Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
猫なんて!

角田光代
単行本(ソフトカバー)
キノブックス
244ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
深夜のラジオっ子 (単行本)

村上 謙三久
単行本(ソフトカバー)
筑摩書房
304ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
辺境・近境 写真篇 (新潮文庫)

松村 映三
文庫
新潮社
237ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
辺境・近境 写真編

松村 映三
単行本
新潮社
150ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ

DK社
高貴準三
単行本
学研プラス
192ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
世話焼き長屋―人情時代小説傑作選 (新潮文庫)

池波 正太郎
文庫
新潮社
255ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

阿川 佐和子
単行本(ソフトカバー)
河出書房新社
208ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
雨天炎天

村上 春樹
単行本
新潮社
280ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
勝海舟 (書きおろし歴史小説シリーズ)

村上 元三
単行本
学研
380ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
勝海舟 (人物文庫)

村上 元三
文庫
学陽書房
560ページ
著者の詳細

村上元三

村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は、日本の小説家。

経歴・人物

朝鮮半島の江原道元山生まれ。青山学院中等部卒。

1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で小説家・劇作家の長谷川伸を知り、師事する。

1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。

戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる。北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。代表作に『水戸黄門』『勝海舟』『次郎長三国志』などがある。

1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。2015年現在、最長在任記録となっている。

1966年度NHK大河ドラマとして放映された『源義経』では自ら脚本も担当している。

2006年4月3日、心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。96歳没。

受賞歴

  • 1934年 サンデー毎日大衆文芸賞佳作入選
  • 1941年 第15回直木賞
  • 1965年 NHK放送文化賞
  • 1974年 紫綬褒章
  • 1981年 勲三等瑞宝章

主な作品

  • 蝦夷日記
  • 北緯五十度
  • 源義経(1955年の映画『源義経』、1956年の映画『続源義経』、1959年のNET(現テレビ朝日)連続ドラマ『源義経』、NHK大河ドラマ『源義経』、日本テレビ年末時代劇スペシャル『源義経』原作)
  • 次郎長三国志
  • 流域の賊
  • 松平長七郎旅日記(1959年の東映作品『長七郎旅日記 魔の影法師』、『長七郎旅日記 はやぶさ天狗』、テレビ時代劇『長七郎江戸日記』原作)
  • 加賀騒動(1953年の東映作品『加賀騒動』の原作)
  • 天保つむじ風

