Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ゼロ年代SF傑作選 (ハヤカワ文庫 JA エ 2-1) (ハヤカワ文庫JA)

S-Fマガジン編集部
S-Fマガジン編集部
文庫
早川書房
380ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
物語工学論 キャラクターのつくり方 (角川ソフィア文庫)

新城 カズマ
kyo
Kindle版
KADOKAWA / 角川学芸出版
173ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
物語工学論 キャラクターのつくり方 (角川ソフィア文庫)

新城 カズマ
kyo
文庫
KADOKAWA
240ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
コンテンツの思想―マンガ・アニメ・ライトノベル

東 浩紀
単行本
青土社
204ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Twitter小説集 140字の物語

内藤 みか
単行本
ディスカヴァー・トゥエンティワン
144ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
Twitter小説集 140字の物語

内藤みか
Kindle版
ディスカヴァー・トゥエンティワン
146ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ユリイカ2010年10月号 特集=安倍吉俊 『serial experiments lain』『灰羽連盟』『リューシカ・リューシカ』・・・仮想現実の天使たち (ユリイカ詩と批評)

安倍 吉俊
ムック
青土社
245ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
島津戦記

新城 カズマ
単行本
新潮社
428ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
島津戦記

新城 カズマ
Kindle版
新潮社
319ページ

島津戦記(二)

新城 カズマ
文庫
新潮社
320ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

新城カズマ

新城 カズマ(しんじょう かずま)は、日本のSF作家、ライトノベル作家。架空言語設計家。慶應義塾大学ファンタジー研究会出身。日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。

1991年のデビューから1997年までは新城十馬(読みは現在と同じく“しんじょうかずま”)の名で作品を発表していた。デビュー以来、富士見ファンタジア文庫で作品を刊行していたが、2001年以降はその他のレーベルや出版社でも著作を発表している。

経歴

ライトノベル作家として、『蓬莱学園』シリーズなど、架空世界の設定や作中での言語に関する考察などに特色のある作品を発表していた。2002年発表の『星の、バベル』は南太平洋の架空の小国を舞台にした言語テーマのSF小説であり、第34回星雲賞にノミネートされるなど高い評価を得た。

1990年

  • 柳川房彦(やながわふさひこ)名義で、PBMゲーム『蓬莱学園の冒険!』の“グランドマスター”として、背景世界の構築、ストーリー展開とゲーム全体の管理を行う
  • その後、『蓬莱学園』シリーズはPBMゲームが発端となって、小説、TRPG、コンシューマーゲームなどにメディアミックス展開され、また繰り返しPBMゲームの題材になった。その後も同名義にて、有限会社エルスウェアの中心的人物として、TRPGの制作をはじめとするゲーム関連の著作に携わっている。

2006年

  • 『サマー/タイム/トラベラー』で、第37回星雲賞日本長編部門を受賞
  • 6月3日、サントリー・サタデー・ウェイティング・バー(TOKYO FM)に出演

2008年

  • 12月22日より、ブログ「散歩男爵 Baron de Flaneur (Art Plod版)」をはてなダイアリーで開始
  • 早稲田大学10時間連続シンポジウムに参加

2012年

  • 慶応義塾大学の総合講座『前衛と伝統』で講義
  • シノドスで稲葉振一郎・田中秀臣両氏と鼎談

2013年

  • 「海猫沢めろん×新城カズマ presents 「読者工学論 物語を書く前に考える6つのこと」(全6回)開催

2014年

  • 「新潮」誌上で、島津義秀・徳川家広両氏と『島津戦記』座談会
  • SUGOI JAPANライトノベル部門審査員を務める

2015年

  • 9月15日、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」にゲスト出演
  • 「新城カズマ×海猫沢めろん 「司馬遼太郎を乗り越えるには――新城カズマ『島津戦記』刊行記念インタビュー」開催
  • 京都造形芸術大学で夏期集中講義(「ライトノベルについて考える&書く!」)
  • SUGOI JAPAN2015ライトノベル部門審査員を務める

