Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
世界の素描 1000の偉業

ヴィクトリア・チャールズ
籾山昌夫
単行本
二玄社
544ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
人類最期の日々[普及版](上)

カール・クラウス
池内 紀
単行本(ソフトカバー)
法政大学出版局
444ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
チェリビダッケとフルトヴェングラー

クラウス ラング
斎藤 純一郎
単行本
音楽之友社
380ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
人類最期の日々[普及版](下)

カール クラウス
Karl Kraus
単行本
法政大学出版局
371ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
世界の肖像 1000の偉業

ヴィクトリア・チャールズ
籾山昌夫
単行本
二玄社
543ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
モラルと犯罪 (叢書・ウニベルシタス)

小松太郎
単行本
法政大学出版局
209ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
カール・クラウス著作集 (7・8)

カール・クラウス
単行本
法政大学出版局
796ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
異端のマエストロ チェリビダッケ

クラウス ウムバッハ
Klaus Umbach
単行本
音楽之友社
326ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
カール・クラウス著作集 9・10 人類最期の日々(上・下合巻)

カール・クラウス
単行本
法政大学出版局
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
症例で学ぶ小動物の創外固定

カール・H.クラウス
藤木 誠
単行本
インターズー
240ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

カール・クラウス (作家)

カール・クラウス(Karl Kraus, 1874年4月28日 ボヘミア・ギッチン Gitschin(チェコ・イチーン Jičín) - 1936年6月12日)はオーストリアの作家・ジャーナリスト。モラヴィア出身のユダヤ人。ウィーン世紀末文化の代表者。

1899年、闘争的な評論雑誌「Die Fackel (火(「炬火」とも))」を創刊、編集を行う。同誌は1912年以降はクラウスの個人誌となり、彼が亡くなる1936年まで中断を挟みつつも刊行が続けられた。権力や社会、文化に対する辛辣な批判と笑いによって、当時のウィーンに大きなインパクトを与えたとされる。

風刺的な時代批判を含む詩・随筆などは、厭世観を示すともいわれる。1922年刊行の戯曲『人類最後の日々』は、第一次大戦をドキュメンタリー風に再現したもので、現代政治・寓話劇の先駆的作品の一つとなった。

主な作品

  • 1909年 Sprüche und Widersprüche (詩)
  • 1916年-1925年 Worte in Versen (詩)
  • 1922年 Die letzten Tage der Menschheit (戯曲)
  • 1924年 Traumtheater (戯曲)

日本語訳

  • 『著作集』(未完結)
    • 『カール・クラウス著作集 5 アフォリズム』(池内紀 編訳、法政大学出版局、1978年)、ISBN 4-588-12065-4
    • 『カール・クラウス著作集 6 第三のワルプルギスの夜』(佐藤康彦 他訳、1976年、法政大学出版局)、ISBN 4-588-12066-2
    • 『カール・クラウス著作集 7・8 言葉』(武田昌一 他訳、法政大学出版局、1993年3月)、ISBN 4-588-12067-0
    • 『カール・クラウス著作集 9 人類最後の日々(上)』(池内紀 訳、法政大学出版局、1971年)、普及版2016年、ISBN 4-588-49034-6
    • 『カール・クラウス著作集 10 人類最後の日々(下)』(池内紀 訳、法政大学出版局、1971年)、普及版2016年、ISBN 4-588-49035-4
  • 『モラルと犯罪』(小松太郎訳、法政大学出版局〈叢書ウニベルシタス〉、1970年)、ISBN 4-588-00016-0
  • 『黒魔術による世界の没落』(山口裕之、河野英二訳、現代思潮新社〈エートル叢書〉、2008年)、ISBN 4-329-01018-6

関連文献

  • 池内紀 『闇にひとつ炬火あり―ことばの狩人カール・クラウス』(筑摩書房〈水星文庫〉、1985年/講談社学術文庫、2015年)、ISBN 4-06-292331-9
  • 高橋義彦 『カール・クラウスと危機のオーストリア―世紀末・世界大戦・ファシズム』(慶應義塾大学出版会、2016年)、ISBN 4-7664-2331-3
  • 山口裕之 『ベンヤミンのアレゴリー的思考』(人文書院、2003年)、ISBN 4-409-04058-8
    • 第3部 「純化」の思考へ―「カール・クラウス」における思考の展開(批評家ベンヤミンとカール・クラウス)

関連項目

  • 世紀末ウィーン
  • アドルフ・ロース
  • ヴァルター・ベンヤミン

外部リンク

  • Wikiquotes of Karl Kraus★
  • The Life and Work of Karl Kraus


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る