著作

  • 『先駆者の旗』春陽堂 1940
  • 『上総風土記』新小説社 1941 のち春陽文庫 
  • 『緋鹿乃子捕物草紙』杉山書店 1941 
  • 『北海に叫ぶ』博文館 1941 
  • 『人情江戸八景』八紘社杉山書店 1942 
  • 『花火』湯川弘文社 1942 
  • 『抜刀隊の歌』東光堂 1942 
  • 『高下駄兵法』六芸社 1943 
  • 『日月帖』輝文堂書房 1944
  • 『南蛮屏風』東亜文化書房 1944
  • 『でんでこ拳』静書房 1946 
  • 『花の絵便り』凡人社・小説文庫 1946
  • 『恋猫直次郎』土佐書房 1948
  • 『神変妖奇白馬の小夜姫』偕成社 1948 
  • 『ひぶんえぞにしき』鷺ノ宮書房 1949
  • 『北海伝奇城』矢貴書店 1949
  • 『愛憎変化雛』矢貴書店 1950 新作時代長篇名作選集
  • 『佐々木小次郎』朝日新聞社 1950-51 のち新潮文庫、講談社文庫  
  • 『神変稲妻童子』ポプラ社 1950
  • 『夜叉頭巾 お吟捕物秘帖』文芸図書出版社 1950
  • 『阿片浪人』湊書房 1951
  • 『お祭伊太郎』新小説社 1951
  • 『加賀騒動』毎日新聞社 1951 のち光文社文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『河童将軍』新小説社 1951
  • 『颶風の門』春陽文庫 1951
  • 『新選組』湊書房 1951-52 のち春陽文庫、新潮文庫、富士見書房時代小説文庫、学陽書房人物文庫    
  • 『捕物そばや』春陽文庫 1951 「加田三七捕物そば屋」徳間文庫
  • 『鼠小僧恋八景』新小説社 1951
  • 『緋鹿子捕物草紙』新小説社 1951
  • 『風流あじろ笠』文芸図書出版社 1951 のち春陽文庫、徳間文庫  
  • 『北斗の鐘』東方社 1951
  • 『明治水滸伝』東方社 1951
  • 『江戸いろは祭』文芸図書出版社 1952 時代小説新作全集
  • 『疾風からす隊』偕成社 1952 
  • 『随筆・佐々木小次郎』朝日新聞社 1952
  • 『月夜囃子』彩光社 1952
  • 『天馬往来』毎日新聞社 1952 『高杉晋作』桃源社 『天馬往来 高杉晋作』徳間文庫、「維新回天高杉晋作」学陽書房人物文庫 
  • 『道元禅師』啓明社 1952
  • 『風雲隼隊』偕成社 1952 
  • 『風雪おんな草』文芸図書出版社 1952
  • 『源義経』朝日新聞社 1952-55 のち講談社文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『岩見重太郎』豊文社 1953
  • 『喧嘩笠』文芸図書 1953
  • 『次郎長三国志』文芸春秋新社 1953 のち春陽文庫、文春文庫、角川文庫   
  • 『千姫』主婦之友社 1953 のち徳間文庫 
  • 『伝奇めおと雛』東京文芸社 1953
  • 『南海まぼろし船』偕成社 1953 
  • 『白面公子』文芸図書出版社 1953-54 (松平長七郎) 
  • 『慶安水滸伝』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『春風数え唄』同光社 1954 時代小説名作全集
  • 『日月新たなり』桃源社 1954
  • 『忠治祭』東京文芸社 1954
  • 『鎮西八郎』産業経済新聞社 1954 「鎮西八郎為朝」徳間文庫 
  • 『白馬の密使』偕成社 1954 
  • 『北溟まぼろし城』偕成社 1954 
  • 『村上元三文庫』全9 大日本雄弁会講談社 1954
  • 『八州遊侠伝』東京文芸社 1955 人気作家小説全集
  • 『戦国まぼろし城』ます美書房・あり文庫 1955
  • 『天保六道銭』文芸春秋新社 1955 のち春陽文庫、徳間文庫  
  • 『雛の盃』宝文館 ラジオ・ドラマ新書 1955
  • 『猿と放下師』同光社 1956 大衆小説名作選
  • 『千両鯉』東京文芸社 1956 のち徳間文庫 
  • 『花頭巾』桃源社 1956
  • 『花火の港』同光社 1956 長篇時代小説全集
  • 『松平長七郎旅日記』同光社 1956 のち光文社文庫 
  • 『浪人無双』東京文芸社 1956
  • 『東男京女』東方社 1957
  • 『江戸の小鼠たち』大日本雄弁会講談社 1957
  • 『平賀源内』東京文芸社 1957 のち光文社文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『水戸黄門』毎日新聞社 1957-62 のち講談社文庫    
  • 『浪人囃子』桃源社 1957
