Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品

地獄の新地図

キングズリイ・エイミス
山高 昭
単行本
早川書房
197ページ
カスタマーレビューはありません。

リヴァーサイドの殺人 (Hayakawa novels)

キングズリイ・エイミス
小倉 多加志
単行本
早川書房
204ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

キングズリー・エイミス

キングズリー・エイミスKingsley Amis, CBE、1922年4月16日 - 1995年10月22日)はイギリスの小説家、評論家。 息子のマーティン・エイミスも小説家。

1950年代のイギリスの「怒れる若者たち」と呼ばれる作家たちの一人。

略歴

1922年、イギリスロンドンに生まれる。詩人としてデビューしたが、のちに小説家に転じた。1949年から1967年までスウォンジ大学で英語の教鞭を執った。

ミステリー、SFも愛好し、SF評論『地獄の新地図』や、ジェームズ・ボンドの伝記「ジェイムズ・ボンド伝」を執筆した。

また、ロバート・マーカム名義で、新007シリーズも執筆している。

受賞歴

  • サマセット・モーム賞 (1955年)(Lucky Jim(『ラッキー・ジム』)に対して)
  • ジョン・W・キャンベル記念賞 (1977年)(The Alteration(『去勢』)に対して)
  • ブッカー賞 (1986年) (The Old Davilsに対して)

作品


日本語訳された作品

  • 『ラッキー・ジム』、福田陸太郎訳、三笠書房、1954年 
  • 『007号/ジェイムズ・ボンド白書』、永井淳訳、早川書房、1966年
  • 『グリーン・マン』(ハヤカワ・ノヴェルズ)、小倉多加志訳、早川書房、1974年
  • 『リヴァーサイドの殺人』(ハヤカワ・ノヴェルズ)、小倉多加志訳、早川書房、1977年
  • 『地獄の新地図』、山高昭訳、早川書房、1979年
  • 『ジェイク先生の性的冒険』、林節雄訳、講談社、1983年
  • 『去勢』サンリオSF文庫、橋本宏訳、サンリオ、1983年
  • 『酒について』、吉行淳之介、林節雄訳、講談社、1985年
  • 『エヴリデイ・ドリンキング』、山本博訳、講談社、1985年
  • 『洋酒雑学百科Q&A』、山本博訳、講談社、1986年

関連項目

  • ジョン・W・キャンベル記念賞
  • ブッカー賞
  • コリン・ウィルソン


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る