Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

関連商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ご本、出しときますね?

 
BSジャパン
単行本
ポプラ社
345ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ご本、出しときますね?
BSジャパン
Kindle版
ポプラ社
253ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
猛スピードで母は (文春文庫)

長嶋 有
文庫
文藝春秋
168ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
猛スピードで母は (文春文庫)

長嶋 有
Kindle版
文藝春秋
168ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
猛スピードで母は

長嶋 有
単行本
文藝春秋
160ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる

大江 健三郎
単行本(ソフトカバー)
講談社
332ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
大江健三郎賞8年の軌跡 「文学の言葉」を恢復させる

大江健三郎
Kindle版
講談社
297ページ
カスタマーレビューはありません。
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
小説の家

柴崎 友香
福永 信
単行本
新潮社
296ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
飛ぶ教室第51号(2017年秋) (【特集】「カレーライス物語」)

谷川 俊太郎
飛ぶ教室編集部
雑誌
光村図書出版
128ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
飛ぶ教室 第47号 (2016年秋) (行き帰りの道)

最果タヒ 川端裕人 青山七恵 楊逸 岡田淳 長嶋有
飛ぶ教室編集部
雑誌
光村図書出版
128ページ
カスタマーレビューはありません。
著者の詳細

長嶋有

長嶋 有(ながしま ゆう、男性、1972年9月30日 - )は日本の小説家、漫画家、同人作家である。

小説はモラトリアム状態の登場人物が日常を送る作品が多く、実在の固有名詞が多く作中に登場するのが特徴。漫画に造詣が深く、ブルボン小林名義で漫画・ゲームの批評も行っている。

経歴

デビューまで

埼玉県草加市生まれ。北海道登別市・室蘭市育ち。登別市立幌別西小学校、室蘭市立港南中学校、北海道室蘭清水丘高等学校普通科を経て、東洋大学2部文学部国文学科を卒業。

1990年代半ばからASAHIネットのパソコン通信に出入りし、「パスカル短篇文学新人賞」に応募するなどしていた。1997年にシヤチハタに就職し、結婚(のちに離婚)。ネットで知り合った仲間と俳句の同人に参加するようになり、その中の一人には川上弘美がいた。1998年に「ブルボン小林のインテリ大作戦」というウェブサイトを立ち上げる。投稿作品が予選通過や佳作を取るようになったため1999年に会社を辞め、作品執筆に専念する。2000年にASAHIネット時代からの友人が立ち上げたメールマガジンにコラムを連載し、フリーライターとして活動を開始。

小説家として

2001年に5つの文芸誌に同時に応募、このうち『文學界』に送った『サイドカーに犬』が第92回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で第125回芥川賞候補となる。2002年、「猛スピードで母は」で第126回芥川賞受賞。

2003年、『タンノイのエジンバラ』で第29回川端康成文学賞候補。2004年、『夕子ちゃんの近道』で第30回川端康成文学賞候補。2007年、『夕子ちゃんの近道』で第1回大江健三郎賞受賞。同年『サイドカーに犬』が根岸吉太郎監督により映画化。また2008年に『ジャージの二人』が中村義洋監督により映画化された。2016年、『三の隣は五号室』で第52回谷崎潤一郎賞受賞。

2009年から2011年まで群像新人文学賞の選考委員を務めた。2016年、再婚。2017年(第123回)からは文學界新人賞の選考委員を務めている。

同人作家として

同人作家としても活動しており、2006年に柴崎友香、名久井直子、福永信、法貫信也とともに同人誌『メルボルン1』を、2008年に第2弾『イルクーツク2』を刊行。また2007年にはブルボン小林名義で『スポンジスター』を刊行している。

漫画評論家として

ブルボン小林名義での漫画評論の活動も活発で、『週刊文春』でコラム「マンガホニャララ」を隔週で連載している。2010年から小学館漫画賞、2012年から手塚治虫文化賞の選考委員も務める。

2011年には漫画制作ソフト「コミPo!」を使用し、ウェブコミック配信サイト『ぽこぽこ』(太田出版)にて初の漫画作品『フキンシンちゃん』を連載、後に単行本化した。

