Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

書籍の詳細

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』(God Bless You, Mr. Rosewater)はアメリカの作家カート・ヴォネガット・ジュニアによる1965年の長編小説。富の不平等やヒューマニズムをテーマとしており、ヴォネガットの後の作品にも登場するSF作家キルゴア・トラウトが初めて登場した作品でもある。

あらすじ

ローズウォーター家の莫大な財産を元に設立された慈善財団ローズウォーター財団の初代総裁エリオット・ローズウォーターは、恵まれない貧しい人々を救うため、インディアナ州のローズウォーター郡で人々を救おうと奔走するが、周囲の人々には理解されず「キじるし」と称されている。

一方、弁護士のノーマン・ムシャリは、エリオットのいとこである一般的な庶民のフレッド・ローズウォーターと接触し、エリオットが精神異常であることを証明して、フレッドに財団を継がせ、自身もそのおこぼれに与ろうと画策する。

出典

  • カート・ヴォネガット・ジュニア『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを : または、豚に真珠』浅倉久志訳、早川書房、1977年
  • カート・ヴォネガット・ジュニア『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』浅倉久志訳、ハヤカワSF文庫、1982年

註釈



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る