Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
新しい世界の文学〈第42〉すべての王の臣 (1966年)

ロバート・ペン・ウォーレン
鈴木 重吉

白水社
542ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
南北戰爭の遺産

ロバート・ペン・ウォーレン
留守晴夫
単行本(ソフトカバー)
圭書房
144ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
すべて王の臣

ロバート・ペン ウォーレン
Robert Penn Warren
単行本
白水社
542ページ
著者の詳細

ロバート・ペン・ウォーレン

ロバート・ペン・ウォーレン(Robert Penn Warren, 1905年4月24日–1989年9月15日)はアメリカ合衆国の詩人、小説家、評論家。 1947年に『すべて王の臣(All the King's Men)』でピューリッツァー賞(小説部門)を受賞した。同作は二度映画化されている。

  • オール・ザ・キングスメン(1949年)
  • オール・ザ・キングスメン (2006年の映画)

邦訳

  • 『すべて王の臣』鈴木重吉訳 白水社 1966
  • 『現代アメリカ作家論』高橋正雄,武市楯夫共訳 南雲堂 1966
  • 『天使の群』並河亮訳 現代アメリカ文学選集 荒地出版社 1968
  • 『南北戦争の遺産』田中啓史,堀真理子訳 本の友社 1997

外部リンク

  • Official website


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る