Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品

目覚め

ケイト ショパン
Kate Chopin
単行本
荒地出版社
234ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
目覚め

ケイト ショパン
Kate Chopin
単行本
南雲堂
293ページ
著者の詳細

ケイト・ショパン

ケイト・ショパンKate Chopin、1851年2月8日 – 1904年8月20日)は、アメリカ合衆国の作家・小説家・詩人。まれにショピンと表記されることもある。

概要

旧姓キャサリン・オフラハーティ(Katherine O'Flaherty)。ミズーリ州のセントルイスに生まれる。父はアイルランド系の裕福な商人、母はフランス貴族の血を引く人物だった。 4歳のときに鉄道事故で父親を亡くす。 女子修道付属学校を卒業する。 1870年にクレオールの綿花商人であったオスカー・ショパンと結婚し、ニューオーリンズに移住する。1880年、後に物語の舞台となるルイジアナ州内のプランテーションへと移り住む。 6人の子供に恵まれたが、夫オスカーが1882年に沼地熱(マラリア)で死去すると、1884年子供とともに生まれ故郷であるセントルイスに移り、執筆活動を始める。 1890年、処女作『過ち(The Fault)』を発表。この小説は離婚問題を非道徳的な面から取り上げた最初のアメリカ作品だとされている。 続いて『バイユーの人々(Bayou Folk)』を1894年に、『アケイディアの夜(A Night in Acadie)』を1897年に出版。作家として好調な滑り出しを見せる。 しかし、性的な感情を描き出した実験的な小説『目覚め(The Awakening)』を1899年に発表。 当時感傷的で道徳的な家庭小説が流行していたため、世論の批判を浴びた。それ以降彼女は筆を折らざるを得なくなり、『目覚め』は半世紀以上もの間文学的価値を見出されなかった。 文芸批評家のエドマンド・ウィルソンによって再評価され、現在ではフェミニズムの観点からの読み直しもおこなわれている。

作品の風潮

作品

『目覚め』への批判

参考文献

  • 板橋好枝・高田賢一 『はじめて学ぶアメリカ文学史』 ミネルヴァ書房〈シリーズ・はじめて学ぶ文学史②〉、1991年、124-125頁。
  • Chopin, Kate, and Kate Chopin. The Storm, and Other Stories: With the Awakening. Old Westbury, N.Y.: Feminist Press, 1974.
  • Rankin, Daniel S. Kate Chopin and Her Creole Stories. Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 1979.
  • Boren, Lynda S., and Sara deSaussure Davis. Kate Chopin Reconsidered: Beyond the Bayou. Southern literary studies. Baton Rouge: Louisiana State University Press, 1999.
  • Toth, Emily. Unveiling Kate Chopin. Jackson: University Press of Mississippi, 1999.
  • Nolan, Elizabeth, and Janet Beer. Kate Chopin's The Awakening: A Sourcebook. Routledge literary sourcebooks. London: Routledge, 2004.
  • Green, Suzanne Disheroon, and David J. Caudle. Kate Chopin: An Annotated Bibliography of Critical Works. Westport, Conn. [u.a.]: Greenwood Press, 1999.
  • Springer, Marlene. Edith Wharton and Kate Chopin: A Reference Guide. Boston: G.K. Hall, 1976.

外部リンク

  • 世界名作文学館 『目覚め&解説』


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る