俳人として

公開句会「東京マッハ」のメンバーの一人であり、俳句同人「傍点」の主催。2014年には初の句集『春のお辞儀』を刊行した。

2008年までは「長嶋肩甲」という俳号を使っていた。

作品一覧

小説

単行本

  • 『猛スピードで母は』(2002年1月、文藝春秋 / 2005年2月、文春文庫、解説:井坂洋子)ISBN 9784167693015
    • サイドカーに犬(『文學界』2001年6月号)
    • 猛スピードで母は(『文學界』2001年11月号)
  • 『タンノイのエジンバラ』(2002年12月、文藝春秋 / 2006年1月、文春文庫、解説:福永信)ISBN 9784167693022
    • タンノイのエジンバラ(『文學界』2002年2月号)
    • 夜のあぐら(『文學界』2002年5月号)
    • バルセロナの印象(『文學界』2002年10月号)
    • 三十歳(『新潮』2002年10月号)
  • 『ジャージの二人』(2003年12月、集英社 / 2007年1月、集英社文庫、解説:柴崎友香)ISBN 9784087461183
    • ジャージの二人(『すばる』2003年3月号)
    • ジャージの三人(『すばる』2003年11月号)
  • 『パラレル』(2004年6月、文藝春秋 / 2007年6月、文春文庫、解説:米光一成)ISBN 9784167693039
    • 『文學界』2004年2月号
  • 『泣かない女はいない』(2005年3月、河出書房新社 / 2007年10月、河出文庫、解説:加藤陽子)ISBN 9784309408651
    • 泣かない女はいない(『文藝』2004年秋号)
    • センスなし(『文藝』2003年夏号)
    • 二人のデート(書き下ろし)
  • 『夕子ちゃんの近道』(2006年4月、新潮社 / 2009年4月、講談社文庫、解説:大江健三郎)ISBN 9784062763349 
    • 瑞枝さんの原付(『新潮』2003年4月号)
    • 夕子ちゃんの近道(『新潮』2003年7月号)
    • 幹夫さんの前カノ(『新潮』2004年1月号)
    • 朝子さんの箱(『新潮』2004年3月号)
    • フランソワーズのフランス(『新潮』2004年7月号)
    • 僕の顔(『新潮』2004年12月号)
    • パリの全員 (書き下ろし)
  • 『エロマンガ島の三人 長嶋有異色作品集』(2007年6月、エンターブレイン / 2010年7月、文春文庫、解説:バカタール加藤)ISBN 9784167693046 
    • エロマンガ島の三人(『オトナファミ』2006年夏号 - 冬号)
    • 女神の石(Webマガジン『アニマソラリス』・2001年)
    • アルバトロスの夜(Webマガジン『アニマソラリス』20号・2002年)
    • ケージ、アンプル、箱(『小説現代』2004年4月号)
    • 青色LED(書き下ろし)
  • 『ぼくは落ち着きがない』(2008年6月、光文社 / 2011年5月、光文社文庫、解説:堺雅人)ISBN 9784334749538
    • ぼくは落ち着きがない(『本が好き!』連載、2007年2月号 - 2008年1月号)
  • 『ねたあとに』(2009年2月、朝日新聞出版 / 2012年2月、朝日文庫、解説:長嶋康郎)ISBN 9784022646514
    • 『朝日新聞』夕刊連載(2007年11月20日 - 2008年7月26日 、挿画・高野文子)
  • 『祝福』(2010年10月、河出書房新社 / 2014年1月、河出文庫、解説:北村浩子)ISBN 4309412696
    • 丹下(『イルクーツク2』2007年)
    • マラソンをさぼる(『ダ・ヴィンチ』2003年11月号)
    • 穴場で(『東京カレンダー』2004年7月号)
    • 山根と六郎(アンソロジー『東京19歳の物語』収録、G.B.、2005年)
    • 噛みながら(『ぼくは落ち着きがない』非売品限定カバー裏掲載、光文社、2008年)
    • ジャージの一人(ブルボン小林『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』収録、太田出版、2004年)
    • ファットスプレッド(『小説すばる』2006年5月)
    • 海の男(『新潮』2005年11月号)
    • 十時間(『すばる』2010年10月)
    • 祝福(『文藝』2010年秋号)
  • 『佐渡の三人』(2012年9月、講談社 / 2015年12月、講談社文庫)ISBN 9784062179935
    • 佐渡の三人(『文學界』2007年1月号)
    • 戒名(『群像』2009年3月)
    • スリーナインで大往生(『群像』2011年11月号)
    • 旅人(『群像』2012年6月号)
  • 『問いのない答え』(2013年12月、文藝春秋 / 2016年7月、文春文庫)ISBN 978-4163828305
    • 『文學界』連載(2012年1月号 - 2013年10月号、装画:ウラモトユウコ、鶴谷香央理、オカヤイヅミ)
  • 『愛のようだ』(2015年11月、リトル・モア)ISBN 978-4898154243
    • 書き下ろし
  • 『三の隣は五号室』(2016年6月、中央公論新社)ISBN 978-4120048555
    • 『アンデル』2015年1月号 - 10月号
  • 『もう生まれたくない』(2017年6月、講談社)ISBN 978-4062206273
    • 『群像』2017年1月号

