Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ウルフ・ホール (上)

ヒラリー・マンテル
宇佐川 晶子
単行本
早川書房
492ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ウルフ・ホール (下)

ヒラリー・マンテル
宇佐川 晶子
単行本
早川書房
477ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
罪人を召し出せ

ヒラリー マンテル
Hilary Mantel
単行本
早川書房
604ページ
著者の詳細

ヒラリー・マンテル

ヒラリー・マンテル(Hilary Mantel, DBE、FRSL、 女性、1952年7月6日 – )は、イギリスの小説家である。

経歴

1952年、イングランド中部イースト・ミッドランズ地方のダービーシャーで生まれ、カトリックの女子校からロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを経て、シェフィールド大学を卒業。

2006年に大英帝国勲章を受勲、2009年にブッカー賞を受賞、2012年にコスタ賞と2度目のブッカー賞を受賞している。

2013年2月、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃のことを「マネキン人形」や「子供産むだけの存在」(共同通信)などと評して物議を醸す。

受賞歴

  • ブッカー賞 2009年 (Wolf Hallに対して) 2012年(Bring up the Bodiesに対して)
  • コスタ賞 2012年(Bring up the Bodiesに対して)

著書

  • Every Day is Mother's Day (1985)
  • Vacant Possession (1986)
  • Eight Months on Ghazzah Street (1988)
  • Fludd (1989)
  • A Place of Greater Safety (1992)
  • A Change of Climate (1994)
  • An Experiment in Love (1995)
  • The Giant, O'Brien (1998)
    • 『大オブライエン』
  • Giving Up the Ghost (A Memoir) (2003)
  • Learning to Talk (2003) (短編)
  • Beyond Black (2005)
  • Wolf Hall (2009)
    • 『ウルフ・ホール』宇佐川晶子訳 早川書房 2011年
      • 上 ISBN 978-4-15-209205-2
      • 下 ISBN 978-4-15-209206-9
  • Bring Up the Bodies (2012)
    • 『罪人を召し出せ』宇佐川晶子訳 早川書房 2013年 ISBN 978-4-15-209400-1

関連項目

  • ウルフ・ホール (テレビドラマ)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る