Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

レフ・ニコラエヴィチ トルストイ
望月 哲男
文庫
光文社
602ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンナ・カレーニナ〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

レフ・ニコラエヴィチ トルストイ
望月 哲男
文庫
光文社
600ページ

アンナ・カレーニナ 4 [BBCクラシックドラマ] ()

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
単行本
紀伊國屋書店
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)

レフ・ニコラエヴィチ トルストイ
望月 哲男
文庫
光文社
434ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンナ・カレーニナ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

レフ・ニコラエヴィチ トルストイ
望月 哲男
文庫
光文社
514ページ

アンナ・カレーニナ 3 [BBCクラシックドラマ] ()

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
単行本
紀伊國屋書店

アンナ・カレーニナ縮約版 上―[録音資料] (新潮カセットブック T- 5-1)

トルストイ
木村 浩
文庫
新潮社
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンナ・カレーニナ(中)

レフ・トルストイ
中村白葉
Kindle版
グーテンベルク21
376ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
アンナ・カレーニナ (中公文庫―コミック版)

いがらし ゆみこ
文庫
中央公論社
215ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ロシア2 罪と罰/アンナ・カレーニナ 集英社ギャラリー 世界の文学 (14) (世界の文学)
川村 二郎
単行本
集英社
1460ページ
書籍の詳細

アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナ』(露: Анна Каренина)は、帝政ロシアの作家レフ・トルストイの長編小説。1873年から執筆を開始し、1875年から雑誌『ロシア報知』(露: Русскій Вѣстникъ)に連載した。1877年に単行本初版が刊行された。『戦争と平和』と並ぶ作者の代表作であり、現代に至るまで極めて高い評価を受けている。

あらすじ

主な舞台は1870年代のロシア。

政府高官カレーニンの妻である美貌のアンナは、兄夫婦の諍いを仲裁するためにやってきたモスクワで若い貴族の将校ヴロンスキーと出逢い、互いに惹かれ合う。

地方の純朴な地主リョーヴィンはアンナの兄嫁の妹キティに求婚するが、ヴロンスキーとの結婚を期待するキティに断られてしまう。失意のリョーヴィンは領地に戻り、農地の経営改善に熱心に取り組む。ところがキティはヴロンスキーに無視され、それがきっかけで病を患ってしまう。

アンナは夫と幼い一人息子の待つペテルブルクへ帰京するが、ヴロンスキーはアンナを追う。二人の関係は急速に深まるが、それを知ったカレーニンは世間体を気にして離婚に応じない。

アンナはヴロンスキーの子供を出産後、重態となる。そこへ駆けつけたカレーニンは寛大な態度でアンナを許す。その一連を目の当たりにしたヴロンスキーはアンナを失うことに絶望しピストル自殺を図るが、未遂に終わる。その後ヴロンスキーは退役して、回復したアンナを連れて外国に出奔する。

リョーヴィンは病気の癒えたキティと結婚し、領地の農村で新婚生活を始める。そして兄を看取ったことをきっかけに人生の意義に悩むようになる。

帰国したアンナとヴロンスキーの二人は、不品行が知れ渡り社交界から締め出され、やむなくヴロンスキーの領地に居を定めることになる。離婚の話は、狂信的な知人のカレーニンへの入れ知恵や、一人息子を奪われるというアンナの恐れなどの事情でなかなか進まない。自らの境遇に不満なアンナと領地の経営に熱中するようになったヴロンスキーとは次第に気持ちがすれ違い始め、アンナはヴロンスキーの愛情が他の女性に移ったのではないかとまで疑うようになる。ついに絶望したアンナは列車に身を投げる。生きる目的を見失ったヴロンスキーは、私費を投じて義勇軍を編成し、トルコとの戦争(露土戦争)に赴く。

一方、リョーヴィンは、キティとの間に子供をもうけ、領地で幸せな家庭を築き、人は他人や神のために生きるべきものだという思いに至る。

主題

不倫という神の掟をやぶる行為に走ったアンナは不幸な結末を迎えざるをえない。しかし、自身の気持ちに誠実に生きたアンナを同じ罪人である人間が裁くことはできない。虚飾に満ちた都会の貴族社会で死に追いやられたアンナと、農村で実直に生きて信仰に目覚め、幸せをつかんだリョーヴィンとが対比され、人の生きるべき道が示されている。