雑誌掲載

  • 先駆者の最後の黒(『すばる』2013年1月号)
  • 四十歳(『文學界』2014年3月号)
  • ムーンライト(『J-novel』2014年12月号)
  • どかない猫(『すばる』2015年1月号)
  • 白竜(『文學界』2016年1月号)
  • そういう歌(『文藝』2016年秋季号)
  • Mr.セメントによろしく(『文學界』2017年1月号)

エッセイ等

  • 『いろんな気持ちが本当の気持ち』(2005年7月、筑摩書房 / 2011年10月、ちくま文庫、解説:しまおまほ)ISBN 978-4480428868
  • 『電化製品列伝』(2008年10月、講談社 / 2011年11月、講談社文庫〈『電化文学列伝』に改題〉、解説:豊崎由美)ISBN 978-4062771108
  • 『安全な妄想』(2011年9月、平凡社 / 2014年11月、河出文庫)ISBN 978-4582835359
  • 『本当のことしかいってない』(2012年12月、幻戯書房)ISBN 978-4864880114
  • 『観なかった映画』(2017年3月、文藝春秋)ISBN 978-4163906041

漫画

  • 『長嶋有漫画化計画』(2012年3月、光文社)ISBN 4334928129
    • 参加漫画家:吉田戦車、ウラモトユウコ、オカヤイヅミ、河井克夫、島崎譲、衿沢世衣子、カラスヤサトシ、島田虎之介、100%ORANGE、よしもとよしとも、フジモトマサル、陽気婢、小玉ユキ、うめ、萩尾望都、藤子不二雄A
  • 『フキンシンちゃん』(2012年4月、マッグガーデン)ISBN 978-4861279874

俳句集

  • 『春のお辞儀』(2014年4月、ふらんす堂)ISBN 978-4781406527

「ブルボン小林」名義

  • 『ブルボン小林の末端通信 Web生活を楽にする66のヒント』(2003年1月、光文社)ISBN 978-4334007508
  • 『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』(2005年1月、太田出版 / 2009年9月、ちくま文庫)ISBN 978-4872339215
  • 『ぐっとくる題名』(2006年9月、中央公論新社 / 増補版、2014年10月、中公文庫)ISBN 978-4121502278
  • 『ゲームホニャララ』(2009年9月、エンターブレイン)ISBN 978-4047260368
  • 『マンガホニャララ』(2010年5月、文藝春秋 / 2013年4月、文春文庫)ISBN 978-4163722603
  • 『マンガホニャララ ロワイヤル』(2013年4月、文藝春秋)ISBN 978-4163762708

参考文献

  • 長瀬由紀峰編『長嶋有』(「作家特殊研究」研究冊子第二号、法政大学大学院人文科学研究科日本文学専攻「作家特殊研究」研究冊子刊行委員会、2013年1月)

脚注

外部リンク

  • 長嶋有公式サイト
  • ブルボン小林公式サイト
  • ブルボン小林 (@bonkoba) - Twitter
  • 長嶋有ロングインタビュー 2002年4月号ダ・ヴィンチニュース
  • 作家の読書道第9回 長嶋有さん
  • 長嶋有・柴崎友香 対談 log osaka
  • 長嶋有・柴崎友香・福永信 鼎談 log osaka


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る