  • 『加藤清正』東京文芸社 1958-61 のち学陽書房人物文庫 
  • 『三界飛脚』新潮社 1958-59 のち徳間文庫 
  • 『雑兵物語』春陽堂書店 1958
  • 『八幡船』東京文芸社 1958
  • 『風流剣士』桃源社 1958 
  • 『大坂城物語』光文社 1959 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『真田十勇士』桃源社 1959 のち徳間文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『風流さんど笠』桃源社 1960-61 
  • 『野狐笛』東京文芸社 1960
  • 『大久保彦左衛門』中央公論社 1961 のち文庫 
  • 『遊侠そろばん縞』桃源社 1961
  • 『十二支館』新潮社 1963
  • 『南総里見八犬伝』滝沢馬琴原作 小学館・少年少女世界名作文学全集 1963
  • 『岩崎弥太郎』朝日新聞社 1964 のち学陽書房人物文庫 
  • 『からす天狗』桃源社 1964 のち徳間文庫 
  • 『戦国一切経』中央公論社 1964 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『修羅太鼓』桃源社 1965
  • 『天の火柱』講談社 1965
  • 『四百字三十年』番町書房 1966
  • 『阿呆丸伝八』読売新聞社 1966
  • 『顔のない侍』東京文芸社 1966 のち徳間文庫 
  • 『花雪の曲』東京文芸社 1966
  • 『長太郎合羽』東京文芸社 1966
  • 『村上元三選集』全6 徳間書店 1966
  • 『落椿抄 忠臣蔵表裏』人物往来社 1967 『新本忠臣蔵』文春文庫
  • 『海を飛ぶ鷹』東京文芸社 1968 のち徳間文庫 
  • 『水滸伝 中国古典』ポプラ社世界の名作 1968
  • 『足利尊氏』学習研究社 1969 のち徳間文庫 
  • 『勝海舟』学習研究社 1969 のち徳間文庫、学陽書房人物文庫  
  • 『陣幕つむじ風』東京文芸社 1969
  • 『平清盛』学習研究社 1970 のち徳間文庫 
  • 『八丁堀同心加田三七』東京文芸社 1970 のち徳間文庫、学陽書房人物文庫「加田三七捕物帳」 
  • 『水戸光圀』学習研究所 1970-71 のち学陽書房人物文庫 
  • 『江戸の遊女』東京文芸社 1971
  • 『白い風の道』講談社 1971
  • 『平家物語 歴史対談』中村直勝共著 講談社 1971
  • 『鮎の長太郎』東京文芸社 1973
  • 『薄墨の中納言』東京文芸社 1973
  • 『歴史の旅』東京美術 1973
  • 『江戸雑記帳』中央公論社 1974 のち文庫 
  • 『五彩の図絵』朝日新聞社 1974 のち中公文庫 
  • 『虹の女』おりじん書房 1974 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『流雲の賦』中央公論社 1975
  • 『歴史は生きている』ゆまにて 1976
  • 『史実と巷談』東京書籍・東書選書 1977
  • 『戦国風流』PHP研究所 1978 「戦国風流 乱世の異端児・前田慶次郎の生涯」文庫、学陽書房人物文庫 
  • 『起き上り小法師』東京文芸社 1979
  • 『六本木随筆』中公文庫 1980 
  • 『切られお富』中央公論社 1981 のち富士見書房時代小説文庫 
  • 『日本の祭り 歴史探訪』あずさ書房 1981
  • 『歴史つれづれ草 炉辺物語』あずさ書房 1981
  • 『仙石騒動』東京文芸社 1982 のち光文社文庫 
  • 『随想 歴史の裏ばなし』あずさ書房 1982
  • 『元三雑記帳』青蛙房 1984
  • 『田沼意次』毎日新聞社 1985 のち講談社文庫 
  • 『牡丹亭お遊』毎日新聞社 1986
  • 『松平長七郎旅日記』光文社文庫 1987 富士見書房時代小説文庫、学陽書房人物文庫 
  • 『ある侍の生涯』毎日新聞社 1988
  • 『江戸と東京 いろはにほへと』毎日新聞社 1988
  • 『浜田騒動』光文社文庫 1988
  • 『上杉謙信とその一族』世界文化社 1989
  • 『まぼろし御殿』毎日新聞社 1990
  • 『紙の降る城』毎日新聞社 1992
  • 『藤堂高虎』徳間文庫 1992 のち学陽書房人物文庫 
  • 『奥州争乱』広済堂文庫 1993 
  • 『思い出の時代作家たち』文芸春秋 1995
  • 『村上元三短篇館』全4巻 毎日新聞社 1995 

脚注

関連項目

  • 長谷川伸


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る