Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

商品は見つかりませんでした。 著者の詳細

コルネーリア・フンケ

コルネーリア・フンケ(Cornelia Funke、女性、1958年12月10日-)は、ドイツの児童文学・ファンタジー小説作家。『どろぼうの神様』『魔法の声』で知られ、著作は37か国語に翻訳されている。

経歴

1958年にドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州の町、ドルステンで生まれる。ハンブルクで教育学を専攻した後、児童文学のイラストレーターとして活動。その後自らも児童文学の執筆に入り、その傍ら自らの著作のイラストも手がける。その他にもドイツの子供向けTV番組「Siebenstein」の脚本も手がけている。

ドイツ国内で初めて評価されたのは『竜の騎士(原題:Drachenreiter、1997年)』で、20万部を超える売上を記録し、チューリヒ児童文学賞を得る。初めて国際的な評価を得たのは2002年に『どろぼうの神様(原題:Herr der Diebe、2000年)』の英語版が出版された時である。この本がアメリカベストセラーのリストに数カ月にわたって現れた後、2005年にタイムズ誌から「世界で最も影響力のあるドイツ人女性」として評価されている。

作品

以下、和訳された作品のリストである。(括弧内は原題、日本での出版年)

  • どろぼうの神様(Herr der Diebe、2002)
  • 竜の騎士(Drachenreiter、2003)
  • 魔法の声(Tintenherz、2003) -インクハート/魔法の声として映画化されている。
  • ゴーストハンター 氷の足あと(Gespensterjäger auf eisiger Spur、2004)
  • ゴーストハンター 炎の妖怪ホテル(Gespensterjäger im Feuerspuk、2005)
  • 魔法の文字(Tintenblut、2006)
  • サンタが空から落ちてきた(Als der Weihnachtsmann vom Himmel fiel、2007)
  • ポティラ-妖精と時間泥棒(Potilla、2007)
  • 魔法の言葉(Tintentod、2013)

脚注



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る