Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン (新潮文庫)

メアリー シェリー
Mary Shelley
文庫
新潮社
456ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン(新潮文庫)

メアリー・シェリー
芹澤 恵
Kindle版
新潮社
246ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン (光文社古典新訳文庫)

メアリー シェリー
Mary Shelley
文庫
光文社
423ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン (子どものための世界文学の森 32)

メアリー・シェリー
千葉 淳生
単行本
集英社
141ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン Frankenstein (ラダーシリーズ Level 3)

メアリー・シェリー
単行本(ソフトカバー)
IBCパブリッシング
168ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン

メアリー・ウォルストンクラフト シェリー
宍戸 儀一
Kindle版
176ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
新訳 フランケンシュタイン (角川文庫)

メアリー・シェリー
田内 志文
文庫
KADOKAWA/角川書店
393ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
新訳 フランケンシュタイン (角川文庫)

メアリー・シェリー
Kindle版
KADOKAWA / 角川書店
209ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
フランケンシュタイン (フォア文庫)

メアリー シェリー
スズキ コージ
文庫
金の星社
166ページ

フランケンシュタイン (世界こわい話ふしぎな話傑作集 (1 イギリス編))

メアリー・シェリー
単行本
金の星社
158ページ
著者の詳細

メアリー・シェリー

メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィン・シェリー(Mary Wollstonecraft Godwin Shelley、1797年8月30日 - 1851年2月1日)は、イギリスの小説家。ゴシック小説『フランケンシュタイン』で知られる。ロマン派詩人パーシー・ビッシュ・シェリーの妻。

概要

ゴシック小説『フランケンシュタイン』で名を残したが、ブライアン・オールディス他多くの作家・文芸評論家らにより、SFの先駆者と呼ばれたり、あるいは創始者と見なす者も少なくない。フェミニズムの創始者、あるいは先駆者とも呼ばれるメアリー・ウルストンクラフトを母、無神論者でアナキズムの先駆者であるウィリアム・ゴドウィンを父として生まれた。詩人のパーシー・シェリーは夫。日本では単にシェリー夫人と呼ばれることもあった

年譜

  • 1756年 父・ウィリアム・ゴドウィン誕生。
  • 1759年 母・メアリー・ウルストンクラフト誕生。
  • 1789年 フランス革命。
  • 1792年 夫となるパーシー・ビッシュ・シェリー誕生。
  • 1797年 ゴドウィンとウルストンクラフトが結婚。
    • 8月30日 ロンドンでメアリーが生まれ、メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィンと名付けられる。
    • 9月10日 母・ウルストンクラフト、産褥熱で死去。
  • 1801年 父・ゴドウィン、メアリー・ジェーン・クレモントと再婚。
  • 1813年ごろ パーシー・シェリーと出会う。
  • 1814年 シェリーとの恋愛に父が激怒。メアリーは大陸へ駆け落ち。帰国。
  • 1816年1月24日 息子ウィリアム誕生。
    • 5月 バイロンに誘われ、レマン湖畔で過ごす。バイロンの提案(ディオダディ荘の怪奇談義)をきっかけに小説『フランケンシュタイン』の着想を得、執筆に取りかかる。
    • 9月 イギリスに帰国。
    • 12月 シェリーの妻が自殺したため、メアリーはシェリーと結婚。
  • 1817年5月 『フランケンシュタイン』脱稿。
    • 9月2日 娘クレアラ誕生。
  • 1818年1月1日 『フランケンシュタイン』初版をロンドンの小出版社 Harding, Mavor & Jones から匿名で出版。
  • 1818年3月11日 『フランケンシュタイン』初版に夫シェリーの序文を付けて再度匿名で出版。この日、子どもを連れてイタリアへ。
    • 9月24日 娘クレアラ死亡。
  • 1819年6月7日 息子ウィリアム死亡。
    • 11月12日 息子パーシー・フローレンス誕生。
  • 1822年7月8日 夫・パーシーがスペツィア湾でヨットの事故で死亡。
  • 1823年2月 『フランケンシュタイン』第2版を出版。
    • 8月 帰国。
  • 1824年4月19日 ギリシャ独立戦争でバイロンが病死。
  • 1826年 『最後の人間』(The Last Man)出版。
  • 1831年 『フランケンシュタイン』第3版(改訂版)を出版。
  • 1851年2月1日 メアリー死去

メアリー・シェリーの登場する映画

  • 1935年、『フランケンシュタインの花嫁』:監督 ジェームズ・ホエール、メアリー・シェリーとモンスターの花嫁(タイトルロール)役エルザ・ランチェスター
  • 1986年、『ゴシック』GothicVirgin Vision:監督ケン・ラッセル監督、メアリー・シェリー役ナスターシャ・リチャードソン
  • 1988年、『幻の城 バイロンとシェリー』Remado al Viento (Rowing with the Wind / Rowing in the Wind):ゴンザロ・スアレス監督、メアリー・シェリー役リジー・マッキナニー
  • 1997年、『クローン・オブ・エイダ』Conceiving Ada:監督 リン・ハーシュマン=リーソン、メアリー・シェリー役エスター・マリガン
  • 2017年、『メアリ・シェリー』Mary Shelly:監督ハイファ・アル=マンスール、メアリー・シェリー役エル・ファニング

関連文献

  • 十返千鶴子著『世紀末ロンドンを翔んだ女 メアリ・ウォルストンクラフトを追う旅』新潮社、1990年10月、ISBN 4103530022

関連項目

  • 作家の悪夢
  • ディオダディ荘の怪奇談義(フランケンシュタイン執筆のきっかけの出来事)

外部リンク

リソースサイト

  • Mary Wollstonecraft Shelley Chronology and Resource Site(英語)
  • About Mary Shelley(英語)
    • Works Online: Ferdinando Eboli, Frankenstein the Modern Prometheus, Rome in the First and Nintendo Centuries, The False Rhyme, The Last Man, The Mortal Immortal, The Mourner
    • Timeline
  • メアリー・シェリー - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  • シェリー メアリー・ウォルストンクラフト:作家別作品リスト(青空文庫)
  • メアリ・シェリーに関する論文集 - 市川純(日本シェリー研究センター)、早稲田大学リポジトリ


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る