Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Amnesia
ペーパーバック
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
True History of the Kelly Gang, The
ペーパーバック
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ケリー・ギャングの真実の歴史

ピーター ケアリー
Peter Carey
単行本
早川書房
526ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
オスカーとルシンダ

ピーター ケアリー
Peter Carey
単行本
DHC
621ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
A Long Way from Home
ペーパーバック
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
A Long Way from Home
マスマーケット
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
His Illegal Self

Peter Carey
Perfect
Faber & Faber
288ページ
¥ 1,741
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
His Illegal Self

Peter Carey
ハードカバー
Random House Canada
288ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
His Illegal Self
Preloaded Digital Audio Player
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
His Illegal Self
ペーパーバック
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

ピーター・ケアリー

ピーター・ケアリー(Peter Carey、1943年5月7日 - )は、オーストラリアの小説家。

略歴

ビクトリア州バッカスマーシュ(Bacchus Marsh)に生まれた。モナシュ大学で有機化学と動物学を専攻。その後、メルボルンの広告代理店でコピーライターの仕事につき、1974年に短篇集『The Fat Man in History』で作家デビューした。

ブッカー賞を2度受賞したが、この賞を2度受賞したのは、彼と南アフリカ出身でノーベル文学賞を受賞したJ・M・クッツェー、ヒラリー・マンテルの3人だけである。

受賞作品『オスカーとルシンダ』は、1997年に映画化されている。

受賞歴

  • ブッカー賞(1988年)("'Oscar and Lucinda"(『オスカーとルシンダ』 )に対して)
  • 同(2001年) ("True History of the Kelly Gang"(『ケリー・ギャングの真実の歴史』)に対して)
  • コモンウェルス作家賞(2001年)("True History of the Kelly Gang"に対して)

作品

長編

  • Bliss (1981年)
  • Illywhacker(『イリワッカー』) (1985年)
  • Oscar and Lucinda(『オスカーとルシンダ』)(1988年)
  • The Tax Inspector (1991年)
  • The Unusual Life of Tristan Smith (1994年)
  • Jack Maggs(『ジャック・マッグズ』)(1997年)
  • True History of the Kelly Gang(『ケリー・ギャングの真実の歴史』)(2000年)
  • My Life as a Fake (2003年)
  • Theft: A Love Story (2006年)
  • His Illegal Self (2008年)
  • Parrot and Olivier in America (2009年)

短編

  • Peeling
  • The Fat Man in History(「デブ連歴史に登場」)
  • Conversations with Unicorns
  • American Dreams(「アメリカの夢」)
  • Do You Love Me?(「“Do You Love Me?”」)
  • Crabs
  • Room No. 5 (Escribo)
  • A Windmill in the West
  • Life and Death in the South Side Pavilion
  • Report on the Shadow Industry(「影製造産業に関する報告」)
  • The Chance
  • Exotic Pleasures
  • War Crimes
  • The Puzzling Nature of Blue
  • The Last Days of a Famous Mime(「著名なマイム師、最後の日々」)

ノンフィクション

  • A Letter to Our Son (1994)
  • 30 Days in Sydney: A Wildly Distorted Account(『シドニー 迷走紀行』) (2001)
  • Letter From New York (2001)
  • Wrong about Japan (2005)

日本語訳された作品

  • 『イリワッカー〈上〉〈下〉』(新しいイギリスの小説)、小川高義訳、白水社、1995年
  • 『オスカーとルシンダ』 宮木陽子訳、1999年
  • 『ジャック・マッグズ』 宮木陽子訳、2000年
  • 『ケリー・ギャングの真実の歴史』 宮木陽子訳、早川書房、2003年
  • 『シドニー 迷走紀行』(Writer & Cityシリーズ)、宮木陽子訳、2005年
  • 「デブ連歴史に登場」(『positive 01』所収、大熊栄訳)
  • 「アメリカの夢」(『現代オーストラリア短編小説集 (下)』所収)
  • 「著名なマイム師、最後の日々」(『Sudden fiction (2)』(文春文庫)所収、柴田元幸訳、1994年)
  • 「“Do You Love Me?”」(『どこにもない国』所収、柴田元幸編訳、松柏社、2006年)
  • 「影製造産業に関する報告」(『燃える天使』所収、柴田元幸編訳、角川書店、2009年)

関連項目

  • ブッカー賞


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る