Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
泣くな、わが子よ

グギ・ワ ジオンゴ
Ngugi Wa Thiong'o
単行本
第三書館
239ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
精神の非植民地化―アフリカ文学における言語の政治学

グギ・ワ・ジオンゴ
Ngugi wa Thiong’o
単行本
第三書館
320ページ
カスタマーレビューはありません。

一粒の麦―独立の陰に埋もれた無名の戦士たち (1981年) (グギ・ワ・ジオンゴの世界〈1〉)

グギ・ワ・ジオンゴ
小林 信次郎

門土社
426ページ

アフリカ人はこう考える―作家グギ・ワ・ジオンゴの思想と実践

グギ・ワ・ジオンゴ
宮本 正興
単行本
電子本ピコ第三書館販売
271ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
川をはさみて (アフリカの文学)

グギ・ワ ジオンゴ
Ngugi Wa Thiong'o
単行本
門土社
286ページ
カスタマーレビューはありません。

精神の非植民地化―アフリカのことばと文学のために

グギ・ワ・ジオンゴ
宮本 正興
単行本
電子本ピコ第三書館販売
209ページ
カスタマーレビューはありません。

夜が明けるまで―動乱に蹂躙される小さき魂 (現代アフリカ作家の世界―グギ・ワ・ジオンゴの世界)

グギ・ワ・ジオンゴ
松田 忠徳
単行本
門土社
221ページ
著者の詳細

グギ・ワ・ジオンゴ

グギ・ワ・ジオンゴ(Ngũgĩ wa Thiong'o, 1938年1月5日 - )は、ケニアの作家。当初は植民言語である英語を使用していたが決別し、現在は母語であるキクユ語を用いる。小説に始まり、戯曲、児童文学、映画、論文、批評まで幅広く手掛ける。

来歴

生い立ち

ナイロビの西方約40キロに位置するリムルにあるカミリズ村付近の貧しい農家に生まれた。母ワンジクは父ドゥーシュの三番目の妻で、グギには異母を含めると兄弟姉妹が全部で28人いた。第二次世界大戦直後に両親は離婚。母は強制収容所に入れられ、同母の長兄ムアンギはケニア独立を求めたマウマウ団の乱に参加した。

文学活動の開始

東アフリカで当時最高峰の東アフリカ大学(マケレレ大学)の英文科に在学中、創作活動を始め、1962年、「英語で書くアフリカ人作家会議」でチヌア・アチェベ、ラングストン・ヒューズらの知遇を得る。1964年に『泣くな、わが子よ』(「夜が明けるまで」とも)を発表。この当時はキリスト教徒としてJames Ngũgĩを名乗っていた。同年、大学を卒業。記者活動を経て、

英国留学

翌1965年から3年間、英国大使館奨学金を得てリーズ大学に留学し、主に西インド文学を専攻した。1965年、en:The River Betweenを発表。

帰国

帰国した1967年、ナイロビ大学その他で教鞭を執った。1969年にナイロビ大の学生ストに対する大学当局の措置に抗議し、辞職した。マケレレ大学で教えた。

渡米

1971年から1年間、米国のノースウェスタン大学に招聘され、アフリカ文学を講義した。

帰国

帰国後は再びナイロビ大学文学部に勤め、のち文学科長となった。1973年ロータス賞受賞。

拘禁

1977年、『血の花びら』en:Petals of Blood (1977年)が反体制的であるとして、副大統領モイから母語であるキクユ語による民衆劇『したい時に結婚するわ』 Ngaahika Ndeenda (1977年10月)の上演禁止処分を受け、政治的な拘禁に遭う。拘禁中にはトイレットペーパーにキクユ語で小説『十字架の上の悪魔』 Caitaani mutharaba-Ini (1980年発表)を書くなどしており、「闘う反体制作家」との評価がある(土屋哲『現代アフリカ文学案内』)。翌1978年にケニア初代大統領ジョモ・ケニヤッタが歿したため、1年間で釈放されたが、ナイロビ大学への復職は拒否された。逮捕を機に英語と決別し、真のアフリカ文学はアフリカ民族諸言語で書かれるべきとの信念を持ち、キクユ語作家となった。自身はこの転身を「過去との認識論的断絶」と表現している。

渡英

1982年8月に起きた空軍クーデター未遂事件以降、英国からケニアに帰国できず、ロンドンを拠点に活動。

渡米

1989年から米国イェール大学客員教授。現在ニューヨーク大学、カリフォルニア大学アーバイン校等で比較文学と演劇を教える。

来日

1976年、1980年、1992年に来日している。

著作

  • 泣くな、わが子よ』(「夜が明けるまで」とも)(1964年)
  • 『川をはさみて』en:The River Between(1965年、『黒人の救世主』The Black Messiah 1961年の改題)
  • 『一粒の麦』en:A Grain of Wheat(1967年)
  • 『血の花びら』en:Petals of Blood(1977年)
  • 『したい時に結婚するわ』en:Ngaahika Ndeenda(1977年)
  • 『十字架の上の悪魔』
  • カラスの妖術師』(英: Wizard of the Crow; キクユ語: Mũrogi wa Kagogo)(2006年)
日本語訳
  • 一粒の麦 : 独立の陰に埋もれた無名の戦士たち / 小林信次郎訳. -- 門土社, 1981.3
  • アフリカ人はこう考える : 作家グギ・ワ・ジオンゴの思想と実践 / 宮本正興編 ; アフリカ文学研究会訳. -- 第三書館, 1985
  • 精神の非植民地化 : アフリカのことばと文学のために / 宮本正興, 楠瀬佳子訳. -- 第三書館, 1987.6
    • 精神の非植民地化 : アフリカ文学における言語の政治学 / 宮本正興, 楠瀬佳子訳. -- 第三書館, 2010.6, 増補新版
  • 夜が明けるまで : 動乱に蹂躙される小さき魂 / 松田忠徳訳. -- 門土社, 1989.4
  • 川をはさみて / 北島義信訳. -- 門土社, 2002.7
  • 泣くな、わが子よ / 宮本正興訳. -- 第三書館, 2012.1

論考

  • 民族・歴史・文学 : アフリカの作家グギ・ワ・ジオンゴとの対話 / アフリカ文学研究会編, 三一書房, 1981.12
  • 評伝グギ・ワ・ジオンゴ=修羅の作家―現代アフリカ文学の道標 / 宮本正興著, 第三書館, 2014.10

脚注

注釈

外部リンク

  • 公式サイト
  • ケニア人作家グギ・ワ・ジオンゴとの対話 動画 日本語字幕付 (デモクラシーナウ!ジャパン 2010.09.13)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る