Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

商品は見つかりませんでした。 著者の詳細

河内仙介

河内仙介(かわち せんすけ、1898年10月21日 -1954年2月21日)は日本の小説家である。

大阪府生まれ。大阪市立甲種商業学校卒。本名は塩野房次郎。里見弴のもとに出入りし、弴の小説「文学」のモデル。親友・北条秀司の紹介で長谷川伸に師事し、新小説社に勤める。1940年、初めての商業誌掲載作「軍事郵便」で思いがけず直木三十五賞を受賞。しかし純文学志向が強く、それ以降はあまり作品を書けなかった。太平洋戦争中は片瀬で軍需工場の宿舎の舎監をし、戦後弴を訪ねて就職を依頼、久米正雄が世話をした。

次男の塩野周策は「小説公園」編集部員を経て、報知新聞社に勤務した。

受賞歴

  • 1940年、「軍事郵便」で第11回直木三十五賞受賞。

主な作品

  • 軍事郵便 新潮社、1940
  • 山高帽子: 1941年日活により映画化
  • 遺書: 1941年東宝により映画化(「母は死なず」)
  • わが姉の記 泰光堂、1943

脚注



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る