Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アルプスの少女ハイジ (10歳までに読みたい世界名作)

ヨハンナ シュピリ
松永 美穂
単行本
学研教育出版
153ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
10歳までに読みたい世界名作9 アルプスの少女ハイジ

ヨハンナ・シュピリ
横山洋子
Kindle版
学研プラス
108ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハイジ 下 (岩波少年文庫)

ヨハンナ・シュピリ
Kindle版
岩波書店
224ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハイジ (下) (岩波少年文庫 (107))

ヨハンナ・シュピリ
マルタ・プファネンシュミート
単行本
岩波書店
280ページ
¥ 734
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))

ヨハンナ・シュピリ
マルタ・プファネンシュミート
単行本
岩波書店
317ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ハイジ 上 (岩波少年文庫)

ヨハンナ・シュピリ
Kindle版
岩波書店
258ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アルプスの少女ハイジ (ポプラ世界名作童話)

ヨハンナ シュピリ
pon‐marsh
単行本
ポプラ社
163ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アルプスの少女ハイジ (角川文庫)

ヨハンナ シュピリ
Johanna Spyri
文庫
角川書店
349ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
マンガジュニア名作シリーズ アルプスの少女ハイジ
山田牛午
Kindle版
学研プラス
201ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アルプスの少女ハイジ (マンガジュニア名作シリーズ)

ヨハンナ シュピリ
Johanna Spyri
単行本
学研教育出版
191ページ
著者の詳細

ヨハンナ・シュピリ

ヨハンナ・シュピリJohanna Spyri、1827年6月12日 - 1901年7月7日)は、スイスの作家である。『アルプスの少女ハイジ』の著者として知られる。

略歴

ヨハンナは医師のヨハン・ヤコブ・ホイッサーと、女流詩人メタ・ホイッサー・シュヴァイツァーの間の、6人の子のうちの4番目に生まれる。 スイスのチューリッヒ州ヒルツェルの田園地帯に育つ。幼少時にはグラウビュンデン州のクールの周りで夏を幾度か過ごし、その体験を後の小説に生かした。

1852年には弁護士のベルンハルト・シュピリと結婚し、チューリッヒでの生活の間に田舎での暮らしに関する小説を書き始めた。最初の本『Ein Blatt auf Vrony's Grab』は1871年に、『アルプスの少女ハイジ』は1880年に出版された。

夫との間には息子が1人いたが、27歳で死去し、相次いで夫も1884年に死去した。1人になったヨハンナは慈善活動に専念し、死去までに50以上の物語を出版した。遺体はチューリッヒのジールフェルト墓地(ドイツ語: Friedhof Sihlfeld)に埋葬されたが、肖像はスイスの象徴として、1951年には郵便切手に、2001年には20CHF硬貨に使用された。

2010年にはドイツの文学研究者ペーター・ビュトナーによって、『アルプスの少女ハイジ』が1830年にドイツの作家、ヘルマン・アーダム・フォン・カンプが発表した作品『アルプスの少女アデレード』に類似していることが指摘され、『アルプスの少女ハイジ』の下敷きとなった可能性が高いとした。この指摘はスイスの新聞が報じるなど、波紋を広げた。

主な著作

  • 1871, Ein Blatt auf Vrony's Grab
  • 1872, Nach dem Vaterhause!
  • 1873, Aus früheren Tagen.
  • 1872, Ihrer Keines vergessen.
  • 1872, Verirrt und gefunden(Aus dem Leben)(Erzählband)
  • 1878, Heimathlos.(mit den Erzählungen Am Silser- und am Gardasee und Wie Wiseli's Weg gefunden wird
  • 1879, Aus Nah und Fern.(mit den Erzählungen Der Mutter Lied und Peppino, fast eine Räubergeschichte
  • 1879, Verschollen, nicht vergessen. Ein Erlebnis, meinen guten Freundinnen, den jungen Mädchen
  • 1880, „Heidi's Lehr- und Wanderjahre.“
  • 1880, Im Rhonethal
  • 1880, Aus unserem Lande.(mit den Erzählungen Daheim und wieder draussen und Wie es in Waldhausen zugeht
  • 1881, Am Sonntag
  • 1881, „Heidi kann brauchen, was es gelernt hat.“
  • 1881, Ein Landaufenthalt von Onkel Titus.
  • 1882, Kurze Geschichten für Kinder und auch für Solche, welche die Kinder lieb haben.(mit den Erzählungen Beim Weiden-Joseph, Rosen-Resli, Der Toni von Kandergrund, Und wer nur Gott zum Freunde hat, dem hilft er allerwegen! und In sicherer Hut
  • 1883, Wo Gritlis Kinder hingekommen sind.
  • 1883, Zwei Volksschriften(mit den Texten Ein goldener Spruch und Wie einer dahin kam, wo er nicht hin wollte
  • 1884, Gritlis Kinder kommen weiter.
  • 1885, Aus dem Leben eines Advocaten
  • 1886 Kurze Geschichten für Kinder und auch für Solche, welche die Kinder lieb haben. Zweiter Band.(mit den Erzählungen Moni der Geissbub, Was der Grossmutter Lehre bewirkt, Vom This, der doch etwas wird, Am Felsensprung und Was Sami mit den Vögeln singt
  • 1887, Was soll denn aus ihr werden? Eine Erzählung für junge Mädchen
  • 1888, Arthur und Squirrel.
  • 1888, Aus den Schweizer Bergen.(mit den Erzählungen In Hinterwald, Die Elfe von Intra und Vom fröhlichen Heribli
  • 1889, Was aus ihr geworden ist. Eine Erzählung für junge Mädchen.
  • 1890, Cornelli wird erzogen.
  • 1891, Volksschriften von Johanna Spyri. Zweiter Band.(mit den Texten In Leuchtensee und Wie es mit der Goldhalde gegangen ist
  • 1892, Schloss Wildenstein.
  • 1901, Die Stauffer-Mühle

脚注

外部リンク

  • プロジェクト・グーテンベルク
  • ヨハンナ・シュピリミュージアム
  • アルプスの少女ハイジという物語


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る