Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
川は静かに流れ

ジョン ハート
Kindle版
早川書房
178ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
川は静かに流れ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ジョン・ハート
東野さやか
文庫
早川書房
576ページ
著者の詳細

ジョン・ハート (作家)

ジョン・ハートJohn Hart、1965年 - )は、アメリカ合衆国の作家。

経歴

1965年、ノースカロライナ州、ダラムで、外科医の父とフランス語教師の母の間に生まれる。後に引っ越した同州ローワン郡は、『キングの死』『川は静かに流れ』の構想を得た場所であり、作中に登場するレイヴン郡のモデルでもある。

地元シャーロットにあるリベラル・アーツ・カレッジ、デヴィッドソン・カレッジに進学し、フランス文学を学び、その後大学院で会計学と法学の学位を取得した。

刑事弁護士、銀行家、株式仲買人、ヘリコプター整備士(見習い)など様々な職種を経て作家を志し、早朝の執筆活動と昼間の仕事の両立を目指したものの上手くいかず、自分には才能がない、全てを放り出してしまいたいと思ったこともあったが、職を辞し、ローワン郡の公共図書館の個人席で1年間執筆に専念した結果、処女作『キングの死』が完成した。同作は2006年、エドガー賞 処女長編賞候補、マカヴィティ賞新人賞候補、バリー賞新人賞候補になるなど、高い評価を得た。2007年に発表した第二長編『川は静かに流れ』でエドガー賞 長編賞を獲得した。更に、2009年に発表した第三長編『ラスト・チャイルド』ではエドガー賞 長編賞、CWA賞スチールダガー賞(最優秀スリラー賞)、バリー賞をトリプル受賞した。3作はいずれもニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに名を連ねた。

今でも文筆業よりロンドンのパブでビールを注ぐ方が好きである。妻と2人の子どもがおり、生まれ故郷のノースカロライナやヴァージニアで暮らしている。

作品リスト

受賞・ノミネート歴

出典

  • ジョン・ハート 『アイアン・ハウス』 早川書房〈ハヤカワ文庫〉 裏表紙折り返しプロフィール欄
出典

外部リンク

  • John Hart official website - 著者公式サイト(英語)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る