Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
スキャナーに生きがいはない (人類補完機構全短篇1)

コードウェイナー・スミス
伊藤典夫
文庫
早川書房
496ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
スキャナーに生きがいはない 人類補完機構全短篇 (ハヤカワ文庫SF)

コードウェイナー スミス
伊藤 典夫
Kindle版
早川書房
416ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
三惑星の探求 (人類補完機構全短篇3)

コードウェイナー・スミス
伊藤典夫
文庫
早川書房
528ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
三惑星の探求 人類補完機構全短篇3 (ハヤカワ文庫SF)

コードウェイナー スミス
伊藤 典夫
Kindle版
早川書房
433ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アルファ・ラルファ大通り  人類補完機構全短篇 (ハヤカワ文庫SF)

コードウェイナー スミス
伊藤 典夫
Kindle版
早川書房
306ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アルファ・ラルファ大通り (人類補完機構全短篇2)

コードウェイナー・スミス
伊藤典夫
文庫
早川書房
496ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ノーストリリア (ハヤカワ文庫SF)

コードウェイナー・スミス
ハヤカワ・デザイン
文庫
早川書房
511ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
鼠と竜のゲーム (ハヤカワ文庫 SF 471)

コードウェイナー・スミス
伊藤 典夫
文庫
早川書房
310ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ノーストリリア―人類補完機構 (ハヤカワ文庫SF)

コードウェイナー・スミス
浅倉 久志
文庫
早川書房
429ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
シェイヨルという名の星 (ハヤカワ文庫SF―人類補完機構シリーズ)

コードウェイナー スミス
Cordwainer Smith
文庫
早川書房
346ページ
著者の詳細

コードウェイナー・スミス

コードウェイナー・スミスCordwainer Smith, 1913年7月11日 - 1966年8月6日)は、アメリカ合衆国生まれの、SFを中心として活躍した小説家。正体を明かさないSF作家として有名だったが、本名をポール・マイロン・アンソニー・ラインバーガー (Paul M. A. Linebarger)といい、ジョンズ・ホプキンス大学の教授としてアジア政策の教鞭を執っており、また軍人としても陸軍情報部の大佐を務めていた。

略歴

ミルウォーキー生まれ。中国、日本、フランス、ドイツで成長期を過ごし、十代後半には6カ国語に通じていた。17歳のときから外交交渉に関係する。23歳でジョンズ・ホプキンズ大学で政治学の博士号を取得。第2次大戦中は米国陸軍情報部員として、朝鮮戦争では陸軍中佐として軍務につく。外交政策協会のメンバーで、ジョンズ・ホプキンズ大学のアジア政策論の教授であり、極東問題と心理戦争に関する全米有数の専門家であった。

筆名と作品

本名でも著作活動を行っており、そのうち『心理戦争』(原題:Psychological Warfare)がみすず書房から須磨弥吉郎により翻訳刊行されている(1953年)

別名にKarloman Jungahrなど多数。中国名である「林白楽」は、それを元にしたフェリックス・C・フォレストという名前でSFとはまったく関係のない作品を発表している(1947年の「Ria」、1948年の「Carola」)。

アンソニー・ビアデンという名前で詩の創作も行い、またカーマイクル・スミスという筆名でスパイ小説を書いている(1949年、「Atomsk: A Novel of Suspense」)。最も有名な筆名は、このカーマイクル・スミスを変形させたものらしい。

フェリックス・C・フォレスト名義で書かれたものは、女性の一人称視点で語る実験的な作品で、当初彼は女性名義で出版しようと試みたが、当時は受け容れられなかったために自身の中国名をベースとしたこの名での出版となったらしい。この作品で注目されたものの、そこで読者と直接に会い、それを意識したためか却って同種の作品を書けなくなった彼は、その後は正体を隠すことにした。それが仮面の作家コードウェイナー・スミスの始まりである(1950年、短編「スキャナーに生きがいはない」でSF作家「コードウェイナー・スミス」としてデビュー)。

