Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧(下) (講談社文庫)

原田 康子
文庫
講談社
448ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧(下) (講談社文庫)

原田康子
Kindle版
講談社
340ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧〈下〉

原田 康子
単行本
講談社
508ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧(中) (講談社文庫)

原田 康子
文庫
講談社
448ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧(中) (講談社文庫)

原田康子
Kindle版
講談社
345ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧(上) (講談社文庫)

原田 康子
文庫
講談社
448ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧(上) (講談社文庫)

原田康子
Kindle版
講談社
350ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
海霧〈上〉

原田 康子
単行本
講談社
508ページ

海霧 上下巻セット

原田康子
単行本
講談社
カスタマーレビューはありません。
書籍の詳細

原田康子

原田 康子(はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。

来歴・人物

東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・北海道釧路江南高等学校)卒業後、釧路新聞に勤務。

1949年に同人雑誌「北海文学」に処女作『冬の雨』を発表し、以後も同誌を中心に短編・長編を発表。1954年「新潮」同人雑誌賞に『サビタの記憶』で応募、最終候補に残って伊藤整らの高い評価を得る。翌年から「北海文学」誌上に長編『挽歌』を連載。1956年に出版されベストセラーとなり、映画化されるなど大きな反響を呼んだ。『挽歌』は翻訳され、海外数ヶ国でも出版されている。また1991年には、『満月』が『満月 MR.MOONLIGHT』のタイトルで映画化されている。

競馬、将棋を趣味とし、それらについてのエッセイ集『はなれ駒あそび駒』もある。1998年の将棋王座戦の観戦記を執筆し、翌年、将棋ペンクラブ大賞(観戦記部門賞)を受賞。

『挽歌』と『蝋涙』(1999年)で2度女流文学賞を、『海霧』(2002年)で第37回吉川英治文学賞を受賞している。2003年、北海道文化賞受賞。

2009年10月20日、肺炎のため札幌市内の病院で逝去。。 人気作家となった後も、北海道在住のまま執筆活動を続けていたことでも知られる。

作品リスト

  • 『挽歌』東都書房 1956 のち角川文庫、新潮文庫
  • 『サビタの記憶』新潮社 1957 のち角川文庫、『サビタの記憶・廃園』1991 新潮文庫
  • 『廃園』筑摩書房 1958 のち角川文庫
  • 『輪唱』東都書房, 1958 のち角川文庫 
  • 『いたずら』東都書房, 1960 のち集英社文庫
  • 『病める丘』新潮社, 1960 のち文庫
  • 『殺人者』中央公論社 1962 のち角川文庫、新潮文庫
  • 『望郷』文芸春秋新社, 1964 のち文庫、角川文庫
  • 『北の林』新潮社, 1968 のち文庫
  • 『北国抄』読売新聞社 1973 のち角川文庫 
  • 『虹』作品社 1979 のち集英社文庫
  • 『日曜日の白い雲講談社 1979 のち文庫、角川文庫 
  • 『素直な容疑者』作品社 1980 のち講談社文庫、角川文庫  
  • 『遠い森』作品社 1980 のち集英社文庫
  • 『恋人たち』新潮社 1982 のち文庫 
  • 『鳥のくる庭』講談社 1982 のち文庫 
  • 『風の砦』新潮社 1983 のち文庫、講談社文庫 
  • 『満月』朝日新聞社 1984 のち新潮文庫 
  • 『星の岬』集英社 1985 のち文庫
  • 『イースターの卵』朝日新聞社 1986 のち文庫
  • 『窓辺の猫』講談社 1988 のち文庫
  • 『はなれ駒あそび駒』講談社 1991 のち文庫
  • 『聖母の鏡』新潮社 1997 のち文庫 
  • 『蝋涙』講談社 1999 のち文庫 
  • 『父の石楠花』新潮社 2000
  • 『海霧』講談社 2002 のち文庫

参考

  • 「北海文学」の航跡 作家、原田康子「挽歌」のナビゲーション 永田秀郎 言海書房,2003.5.
  • 原田康子の北海道 小説「挽歌」から50年 北海道立文学館, 2005.9.
  • 原田康子 「挽歌」から「海霧」まで 北海道文学館編 北海道新聞社,2010.10.
  • 「挽歌」物語 作家原田康子とその時代 盛厚三 釧路市教育委員会, 2011.10.釧路新書

脚注



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る