Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品

ノーベル賞文学全集〈15〉 ジョン・スタインベック.シュムエル・ヨセフ・アグノン (1971年) トーティーヤ・フラット 真珠 天の牧場より短編 他

ジョン・スタインベック
単行本
主婦の友社
397ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

シュムエル・アグノン

シュムエル・ヨセフ・アグノンShmuel Yosef Agnon, 1888年7月17日 – 1970年2月17日)は、ノーベル文学賞を受賞した最初のヘブライ文学作家。1966年にネリー・ザックスと共同で受賞した。シャイ・アグノンShai Agnon)としても知られる。

近代ヘブライ文学の中心人物の一人とされるアグノンは、オーストリア=ハンガリー帝国内の ガリツィア・ロドメリア王国ガリチア地方ブチャチ(現在のウクライナ)でシュムエル・ヨセフ・チャチュケス (Shmuel Yosef Czaczkes) として生まれた。父親は毛皮商人で、アグノンは学校に通わなかったが、母親が彼にドイツ文学を教えた。彼は15歳で処女作の詩をイディッシュ語で発表した。その後の三年間で70編の作品をヘブライ語とイディッシュ語で発表する。彼は最初の短編小説『捨てられた妻たち』(Agunot)をアグノンのペンネームで1908年に発表した。1909年にパレスチナに移住し、その後はヘブライ語での作品発表を行った。

1913年にはドイツに移り住み、ザルマン・ショッケンの協力を得て作品発表を続けた。1924年6月6日、火災でその家と蔵書の全てを失いイスラエルへの永住を決意、エルサレム郊外のタルピヨットに居を構えたが、1929年のアラブ人暴動で彼の蔵書は再び失われた。

イスラエルの50新シェケル札にその肖像が描かれている。1954年と1958年の二度、イスラエル賞を受賞した。

邦訳

  • アグノン(村岡崇光訳) 丸ごとのパン,操の誓い,テヒッラ,イドとエナム,永遠に ノーベル賞文学全集 主婦の友社、1971 

外部リンク

  • バイオグラフィー
  • 1966年のノーベル文学賞


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る