Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
恋の終わりは、いつも同じだけれど…。 (読書がたのしくなる世界の文学)

オー ヘンリー
単行本
くもん出版
157ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
モーパッサン短篇集 (ちくま文庫)

ギ・ド モーパッサン
Guy de Maupassant
文庫
筑摩書房
301ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
女の一生 (岩波文庫 赤 550-2)

モーパッサン
杉 捷夫
文庫
岩波書店
348ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
『モーパッサン作品集・10作品⇒1冊』

ギ・ド・モーパッサン
Kindle版
モーパッサン作品集・出版委員会
77ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
モーパッサン怪奇傑作集 (福武文庫)

ギ・ド モーパッサン
榊原 晃三
文庫
福武書店
218ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
脂肪の塊・テリエ楼

ギ・ド・モーパッサン
木村庄三郎
Kindle版
グーテンベルク21
89ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
モーパッサン短編集

ギ・ド・モーパッサン
辻 潤
Kindle版
古典教養文庫
93ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
モーパッサン―首飾り (世界名作ショートストーリー)

ギ・ド モーパッサン
Maupassant
単行本
理論社
181ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
国木田独歩作品集: 全45作品を収録 (青猫出版)

国木田独歩
Kindle版
青猫出版
639ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
辻潤作品集: 全15作品を収録 (青猫出版)

辻 潤
Kindle版
青猫出版
89ページ
カスタマーレビューはありません。
書籍の詳細

ベラミ

ベラミ(Bel-Ami)は、ギ・ド・モーパッサンの小説。1885年初版。タイトルのBel-Amiは"美しい男友達"の意である。

美貌の青年:ジョルジュ・デュロアが、女性たちを利用して栄達する姿を描く。自然主義文学の典型例とされる。

あらすじ

軍隊から除隊し、アフリカからパリに戻ったデュロアは、職もなく困窮していた。再会した戦友、フォレスティエの紹介で新聞社の記者となるが、エッセイ記事が書けず、フォレスティエの妻、マドレーヌに代筆させる。

デュロアは記者の立場と美貌を武器に上流階級の夫人たちに取り入り、マドレーヌの友人であるド・マレル夫人、勤務する新聞社の社長夫人であるヴァルテール夫人を次々と愛人にして利用していく。フォレスティエの死後、マドレーヌを妻とするが、彼女の財産を奪ったうえ、さらに上昇するために、彼女の不貞を理由に離婚する。最後は、愛人ヴァルテール夫人の娘であり、新聞社の社長令嬢であるシュザンヌと再婚する。

登場人物

  • ジョルジュ・デュロア - 農家の息子で類稀な美青年。軍隊を退役し、ひと旗あげようとパリにやってくるが、とりたてて才能もなく、コネもなく、しがない鉄道員として働いているときに、元戦友と出会い、その紹介で新聞社に職を得、美貌を武器に女たちを踏み台にして出世していく。
  • シャルル・フォレスティエ - 主人公デュロアの元戦友。新聞社勤務。デュロアに職を手配する。
  • マドレーヌ・フォレスティエ - シャルル・フォレスティエの妻。夫の死後、デュロアと結婚する。
  • クロティルド・ド・マレル - マドレーヌの友人。デュロアと恋仲になる。
  • ヴィルジニー・ヴァルテール - 新聞社の社主の妻。デュロアと不倫。
  • シュザンヌ・ヴァルテール - 新聞社の社主の娘。デュロアと結婚する。

日本語訳

すべて絶版となっている。

  • ベラミ - 白水社、中村光夫訳、1948年初版
  • ベラミ - 角川書店、木村庄三郎訳、1954年初版
  • ベラミ - 岩波文庫、杉捷夫訳、1977年初版
  • ベラミ - 新潮文庫、田辺貞之助訳、1979年初版

本作を題材とした作品

映画

  • ベラミ - 1939年、ドイツ映画、監督:ヴィリー・フォルスト
  • 美貌の友 - 1947年、アメリカ映画、監督:アルバート・リューイン 主演:ジョージ・サンダース、アンジェラ・ランズベリー
  • ベラミ 愛を弄ぶ男 - 2012年、アメリカ映画、監督:ディクラン・ドネラン、ニック・オーマード、主演:ロバート・パティンソン、ユマ・サーマン

テレビ

  • ベラミ - 2005年、フランス映画、監督:フィリップ・トリボワ

参考文献

  • 「『ベラミ』における欲望の形成とその変容」 島本 孝治

関連項目

  • 自然主義文学

外部リンク

  • 京都外大付属図書館>ベラミ初版本
  • 『美貌の友 : ベラミイ』広津和郎訳 (天佑社, 1922) 近代デジタルライブラリー


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る