主要な著作

小説

  • 富士見書房
    • 富士見ファンタジア文庫
      • 『蓬莱学園』シリーズ(既刊11巻、1991年09月-、イラスト:中村博文他)
      • 『マリオン&Co.』(1997年05月、イラスト:村田蓮爾)
      • 『狗狼伝承』シリーズ(全7巻、1998年09月-2005年11月 イラスト:介錯)
      • 『ジェスターズ・ギャラクシー』シリーズ(全4巻、2002年07月-2004年03月、イラスト:純珪一→おもて空良)
    • 富士見ミステリー文庫
      • 『浪漫探偵・朱月宵三郎』シリーズ(全2巻 イラスト:左)
        • 屍天使学院は水没せり 浪漫探偵・朱月宵三郎 (2001年3月)
        • 無謬邸は暁に消ゆ 浪漫探偵・朱月宵三郎2 (2001年12月)
  • ファミ通文庫(エンターブレイン)
    • 『イスベルの戦賦』シリーズ(全2巻、2003年6月-2003年7月、イラスト:D-SUZUKI)
    • 『特命転攻生』(2001年10月、新藤キミテル・高崎とおるとの共著、イラスト:広江礼威)
    • 『レジェンド オブ ドラグーン』(監修。著者は伊豆平成)
  • ハルキ文庫ヌーベルSFシリーズ(角川春樹事務所)
    • 『星の、バベル』(上下巻、2001年1,9月、イラスト:田中比呂人)
  • 早川書房
    • ハヤカワ文庫JA 次世代型作家のリアル・フィクション
      • 『サマー/タイム/トラベラー』(全2巻、2005年6,7月、イラスト:鶴田謙二)
    • 『マルジナリアの妙薬』(2010年7月) - まんたんブロード2007年4月号-2008年3月号に掲載された連作ショートショート。イラスト:箸井地図
  • スーパーダッシュ文庫(集英社)
    • 『15×24』(イチゴー・ニイヨン)(全6巻、2009年9月-12月、イラスト:箸井地図) - 著者自ら、Twitterで先行公開を行った
      • 15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った(2009年9月)
      • 15×24 link two 大人はわかっちゃくれない(2009年9月)
      • 15×24 link three ――裏切者!(2009年10月)
      • 15×24 link four Riders of the Mark City(2009年11月)
      • 15×24 link five ロジカルなソウル/ソウルフルなロジック(2009年12月)
      • 15×24 link six この世でたった三つの、ほんとうのこと(2009年12月)
  • 双葉社
    • 『さよなら、ジンジャー・エンジェル』(2010年2月、イラスト:緒方剛志)
    • 『玩物双紙』(2014年11月)
  • 文芸春秋
    • 『tokyo404』(2013年3月)
  • 新潮社
    • 『島津戦記』(2014年9月)
  • そのほかの出版社
    • 『Twitter小説集 140字の物語』(共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2009年11月)
    • 『ドラゴン株式会社』(21世紀空想科学小説 9、岩崎書店、2013年12月)

小説 (未単行本化作品)

長編
  • 永遠の城(2015年、双葉社文芸WEBマガジン カラフル)
短編
  • アンジー・クレーマーにさよならを (S-Fマガジン 2005年7月号、早川書房)
  • 月を買った御婦人(S-Fマガジン 2006年2月号、早川書房)
  • マップスシェアードワールド1・2 (GA文庫 2008年・2009年、ソフトバンククリエイティブ)
  • F&M月からN月までを(かろうじて)切り抜けながら (S-Fマガジン 2009年2月号、早川書房)
  • ジェラルド・L・エアーズ、最後の犯行 (小説推理 2010年3月号、双葉社)
  • 旧ソビエト連邦・北オセチア自治共和国における〈燦爛郷ノ邪眼王〉伝承の消長、および"Evenmist Tales"邦訳にまつわる諸事情について (2010年、『逆想コンチェルト : イラスト先行・競作小説アンソロジー 奏の2』、徳間書店)
  • 持ち逃げ有楽 (小説新潮 2011年4月号、新潮社)
  • 書物を燃やす者たちは、いずれ人をも燃やすだろう(ダ・ヴィンチ2014年10月号、メディアファクトリー)
  • あるいは土星に慰めを(『SF宝石2015』、光文社)
  • 真田幸村、一座建立 (『小説新潮』2016年1月号、新潮社)
連作シリーズ《あたらしいもの》
  • 雨ふりマージ (S-Fマガジン 2009年10月号、早川書房) - 第21回S-Fマガジン読者賞国内部門受賞。
  • 議論の余地はございましょうが (S-Fマガジン 2010年2月号、早川書房)
  • どちらか一方 (S-Fマガジン 2010年5月号、早川書房)
  • マトリカレント (NOVA 2、河出書房新社、2010年7月)

小説以外の著作

  • ライトノベル「超」入門 (ソフトバンク新書、ソフトバンククリエイティブ、2006年4月)
  • 物語工学論 入門篇 キャラクターをつくる (角川学芸出版、2009年8月)
    • 物語工学論 キャラクターのつくり方(文庫改訂版 角川ソフィア文庫、角川学芸出版、2012年5月)
  • 帝都、RT (集英社・ジャンプSQ、2009年8月)漫画原作
  • われら銀河をググるべきや (早川書房、2010年7月)
  • 名前探しの放課後 (著:辻村深月、講談社文庫、2010年9月) - 「解説」
  • 未来力養成教室 (編:日本SF作家クラブ、岩波ジュニア新書、2013年7月) - 「IT'S FULL OF FUTURES…」(エッセイ)収録

外部リンク

  • 散歩男爵 Baron de Flaneur (Art Plod版) - 新城カズマ本人のブログ
  • Sinjow Kazma (SinjowKazma) on Twitter - 新城カズマ本人のTwitter
  • 有限会社エルスウェア
  • 柳川房彦/新城カズマ公認ファンクラブ『散歩男爵』
  • マンガ図書館Z無料配信中作品 - 絶版マンガ図書館

注釈



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る