Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
等伯(上)

安部龍太郎
Kindle版
日本経済新聞出版社
129ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
等伯 上 (文春文庫)

安部 龍太郎
文庫
文藝春秋
374ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
等伯 〈上〉

安部 龍太郎
ハードカバー
日本経済新聞出版社
350ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
等伯 下 (文春文庫)

安部 龍太郎
文庫
文藝春秋
406ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
等伯 〈下〉

安部 龍太郎
ハードカバー
日本経済新聞出版社
369ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
等伯(下)

安部龍太郎
Kindle版
日本経済新聞出版社
133ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
絵物語 長谷川等伯

安部龍太郎
単行本(ソフトカバー)
日本経済新聞出版社
136ページ
書籍の詳細

等伯

等伯』(とうはく)は、安部龍太郎により、安土桃山から江戸初期にかけて活躍した絵師・長谷川等伯の生涯を描く1200枚を超える長編小説。2012年に日本経済新聞出版社として上下2巻の単行本で刊行された。同年第148回直木賞受賞。

概況

2011年1月から2012年5月まで日本経済新聞朝刊に連載され、 2012年9月加筆修正のうえで単行本化。また2015年9月文庫化(上下巻)。小説の時間設定は戦国(永禄年間)~江戸初期(慶長年間)で、場所は能登~越中~芹川~近江~京~大坂~堺など。作者の安部は受賞後この作品と向き合ったことで「等伯に作家としての力量を上げてもらった」「このような晴れやかな日が僕の人生に訪れるとは思っていなかった。読者に感謝の気持ちでいっぱい」と喜びを語った。 それから、本作の執筆は主人公が 武将と違うため文献資料にあまり頼れない。残された水墨画や仏画などと「虚心坦懐に向き合って」書き進めるしかなかった。

あらすじ

目次

上巻
  • 第一章 京へ
  • 第二章 焦熱の道
  • 第三章 盟約の絵
  • 第四章 比翼の絆
  • 第五章 遠い故郷
  • 第六章 対決
下卷
  • 第六章 対決(承前)
  • 第七章 大徳寺三門
  • 第八章 永徳死す
  • 第九章 利休と鶴松
  • 第十章 「松林図」
  • あとがき

主要登場人物

  • 長谷川又四郎信春(のち等伯、絵師)
  • 静子(信春の妻)
  • 久蔵(信春の長男)
  • 清子(信春の二番目の妻、堺の油屋の娘)
  • 奥村武之丞(信春の実兄、畠山家の家臣)
  • 狩野永徳(朝廷の御用絵師)
  • 夕姫(畠山義綱の娘、三条西家に嫁入り)
  • 近衛前久(関白)
  • 豊臣秀吉(天下人)
  • 千利休(茶人)

評価

書誌情報

単行本
  • 『等伯』日本経済新聞出版社 、2012年、上巻 ISBN 978-4-532-17113-1 下巻 ISBN 978-4-532-17114-8
文庫本
  • 『等伯』文春文庫、2015年、上巻 ISBN 978-4-167-90442-5 下巻 ISBN 978-4-167-90443-2

出典

外部リンク

  • 等伯〈上〉日本経済新聞出版社
  • 等伯〈下〉日本経済新聞出版社


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る