中国名である林白楽は、「ラインバーガー」の読みとして、孫文がつけたものである。このつながりは、彼の父(Paul M. W. Linebarger、中国名は「林百克」)が孫文の法律顧問を務めており、辛亥革命にも参加したことに由来する(なお、父の著書『孫文と支那革命』も1929年に平凡社から日本語訳されている)。父に連れられて少年時代を東洋で過ごしたことの影響か、東洋思想にも造詣が深く、それは幾つもの作品に反映されてもいる。

スミスを語る際に、猫を抜きにして語ることはできない。数本の共作を成した妻ジュヌイーヴと共に暮らした家には常に何匹もの猫が飼われており、作中では何度も重要な役割を与えられている。

人類補完機構

人類補完機構シリーズは、彼の作家としての仕事の中で最も大きな部分を占める。彼がSF作家として旺盛に活動していた期間は短いが、その間にも文体は変化しつつ、後の世代に大きな影響を残した。また、時系列に沿って書かれたわけではない一連の作品群の中では、同じ用語がいささかならず違った意味で用いられていることもある。

同シリーズにおいては各種の動物を改造し人間形態にした「下級民」が登場する。「ド・ジョーン」「イ・テレケリ」のように名前の最初に付く一文字のアルファベットは彼女ないし彼が何の動物から作られたかを意味する。ド(d)はdogのd、イ(e)はeagleのeである。

「人類補完機構」という日本語における名称は伊藤典夫の訳語であり、新世紀エヴァンゲリオンの「人類補完計画」はこれに由来する。だが元の言葉「インストゥルメンタリティinstrumentality」の直訳は「道具」「手段」である。スミス自身は宗教的な意味づけをしていたらしく、実際これは神との仲立ちをする「仲介者」すなわち聖職者のことも指す。作者の急逝によって書かれることのなかった同シリーズの最後は、人類と下級民共通の宗教的クライマックス(詳細は不明)であったらしい。

スミスの作品でひどく印象的なのはその言葉の使い方であり、タイトルである。ただしそのタイトルのいくつかは編集者がつけたものである。これらは本文の特徴的なフレーズから採られたものであり、彼の作品であることを端的に示すものとして非常に有効なものであった。雑誌なりアンソロジーで、作者名を見ずとも題名だけでスミスの作品であることが判るためである。

作品リスト

以下は基本的に早川書房から刊行されている日本語訳に基づく。括弧内は原題と、作品によっては別の日本語題。

「人類補完機構」シリーズ(長編)

  • 『ノーストリリア』(Norstrilia 1975) :1988年第19回星雲賞海外長編賞受賞

「人類補完機構」シリーズ(短編)

  • 『鼠と竜のゲーム』 (The Best of Cordwainer Smith 1975):短編集
    • 「序文」ジョン・J. ピアス(編者、John J. Pierce)
    • 「スキャナーに生きがいはない」(報いなき栄光、Scanners Live in Vain)
    • 「星の海に魂の帆をかけた少女」(星の海に魂の帆をかけた女、The Lady Who Sailed The Soul):ジュヌヴィーヴ・ラインバーガー (Genevieve Linebarger)と合作
    • 「鼠と竜のゲーム」(The Game of Rat and Dragon)
    • 「燃える脳」(The Burning of the Brain)
    • 「スズダル中佐の犯罪と栄光」(スズダル艦長の罪と栄光、The Crime and the Glory of Commander Suzdal)
    • 「黄金の船が…おお! おお! おお!」(Golden the Ship Was...Oh! Oh! Oh!):ジュヌヴィーヴ・ラインバーガー (Genevieve Linebarger)と合作
    • 「ママ・ヒットンのかわゆいキットンたち」(Mother Hitton's Littul Kittons)
    • 「アルファ・ラルファ大通り」(Alpha Ralpha Boulevard)
  • 『シェイヨルという名の星』 (The Best of Cordwainer Smith 1975):短編集
    • 「人類補完機構年表」(Timeline from The Instrumentality of Mankind)
    • 「コードウェイナー・スミスのこと」:ロジャー・ゼラズニイ (Roger Zelazny)
    • 「クラウン・タウンの死婦人」(The Dead Lady of Clown Town)
    • 「老いた大地の底で」(Under Old Earth)
    • 「帰らぬク・メルのバラッド」(ク・メルのバラード、The Ballad of Lost C'mell)
    • 「シェイヨルという名の星」(シェイヨルという星、A Planet Named Shayol)
  • 『第81Q戦争』 (The Instrumentality of Mankind 1979):短編集
    • 「人類補完機構年表」(Timeline from The Instrumentality of Mankind)
    • 「序文」:フレデリック・ポール(Frederik Pohl)
    • 「第81Q戦争」(War No.81-Q):Karloman Jungahr 名義
    • 「マーク・エルフ」(Mark Elf)
    • 「昼下がりの女王」(午後の女王、The Queen of the Afternoon)
    • 「人びとが降った日」(When the People Fell)
    • 「青をこころに、一、二と数えよ」(Think Blue, Count Two)
    • 「大佐は無の極から帰った」(The Colonel Came Back from the Nothing-at-All)
    • 「ガスタブルの惑星より」(From Gustible's Planet)
    • 「酔いどれ船」(Drunkboat)
    • 「夢幻世界へ」(No, No, Not Rogov!)
    • 「西欧科学はすばらしい」(Western Science Is So Wonderful) :人類補完機構以外の短編
    • 「ナンシー」(Nancy/The Nancy Routine) :人類補完機構以外の短編
    • 「達磨大師の横笛」(The Fife of Bodidharma) :人類補完機構以外の短編
    • 「アンガーヘルム」(Angerhelm) :人類補完機構以外の短編
    • 「親友たち」(The Good Friends) :人類補完機構以外の短編

