Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ブラッド・ブラザー (文春文庫)

ジャック カーリイ
Jack Kerley
文庫
文藝春秋
410ページ
著者の詳細

ジャック・カーリイ

ジャック・カーリイ(Jack Kerley)は、アメリカ合衆国の小説家。男性。ケンタッキー州ニューポート生まれ。同地に在住。

コピーライターとして20年以上働いたのち、2004年に『百番目の男』でミステリー作家としてデビュー。デビュー以来、アラバマ州の実在の都市・モビール市を舞台にしたミステリー小説を書き続けている。

ミステリーを好むようになったきっかけは少年時代に読んだレスリー・チャータリスのセイント・シリーズで、ほかにジョン・D・マクドナルドのトラヴィス・マッギー・シリーズなどを好んでいる。

日本語訳作品

  • 百番目の男 (訳:三角和代、文春文庫、2005年4月) (The Hundredth Man (2004)) ISBN 978-4167661960
  • デス・コレクターズ (訳:三角和代、文春文庫、2006年12月) (The Death Collectors (2005)) - 解説:福井健太 ISBN 978-4167705404
  • 毒蛇の園 (訳:三角和代、文春文庫、2009年8月) (A Garden of Vipers (2006)) - 解説:法月綸太郎 ISBN 978-4167705770
  • ブラッド・ブラザー (訳:三角和代、文春文庫、2011年9月) (Blood Brother (2008)) - 解説:川出正樹 ISBN 978-4167705961
  • イン・ザ・ブラッド (訳:三角和代、文春文庫、2013年10月) (In the Blood (2009)) - 解説:酒井貞道 ISBN 978-4167812256
  • 髑髏の檻(訳:三角和代、文春文庫、2015年8月) (Buried Alive (2010)) - 解説:千街晶之 ISBN 978-4167904340

日本での評価

  • 百番目の男
    • このミステリーがすごい! 第6位、文庫翻訳ミステリー・ベスト10 第6位、週刊文春ミステリーベスト10 第6位
  • デス・コレクターズ
    • このミステリーがすごい! 第7位、文庫翻訳ミステリー・ベスト10 第9位
    • 2010年6月、本格ミステリ作家クラブ設立10周年記念事業として行われた「海外優秀本格ミステリ顕彰」で、2000年-2009年の10年間に翻訳されたミステリの中の最優秀作に選ばれた
  • ブラッド・ブラザー
    • このミステリーがすごい! 第6位、文庫翻訳ミステリー・ベスト10 第4位、週刊文春ミステリーベスト10 第5位、本格ミステリ・ベスト10 第2位、ミステリが読みたい! 第6位

著作リスト

  1. The Hundredth Man (2004) (百番目の男)
  2. The Death Collectors (2005) (デス・コレクターズ)
  3. A Garden of Vipers (2006) (毒蛇の園) - イギリス版タイトル:The Broken Souls
  4. Blood Brother (2008) (ブラッド・ブラザー)
  5. In the Blood (2009) (イン・ザ・ブラッド)
  6. Little Girls Lost (2009) ISBN 978-0007342280
  7. Buried Alive (2010) (髑髏の檻)
  8. Her Last Scream (2011) ISBN 978-0007384341
  9. The Killing Game (2013) ISBN 978-0007328239
  10. The Death Box (2013) ISBN 978-0007493654
  11. The Memory Killer (2014) ISBN 978-0007493678

脚注

参考文献

  • ジャック・カーリイ『百番目の男』(文春文庫、2005年4月) 訳者あとがき(三角和代)

外部リンク

  • ジャック・カーリイの著作 - インターネットアーカイブ内のオープンライブラリ(英語)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る