Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る

該当商品
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ミゲル・ストリート

V.S. ナイポール
V.S. Naipaul
単行本
岩波書店
285ページ
¥ 2,376
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
インド・新しい顔 (上)

V.S.ナイポール
武藤 友治
単行本
岩波書店
392ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
ある放浪者の半生

V.S.ナイポール
斎藤 兆史
単行本
岩波書店
290ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
中心の発見 (V.S.ナイポール・コレクション (2))

V.S.ナイポール
栂 正行
単行本
草思社
222ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
神秘な指圧師 (V.S.ナイポール・コレクション 1)

V.S. ナイポール
Vidiadhar Surajprasad Naipaul
単行本
草思社
319ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
自由の国で (V.S.ナイポール・コレクション 3)

V・S・ナイポール
安引 宏
単行本
草思社
400ページ
¥ 3,456
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
暗い河 (1981年)

V.S.ナイポール
小野寺 健

ティビーエス・ブリタニカ
390ページ
¥ 2,484
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
インド・闇の領域

V・S・ナイポール
安引 宏
単行本
人文書院
223ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
イスラム再訪〈上〉

V.S. ナイポール
V.S. Naipaul
単行本
岩波書店
363ページ
Amazon.co.jpで商品の詳細を表示
イスラム再訪〈下〉

V.S. ナイポール
V.S. Naipaul
単行本
岩波書店
255ページ
著者の詳細

V・S・ナイポール

ヴィディアダハル・スラヤプラサド・ナイポールVidiadhar Surajprasad Naipaul、1932年8月17日 - )は、イギリスの作家。

経歴

旧イギリス領西インド諸島トリニダード島のインド人の家系に生まれる。祖父はヒンドゥー教徒の農園労働者。父はジャーナリスト。1950年より奨学生としてイギリスのオックスフォード大学で4年間学んだ後、BBCの仕事をした後、作家として出発し、以来創作に専念した。トリニダードのインド人社会を舞台にした小説を数多く書き、コミカルな作風で高く評価され、1971年に『In a Free State』にてブッカー賞を受賞、2001年にノーベル文学賞を受賞した。現在はイギリスに在住。1990年には文学への貢献によりナイトの称号を授与されている。

主な作品

小説

  • 『神秘な指圧師』The Mystic Masseur(1957)
    • 永川玲二,大工原彌太郎訳 草思社,2002.2.
  • The Suffrage of Elvira(1958)
  • 『ミゲル・ストリート』Miguel Street(1959)
    • 小沢自然,小野正嗣訳.岩波書店,2005.2.
  • ビスワス氏の家』A House for Mr Biswas(1961)
  • Mr. Stone and the Knights Companion(1963)
  • A Flag on the Island(1967)
  • The Mimic Men(1967)
  • 『自由の国で』In a Free State(1971)
    • 安引宏訳 草思社,2007.12.
  • Guerillas(1975)
  • 『暗い河』A Bend in the River(1979)
    • 小野寺健訳 TBSブリタニカ、1981 
  • 『中心の発見』Finding the Centre(1984)
    • 栂正行,山本伸訳.草思社,2003.1.
  • The Enigma of Arrival(1987)
  • A Way in the World(1994)
  • 『ある放浪者の半生』Half a Life(2001)
    • 斎藤兆史訳 岩波書店、2002 
  • 『魔法の種』Magic Seeds(2004)
    • 斎藤兆史訳.岩波書店,2007.9.

ノンフィクション

  • The Middle Passage: Impressions of Five SocietiesBritish, French and Dutch in the West Indies and South America (1962)
  • 『インド・闇の領域』An Area of Darkness (1964)
    • 「インド・光と風」「インド・闇の領域」安引宏, 大工原弥太郎訳 人文書院、1985  
  • The Loss of El Dorado(1969)
  • The Overcrowded Barracoon and Other Articles (1972)
  • 『インド―傷ついた文明』India: A Wounded Civilization(1977)
    • 工藤昭雄訳 岩波現代選書、1978 
  • A Congo Diary (1980)
  • 『エバ・ペロンの帰還』The Return of Eva Perón and the Killings in Trinidad (1980)
    • 工藤昭雄訳 TBSブリタニカ、1982 
  • 『イスラム紀行』Among the Believers: An Islamic Journey (1981)
    • 工藤昭雄訳 TBSブリタニカ、1983  
  • A Turn in the South (1989)
  • 『インド・新しい顔 大変革の胎動』India: A Million Mutinies Now (1990)
    • 武藤友治訳 サイマル出版会 1997.8.
  • Homeless by Choice (1992, with R. Jhabvala and S. Rushdie)
  • Bombay (1994, with Raghubir Singh)
  • 『イスラム再訪』Beyond Belief: Islamic Excursions among the Converted Peoples (1998)
    • 斎藤兆史訳 岩波書店,2001.1.
  • Between Father and Son: Family Letters (1999, edited by Gillon Aitken)
  • Literary Occasions: Essays (2003, by Pankaj Mishra)

外部リンク

  • Open Directory Project - V.S. Naipaul directory category


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Readerz.Netトップページに戻る | 前のページに戻る