Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
青 (百年文庫)

堀 辰雄
Grazia Deledda
単行本
ポプラ社
152ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
常春藤 (1952年) (二十世紀文学選集)

グラツィア・デレッダ
柏熊 達生

河出書房
296ページ
カスタマーレビューはありません。

灰 (1966年)

グラチア・デレッダ
丸 弘

弘文堂
222ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Colombi e sparvieri

Grazia Deledda
ペーパーバック
Il Maestrale
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Colombi e sparvieri

Grazia Deledda
ペーパーバック
Ilisso
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Cenere. Ediz. per ipovedenti

Grazia Deledda
ペーパーバック
Marco Valerio
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Santa Maria dell'Incoronata. Una lunga storia

Scuola media statale Grazia Deledda
ペーパーバック
Fiorentino
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
La danza della collana

Grazia Deledda
ハードカバー
Ilisso
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Il paese del vento

Deledda Grazia
ハードカバー
Ilisso
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Schweres Blut. Roman

Grazia Deledda
ペーパーバック
212ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

グラツィア・デレッダ

グラツィア・デレッダGrazia Deledda、ヌーオロ、 サルデーニャ 1871年9月27日 - 1936年8月15日)はイタリアの詩人、小説家。1926年にノーベル文学賞を受賞した。

生い立ち

彼女はサルデーニャ島のヌーオロで裕福な家庭に生まれた。小学校で学んだ後、家庭教師に学び、その後独学で文学を学ぶ。

彼女は最初にいくつかの小説を「L'ultima moda」誌に発表し、その後散文と詩を発表した。1890年に発表された「Nell'azzurro」が彼女の処女作と見なされる。

1899年10月に陸軍省の官吏であるパルミロ・マデサーニと出会い1900年に結婚、その後ローマに移り住む。1903年に出版した「Elias Portolu」の成功で彼女は作家として認められ、その後多くの作品を発表していく。

彼女の作品はルイジ・カプアーナやジョヴァンニ・ヴェルガといった作家から高く賞賛された。

主な著作

  • Fior di Sardegna (1892年)
  • Le vie del male (1892年)
  • Racconti sardi (1895年)
  • Anime oneste (1895年)
  • Elias Portolu (1903年)
  • Cenere (1904年)
  • L'edera (1912年)
  • Canne al vento (1913年)
  • Marianna Sirca (1915年)
  • La madre (1920年)
  • La fuga in Egitto (1925年)
  • Il sigillo d'amore (1926年)
  • Cosima (1937年) 死後に刊行
  • Il cedro del Libano (1939年) 死後に刊行

邦訳

  • 悪の道 / 有島生馬,岩崎純孝訳 世界文学全集 新潮社、1932 
  • 正直な心 /下位文子訳 春陽堂 1933 
  • 愛の封印 / 岩崎純孝訳 山本書店 1936 
  • 二つの真心 / 隈部逸人訳 弘文堂書房 1940
  • 砂漠の中 / 岩崎純孝 訳 ノーベル賞文学叢書 今日の問題社、1940 
  • 実義な人々 / 原田謙次訳 モダン日本社、1941 
  • 邪道 有島生馬訳 日本出版社、1942 
  • 常春藤 /柏熊達生訳 河出書房、1952 
  • 灰 / 丸弘訳 弘文堂 1966.
  • コロンバ 誘惑 マルヴー一家(大久保昭男訳) ノーベル賞文学全集 主婦の友社、1972 

外部リンク

  • Works on the Web
  • Nobel Prize autobiography


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る