手法

トルストイは、リアリズムの巨匠の一人と評され、本作品においても鋭敏な感性で登場人物の肉体や行動、および環境を描くことで、その人物の心理を表現するという作者一流のリアリズムの手法が駆使されている。その的確な描写力に加え、心理に対する深い洞察、厳密なことばの選択などが、数多くの登場人物の個性を鮮やかに描き分ける。また、修辞学を排し語義そのものを明らかにする直截的な文体が用いられている。

評価

雑誌に発表した当初から賞賛の声に包まれた。ドストエフスキーは「芸術上の完璧であって、現代、ヨーロッパの文学中、なに一つこれに比肩することのできないような作品である」、トーマス・マンは「このような見事な小説、少しの無駄もなく一気に読ませる書物、全体の構造も細部の仕上げも一点非の打ちどころのない作品」と評し、レーニンは、本がすり切れるまで読んだと言われている。桑原武夫は「この間お目にかかった志賀直哉さんも、近代小説の教科書といっていい、ともらされております」と発言している。

2002年にはノルウェー・ブック・クラブ(Norwegian Book Club)が選定した「世界文学最高の100冊」(en:The 100 Best Books of All Time)に選ばれ、2007年刊行の『トップテン 作家が選ぶ愛読書』“The Top Ten: Writers Pick Their Favorite Books”においては、現代英米作家125人の投票により、世界文学ベストテンの首位を占めた。

日本語訳

複数の訳が重版されているが、いずれもタイトルは「アンナ・カレーニナ」で統一されている。

  • 中村融訳 「アンナ・カレーニナ (上中下巻)」岩波文庫 1989年
  • 木村浩訳 「アンナ・カレーニナ (上中下巻)」新潮文庫 1998年
  • 北御門二郎訳 「アンナ・カレーニナ (上下巻)」東海大学出版会 2000年
  • 望月哲男訳 「アンナ・カレーニナ (全4巻)」光文社古典新訳文庫 2008年

派生作品

映画

この作品は何度も映画・テレビ化されている。

バレエ

演劇

  • 宝塚歌劇団によるミュージカル。2001年初演、2008、2019年再演。脚本、演出:植田景子 
  • 東宝ミュージカル 1992年初演のブロードウェイ・ミュージカルで、2006年日本初演、2010、2013年再演。 脚本・作詞:Peter Kellogg 音楽:Daniel Levine 日本版修辞・訳詞:小池修一郎 日本版演出:鈴木裕美 

 出演

 2006年版 アンナ:一路真輝、ヴロンスキー:井上芳雄、レヴィン:葛山信吾、スティーバ:小市慢太郎、カレーニン:山路和弘

 2010年版 アンナ:一路真輝、瀬奈じゅん(Wキャスト)、ヴロンスキー:伊礼彼方、レヴィン:葛山信吾、スティーバ:山西惇、カレーニン:山路和弘

 2013年版 アンナ:一路真輝、ヴロンスキー:伊礼彼方、レヴィン:葛山信吾、スティーバ:井之上隆志、カレーニン:山路和弘

  • 劇団室生春カンパニー 2007年初演,2009年再演。脚色、演出:室生春 出演:高橋奈緒美、伊藤衣里他
  • 劇団Studio Life 2018年初演、演出:倉田淳 出演:アンナ:曽世海司、岩﨑大(Wキャスト)、ヴロンスキー:笠原浩夫他

脚注

外部リンク

  • Anna Karenina パブリックドメインオーディオブック - LibriVox
  • アンナ・カレーニナみたいなおしゃれ ロシアNOW

英語版テキスト

  • Anna Karenin
  • Anna Karenina formatted for online reading

ロシア語版テキスト

  • «Анна Каренина» at LitPortal.ru
  • Full Russian text of Anna Karenina at Alexey Komarov's Internet Library


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る