Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

商品は見つかりませんでした。 著者の詳細

クラリッセ・リスペクトール

クラリッセ・リスペクトール(Clarice Lispector 1920年12月10日 - 1977年12月9日)は、ブラジルの小説家。

生涯

1920年、ウクライナ・ポジーリャのユダヤ人集落地があった貧寒地チェチェリニクで生まれた。ユダヤ人の家庭出身。同地は一連の戦乱によって荒廃。生後間もなくして両親とともにブラジルに移住する。ブラジル到着後、両親は名前を改めた。彼女は出生名のハヤからクラリッセへと改名した。ペルナンブーコ州の港湾都市レシフェにある学校に通いヘブライ語やイディッシュ語を学ぶ。リオデジャネイロにある大学で法を修めた。在学中にジャーナリストとして活動を始め、日刊紙等に寄稿した。同級生の外交官と結婚。

1943年に意識の流れの手法を用いて書いた小説『Near to the Wild Heart』を発表し、23歳で文壇デビューを果たす。本作は批評家たちから賞賛をもって迎えられた。リスペクトールはブラジルのグラッサ・アラニャ賞を授与され、さらに作家レード・イーヴォは「女性が書いたポルトガル語史上における最も偉大な小説」とほめたたえた。

リスペクトールは小説を発表した翌年にヨーロッパへ発った。1944年の盛夏にイタリアのナポリに滞在。現地で連合国側として参戦していたブラジル遠征軍の軍病院で傷病兵の看護を手伝った。ローマでイタリアの画家ジョルジョ・デ・キリコや詩人ジュゼッペ・ウンガレッティと出会い意気投合。1946年、ナポリで2作目の小説『O Lustre』を発表。その後、夫がスイスのベルンの大使館に転任されたため数年間にわたってスイス居住、1949年に3作目の小説『A Cidade Sitiada』を発表した後、イギリスに渡った。それから1952年から1959年までアメリカ合衆国に居を構える。ブラジルに帰国後、執筆活動に専念して、1960年に短編小説『家族の絆』、1964年に神秘主義小説『G.Hの受難』を発表。さらにオスカー・ワイルド、エドガー・アラン・ポー、アガサ・クリスティの翻訳を手掛けた。死去直前に刊行された1977年の小説『A hora da estrela』はのちに映画監督スザナ・アマラルによって映画化され、第36回ベルリン国際映画祭で銀熊賞女優賞を受賞している。リオデジャネイロで死去、同地のユダヤ人墓地に埋葬された。

著作

  • 『めんどり』 (ブラジル文学短編集) 広川和子訳 1977年
  • 『G.Hの受難・家族の絆』 高橋都彦、ナヲエ・タケイ・ダ・シルバ共訳 1984年
  • 『五番目の物語』 (Sudden fiction 2 超短編小説・世界篇 2) 柴田元幸訳 1994年
  • 『Pことば』 (ニュー・ミステリ) 岡村多希子訳 1995年

脚注

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る