Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

著者の詳細

トム・フランクリン

トム・フランクリンThomas Gerald Franklin、1963年7月7日 - )は、アメリカ合衆国の推理作家。アラバマ州ディキンソン出身。

経歴

1998年、アーカンソー大学で美術学修士号を取得、同校で後の妻となる詩人のベス・アン・フェネリーと出会う。

1999年、短編集"Poachers"を上梓、表題作「密猟者たち」はエドガー賞 短編賞を受賞。

2003年、近所で起こった暴力沙汰を題材にした初の長編"Hell at the Breech" を上梓。2011年、『ねじれた文字、ねじれた路』で英国推理作家協会主催のゴールド・ダガー賞を受賞したほか、エドガー賞 長編賞、アンソニー賞、バリー賞、ハメット賞などにノミネートされた。

2013年、妻フェネリーとの共著"The Tilted World" を上梓。

現在、ミシシッピ大学の准教授を務めており、ミシシッピ州オックスフォードに暮らしている。

作品リスト

  • Poachers (1999) - 短編集
  • Hell at the Breech (2003)
  • Smonk (2006)
  • ねじれた文字、ねじれた路 Crooked Letter, Crooked Letter ( 2010年 / 2011年9月 早川書房 伏見威蕃訳)
  • The Tilted World (2013) - 妻との共著

出典



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る