Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ジョウゼフ・アンドルーズ〈下〉 (岩波文庫)

ヘンリー フィールディング
Henry Fielding
文庫
岩波書店
353ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アミーリア

Henry Fielding
三谷 法雄
単行本
近代文藝社
590ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
この世からあの世への旅

ヘンリー・フィールディング
三谷 法雄
単行本
近代文藝社
216ページ
カスタマーレビューはありません。

シャミラ

ヘンリー・フィールディング
能口 盾彦
単行本
朝日出版社
99ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
リスボン渡航記

ヘンリー・フィールディング
鳥居塚 正
単行本
ニューカレントインターナショナル
319ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

ヘンリー・フィールディング

ヘンリー・フィールディングHenry Fielding, 1707年4月22日 - 1754年10月8日)は、18世紀イギリスの劇作家、小説家、治安判事である。小説『トム・ジョーンズ』が代表作で、「イギリス小説の父」と呼ばれる。

生涯

サマセット州シャーパム生まれ。伯爵家の末裔で、父は軍人であった。イートン校で学んだ後、ロンドンに出て劇作家になり、風刺の効いた芝居を書いて人気を博した。フィールディングの政治批判によって演劇取締りが厳しくなったため、弁護士に転身し、その傍ら、小説を書き始めた。また、新聞の編集長になり、当時のウォルポール内閣を批判した。フィールディングらの度重なる政権批判の風刺劇を取り締まるために1737年には、上演を制限する演劇検閲法(Licensing Act)が発布された(この影響で演劇の文学的重要性が弱まり、代わりに小説がより注目されるようになった。また、無難であることからシェークスピア劇が盛んに演じられるようになった一因にもなった)。ウォルポール内閣が倒れた後、ボウストリート治安裁判所の治安判事に就任。もともとは無給だったコンスタブル(Constable)に定期的な給料を与えて組織化したボウストリート巡察隊を結成し、犯罪を減少させた。同隊はイギリス近代警察への第一歩とされている。1749年に代表作『トム・ジョーンズ』を発表した。その後、病気が悪化したため、リスボンに転地療養に出かけ、そこで没した。

妹サラ・フィールディング (Sarah Fielding) 、従姉妹のメアリー・モンタギュー (Lady Mary Montagu) も小説を残している。

主な作品

小説

  • シャミラ (ShamellaもしくはAn Apology for the Life of Mrs Shamela Andrews) 1741年/能口盾彦訳、朝日出版社(1985年)
  • ジョウゼフ・アンドルーズ(The History of the Adventures of Joseph Andrews) 1742年、朱牟田夏雄訳 岩波文庫(全2巻)
  • ジョナサン・ワイルド(The Life and Death of Jonathan Wild, the Great) 1743年
    • 「快盗一代記 ジョナサン・ワイルド」村上至孝訳 世界文学社 世界文学叢書53(1949年)
    • 「大盗ジョナサン・ワイルド伝」 袖山栄真訳、集英社〈世界文学全集6.悪漢小説集〉(1979年)
  • トム・ジョウンズ(捨て子トム・ジョーンズの物語、The History of Tom Jones, a Foundling) 1749年、朱牟田夏雄訳 岩波文庫(全4巻)
  • この世より来世への旅(A Journey from This World to the Next) 1749年
    • 「この世からあの世への旅」 三谷法雄訳、近代文藝社(2010年)
  • アミーリア(Amelia) 1751年 三谷法雄訳、近代文藝社(2016年)
  • リスボン航海記(Journal of a Voyage to Lisbon、Travel Narrative) 1755年
    • 「リスボン渡航記」 鳥居塚正訳、ニューカレントインターナショナル(1990年)

戯曲

  • 恋の種々相 (Love in Several Masques) 1728年
  • 強姦騒ぎの顛末 (Rape upon Rape) 1730年 のちに『コーヒー店の政治家]The Coffee-House Politicianに改題
  • 法学院の伊達男 (The Temple Beau)  1730年
  • 作家の笑劇 (The Author's Farce) 1730年
  • 悲劇中の悲劇、親指トム一代記 (The Tragedy of Tragedies; or, The Life and Death of Tom Thumb) 1731年
  • グラブ街オペラ (Grub-Street Opera) 1731年
  • 今風亭主 (The Modern Husband) 1731年
  • コヴェント・ガーデンの悲劇 (The Covent Garden Tragedy) 1732年
  • イングランドに現れたドン・キホーテ (Don Quixote in England: A Comedy) 1734年
  • 落首 (Pasquin) 1736年
  • 1736年の歴史的記憶 (The Historical Register for the Year 1736) 1737年

その他

  • The Female Husband
    • 「女の扮する夫の話」三谷法雄訳、『愛知文教大学比較文化研究』1(1999年)

主な日本語文献

  • 澤田孝史 『ヘンリー・フィールディング伝』 横浜・春風社、2010年
  • 齊藤重信 『物語が語る語り手 フィールディング文学の味を読む』 近代文藝社、1998年
  • 三谷法雄 『ヘンリ・フィールディングの小説』 松柏社、1980年
  • 朱牟田夏雄 『フィールディング 新英米文学評伝叢書』 研究社、新版1967年

脚注

関連項目

  • ピカレスク小説
  • ロバート・ウォルポール - 彼の内閣を風刺する演劇を製作し続けたため、「劇場封鎖例」によりフィールディングは劇作家としての筆を折られた。

外部リンク

  • Henry Fieldingの作品 - プロジェクト・グーテンベルク
  • フィールディングの著作一覧(Britain Unlimited)


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る