´e Cela
単行本
朝日新聞社
126ページ
カスタマーレビューはありません。

蜂の巣

カミロ・ホセ セラ
会田 由
単行本
白水社
401ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ラ・アルカリアへの旅

カミロ・ホセ セラ
有本 紀明
単行本
講談社
248ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Viaje A LA Alcarria

Camilo Jose Cela
ペーパーバック
Imprint unknown
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Geschichten ohne Liebe.

Camilo Jose Cela
Perfect
Harenberg Kalender
150ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Pascual Duartes Familie. Roman.

Camilo Jose Cela
ペーパーバック
Piper Verlag GmbH
157ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

カミーロ・ホセ・セラ

カミーロ・ホセ・セラ・トルロックCamilo José Cela Trulock、1916年5月11日 - 2002年1月17日)は、スペイン・ガリシア地方のア・コルーニャ県パドロン出身の著作家。カミロ、セーラの表記もある。ノーベル文学賞受賞者。

略歴

父は地方新聞社を経営し、税関の役人でもあったスペイン人で、母はアイルランド人。

マドリード大学で、医学、法学、哲学を学ぶ。フランシスコ・フランコ独裁政権時代には、発禁処分を受けた若い作家たちに発表の場を与えた。

  • 1942年、初の小説「パスクアル・ドゥアルテの家族」を発表するも発禁処分となる。
  • 1957年、スペイン王立アカデミーの会員となる。
  • 1977年、上院議員に任命され、新憲法の起草を担当する。
  • 1984年、「二人の死者のためのマズルカ」でスペイン国民文学賞を受賞。
  • 1989年、「パスクアル・ドゥアルテの家族」「二人の死者のためのマズルカ」でノーベル文学賞を受賞。
  • 1996年、セルバンテス賞を受賞。長年にわたる文学活動に対する功績によって国王よりイリア・フラビア侯爵位(Marquesado de Iria Flavia)を授与される。
  • 1999年、関西外国語大学より名誉博士号を授与される。

著作

  • 「蜂の巣」会田由,野々山真輝帆訳 白水社 1989.11.
  • 「パスクアル・ドゥアルテの家族」有本紀明訳 講談社 1989.12.
  • 「ラ・アルカリアへの旅」有本紀明訳 講談社 1991.6.
  • 「ラサリーリョ・デ・トルメスの新しい遍歴」有本紀明訳 講談社 1992.8.
  • 「ピレネー紀行」日比野和幸,野々山真輝帆 監訳 彩流社 1993.11.
  • 「サッカーと11の寓話」野谷文昭,星野智幸訳 朝日新聞社 1997.5.
  • 「二人の死者のためのマズルカ」有本紀明訳 講談社 1998.2.
  • 「アンダルシア紀行」日比野和幸,野々山真輝帆監訳 彩流社 1999.12.
  • 「遠足」大久保光夫訳(『世界短編名作選スペイン編』新日本出版社,1978 に収録)
  • 「お祭り」(La romería、『世界短篇文学全集〔9〕南欧文学近代』集英社に収録)

関連項目

  • 堀越千秋

外部リンク

  • BBC obituary
  • Biography of Camilo José Cela
  • カミーロ・ホセ・セラ - Find a Grave
  • The Nobel Foundation has a site on him, including speeches, biography and bibliography.


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る