「人類補完機構」シリーズ(短編集未収録)

  • 「宝石の惑星」(On the Gem Planet) (SFマガジン1993年8月号収録)
  • 「嵐の惑星」(On the Storm Planet) (日本語版なし)
  • 「砂の惑星」(On the Sand Planet) (日本語版なし)
  • 「三人、約束の星へ」(Three to a Given Star)(SFマガジン1998年1月号収録)
  • 「アナクロンに独り」(Himself in Anachron)(日本語版なし)

「人類補完機構全短編」

The Rediscovery of Man: The Complete Short Science Fiction of Cordwainer Smith (1993)

シリーズ外作品も含むコードウェイナー・スミス名義の全短編。
  • 『スキャナーに生きがいはない──人類補完機構全短篇1』伊藤典夫、浅倉久志訳
    • 序文(ジョン・J. ピアス)
    • 編集者による序文
    • 夢幻世界へ
    • 第81Q戦争(改稿版)
    • マーク・エルフ
    • 昼下がりの女王
    • スキャナーに生きがいはない
    • 星の海に魂の帆をかけた女
    • 人びとが降った日
    • 青をこころに、一、二と数えよ
    • 大佐は無の極から帰った
    • 鼠と竜のゲーム
    • 燃える脳
    • ガスタブルの惑星より
    • アナクロンに独り
    • スズダル中佐の犯罪と栄光
    • 黄金の船が──おお! おお! おお!
  • 『アルファ・ラルファ大通り──人類補完機構全短篇2』伊藤典夫、浅倉久志訳
    • クラウンタウンの死婦人
    • 老いた大地の底で
    • 酔いどれ船
    • ママ・ヒットンのかわゆいキットンたち
    • アルファ・ラルファ大通り
    • 帰らぬク・メルのバラッド
    • シェイヨルのいう名の星
  • 『三惑星の探求──人類補完機構全短篇3』伊藤典夫、酒井昭伸訳
    • 宝石の惑星
    • 嵐の惑星
    • 砂の惑星
    • 三人、約束の星へ
    • 太陽なき海に沈む
    • 第81Q戦争(オリジナル版)
    • 西洋科学はすばらしい
    • ナンシー
    • 達磨大師の横笛
    • アンガーヘルム

外部リンク

  • コードウェイナー・スミス - Internet Speculative Fiction Database(英語)
  • コードウェイナー・スミス - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  • コードウェイナー・スミスの作品 - プロジェクト・グーテンベルク
  • ラインバーガー文書(Linebarger papers) 一橋大学附属図書館 - 年譜・著作一覧あり


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る